Powered by FDK ミニ四駆ジャパンカップ 2022 Drive on ヨコハマタイヤ 総合案内

更新情報

 

ミニ四駆日本一決定戦『Powered by FDK ミニ四駆ジャパンカップ2022 Drive on ヨコハマタイヤ』
初開催から34年、多くのミニ四駆レーサーが獲得を目指すビッグタイトルレースです。


【2022.6.21発表】
■ミニ四駆ジャパンカップ2022 開催決定!
7月より各地にて順次開催を予定、7月、8月分の開催スケジュールをご案内いたします。

■大会名称とスポンサーについて
FDK株式会社様と並び、新たに横浜ゴム株式会社様にも大会全般をサポートいただくことになり、大会名称は『Powered by FDK ミニ四駆ジャパンカップ2022 Drive on ヨコハマタイヤ』へグレードアップ。
またNEW ERA様より、各大会の優勝者へ記念の限定キャップが贈られます。

■「DX ローリングサーキット 2022」について
DX(ディーエックス)時代到来!
新セクション『FDK ローリングライズ/ローリングフォール』(スロープ状コーナー)をアイコンとし、サーキット各所に6種類、それぞれ角度が異なるアップダウンセクションを配置。
60°の急斜面も登場する『クライムチェンジャー6-2-3』や、路面を赤と黒に彩ったストレートの「ヨコハマタイヤブリッジ」など、スピードはもちろんパワー、ブレーキ、ローラーなどマシンの高い総合力が試される、5周合計219.6mのサーキットで全国各地ミニ四レーサーの挑戦を待ち受けます。

■セッティングスペース/ワンウェイ方式について
会場内にセッティングスペースを設置、出入り可能を予定します。レースは各クラスごと受付時間を指定、受付〜レースはワンウェイ方式を継続します。
(ピットではありません。事前申込にて当選済の選手と付添の方のみ。セッティングスペースには限りがあります。
参加クラスごと受付時間が指定されていますのでご自身の受付時間とかけ離れたお時間でのご来場、大声での会話やお寛ぎはご遠慮ください。混雑した場合には選手皆さまにて自主的に交代いただくか、スタッフの指示に従ってご利用ください)(東京大会での実施は未定です)

■前日練習について
大会前日の土曜日、大会コースレイアウトにて前日練習を行います。
(参加費有料、土曜全日または設営完了の午後から実施予定、事前申込制、セッティングスペース/ワンウェイ方式、東京大会など実施しない会場もあります)。

■配信について
プレ静岡大会、開幕戦静岡大会をはじめ、6大会程度会場から生配信を予定。
前日練習や大会の模様、さらにはミニ四駆最新情報をお伝えできるチャンスも予定。ご期待ください。

■コンクールデレガンス ONLINE
昨年に続きコンクールデレガンスはツイッターで開催いたします。
6月末より計4回に分け、それぞれ募集と選考を行い、NEW ERA賞のほかヨコハマタイヤ賞など各賞典を選出します。
また今回もXLARGE様のサポートを頂き、各回XLARGE賞として限定オリジナルTシャツが受賞者に贈られます。

■チャンピオン決定戦について
11月に静岡・タミヤ本社にて開催を予定しております。

■チャンピオンズについて
2022年大会において、認定期間の延長および認定期間の終了は行いません。
2023年年初大会より各再開予定とします(オープンクラス優勝者のチャンピオンズ認定は行います)。


 
 

公式サーキット「DX ローリング サーキット 2022」

新たなる戦いの舞台は「DX ローリング サーキット2022」(読み:ディーエックス)。
 
 

DX ローリングサーキット 2022 セクション紹介

 DX ローリングサーキット 2022を攻略する上で、ポイントとなる注目セクションを解説します。
 
  • 《スタートアップヒル》
    まずスタートと同時に訪れる「スタートアップヒル」。 これからマシンの調子は上がるのか下がるのか…。2周目以降も勢いをつけてクリアしたい。

  • 《クライムチェンジャー6-2-3》
    ジャパンカップ2017に登場した「クライムチェンジャー」がバージョンアップ! 1〜4レーンはいきなり60°の壁に突入!その後20°、30°バンクが連続するため、ブレーキセッティングが重要。

  • 《FDKローリングライズ》
    コース中盤、新セクション「スロープカーブ(上り)」が『FDK ローリングライズ』として登場! 反時計回りにターンしながら上がっていくため、公式電池「FDK プレミアム S」パワーの見せどころ!

  • 《ヨコハマタイヤブリッジ》
    続くセクションは、赤黒に彩られた『ヨコハマタイヤブリッジ』。 上りセクションをクリアした後、ストレート区間での直進性を高めてマシンのスピードを上げていきたい。

  • 《FDK ローリングフォール》
    コース終盤に向かうのは『FDK ローリングフォール』。ライズとは逆に時計回りにターンしながら降りるセクション。 前後ストレート区間のスピードを活かせるよう、スムースにクリアしたい。

  • 《アンダーブリッジストレート》
    数々のセクションが目まぐるしく迫る「DXローリングサーキット」において、スピードを稼ぐ重要な区間。 続く45°グライドバンクまで一気に加速して駆け抜けたい。

  • 《45° NEW ERA グライドバンク》
    45°グライドバンクには今大会も優勝者のキャップをサポートする『NEW ERA』のネーミング。
    最終セクションにむけ、パワーとスピードのバランスを保って勢いをつけたいところ。

  • 《AREA D2B》
    ジャパンカップ2019で多くのマシンを苦しめたデジタルドラゴンバックが再登場!
    『”DX” ”ローリング” ”サーキット”』だけに、大会ごとの設置バージョンが気になるセクション。

  • 《FINAL セクション》
    全てのミニ四駆レーサーがトップで通過することを夢見るセクション。 自分のマシンを信じて、『DX ローリングサーキット 2022』を駆け抜けろ!

ミニ四駆ジャパンカップ2022 コンクールデレガンス ONLINE

ミニ四駆の楽しみ方はレースだけじゃない! マシンの見た目やドレスアップのアイデアでミニ四駆の頂点を目指す『ミニ四駆ジャパンカップ2022 コンクールデレガンス ONLINE』をTwitter上で開催します。

いつでも、誰でも、どこからでも、Twitterからコンテストに参加可能。日本中のみんなでミニ四駆を楽しもう!

《参加方法》
コンテストは "JC2022コンデレ1〜4" と全部で4回開催予定。それぞれの募集期間中に「作品の写真」と「指定のハッシュタグ」を付けてTwitterに投稿すればエントリー完了!
各回ごとにタミヤで審査を行い、『NEW ERA賞』『ヨコハマタイヤ賞』『XLARGE賞』、各MC賞、入選作品を選出。受賞者には賞状と素敵な景品が贈られます。
さらに "JC2022コンデレ1〜4" で『XLARGE賞』を受賞した作品の中から【XLARGE特別賞】を、『NEW ERA賞』を受賞した作品の中から 2022コンクールデレガンスNo.1の称号でもある【NEW ERA大賞】を決定します。

 
  • コンデレ1〈募集開始!〉

    募集期間:2022年6月21日(火)13時 〜 2022年7月18日(月)24時
    指定のハッシュタグ:#JC2022コンデレ1


     
  • コンデレ2

    募集期間:コンデレ2開始ツイート以降 〜 2022年8月21日(日)24時
    指定のハッシュタグ:#JC2022コンデレ2


     
  • コンデレ3

    募集期間:コンデレ3開始ツイート以降 〜 2022年9月19日(月)24時
    指定のハッシュタグ:#JC2022コンデレ3


     
  • コンデレ4

    募集期間:コンデレ4開始ツイート以降 〜 2022年10月23日(日)24時
    指定のハッシュタグ:#JC2022コンデレ4


     

・コンクールデレガンス ONLINE への参加には、Twitterアカウントが必要となります。
・各回の募集締切後に、ミニ四駆公式Twitterアカウントから入賞作品を発表します。
・過去に作った作品でも公式大会での受賞経歴がなければご参加いただけます。
・各募集期間内は何度でもご参加いただけます。
※Twitterアカウントをお持ちでない方(お子様など)の作品を代理で投稿する際は、その旨を一緒にご投稿ください。
・作品への添付画像は最大4枚まで。作品タイトルやアピールポイントなどがあれば一緒にご投稿ください。
・コメントが長くなってしまう場合や、動画で紹介する場合は、投稿したツイートに返信する形で繋げて(スレッドにして)投稿してください。
※動画は可動ギミックの説明など、静止画では説明しにくい場合の補足としてご利用ください。
・アカウントが非公開設定の場合、ハッシュタグ検索に反映されない場合がございます。(公開設定を確認の上、投稿お願いいたします)

ミニ四駆ジャパンカップ2021『コンクールデレガンス ONLINE』
受賞作品を紹介中

ジャパンカップ2021にて開催した『コンクールデレガンス ONLINE』受賞作品を一挙に紹介しています。力作揃いの作品を眺めているだけでも次回製作のヒントや新たなアイデアのひらめきに繋がるかも? リアル系実写マシンから面白アイデア満載のマシンまで、熱量あふれる力作揃いの数々、どうぞご覧ください!
 

決勝戦支給 J-CUP2022特製仕様 アルカリ乾電池(FDK製)

Powered by FDK ミニ四駆 ジャパンカップ2022 Drive on ヨコハマタイヤ 決勝戦にて支給するアルカリ単3形電池はクリヤーブラックをベースにし大会タイトルをデザイン。(7/10愛媛大会以降使用予定、支給用のため一般販売はございません)。

ジャパンカップ2022記念グレードアップパーツなど関連アイテム

ジャパンカップ2022記念ロゴ入りグレードアップパーツ登場!

・ハイパーダッシュ3モーター/ハイパーダッシュモーターPRO J-CUP2022
・HGカーボンステー J-CUP2022 各種
・スーパーハードタイヤ&スパイラルホイール J-CUP2022 

上記アイテムは全国の模型取扱店などでご購入下さい(ジャパンカップ大会会場でのお取り扱いは未定となっております)。

ハイパーダッシュ3モーター J-CUP 2022
ハイパーダッシュモーターPRO J-CUP 2022

ジャパンカップを記念したモーター2種が今年も登場。台紙とモーターラベルにJAPAN CUP 2022の文字と勝利をイメージした月桂樹をレイアウトした特別デザイン。ハイパーダッシュ3はブルーグリーン地にシルバー文字、PROはブラック地にゴールド文字でコーディネイト。記念品としてもレース用としても人気のアイテム。(7月30日頃発売予定)

○電気効率と耐久性のバランスに優れた銀カーボンブラシを使用。
○エンドベルはレッドカラー。ピニオンギヤは別売。
○ハイパーダッシュ3モーター:VZ、FM-A、AR、VS、スーパーII、スーパーX、スーパーXX、スーパーTZ-X シャーシなど、MSシャーシ、MAシャーシ以外に使用可能。
○ハイパーダッシュモーターPRO:MSシャーシ、MAシャーシに使用可能。

HG カーボンリヤブレーキステー(1.5mm)J-CUP2022
HG カーボンフロントステー(1.5mm)フルカウルミニ四駆タイプ J-CUP2022
HG カーボンマルチワイドリヤステー(1.5mm)J-CUP2022

タミヤマークやJ-CUP2022のロゴ、ストライプなどを、ブルーグリーンカラーでプリントした軽量・高剛性な1.5mm厚の限定カーボンプレート3種が登場。 マルチワイドステー、マルチワイドリヤステーともに9mm、13mm、19mmのパーツ取り付け穴を設置し、 ローラーをワイドにセットできるなど、多様な改造に対応します。
(2022年8月マルチワイドリヤステー、フロントステー、9月リヤブレーキステー発売予定)

○カーボンフロントステーフルカウルミニ四駆タイプ:ミニ四駆PRO、ミニ四駆各車、フルカウルミニ四駆各車はボディの加工の必要がありません。
○リヤブレーキステー、マルチワイドリヤステー:MA、MS、VZ、FM-A、AR、VS、スーパーII、スーパーX、スーパーXX、スーパーTZ-X シャーシに利用可能。
※取り付け用ビス、ワッシャー付き。
※印刷が取れるため、クリーナー等は使わないでください。
※一部のシャーシ、またはボディは加工が必要です。

スーパーハードローハイトタイヤ&スパイラルホイールJ-CUP2022

スピード感のあるシャープな6本スポークデザインが人気のスパイラルホイールに、スーパーハードタイヤをセットしたJAPAN-CUP 2022記念アイテムです。スーパーハードタイヤはキット標準タイヤに比べてローグリップのため、コーナリング性能に優れ、さらにジャンプ後の着地で跳ねにくいのも特徴。ブラックカラーのタイヤ側面には「TAMIYA MINI 4WD JAPAN CUP 2022/SUPER HARD 」の文字をホワイトでプリントして、レーシーなムードを高めています。ホイールは鮮やかなオレンジカラー。
(2022年7月発売予定、決まり次第ご案内します)

○小計タイヤのミニ四駆PRO、ミニ四駆各車
※印刷が取れるため、クリーナー等は使わないでください。
※一部のシャーシ、またはボディは加工が必要です。

ジャパンカップ2022 イベント会場販売

【イベント販売限定アイテムにつきまして】
・ジャパンカップ2022大会会場のほか、アイテムにより他のイベントでも販売する予定があります。


【ジャパンカップ2022 会場販売コーナーにつきまして】
感染症予防、また拡大防止のため、ジャパンカップ2022では昨年同様、販売コーナーを以下の様に展開予定です。

<販売コーナーご入場につきまして>
・一次予選(勝った選手は二次予選)終了後に、販売コーナーにご入場いただけます。
・レースに参加される選手のみご購入いただけます(付き添いの方は一緒にご入場できますが、ご購入いただけません)。
・販売コーナーのみ、またレース受付前のご利用はできません。

<販売アイテムにつきまして>
・販売予定のアルカリ電池は富士通Premium_SおよびパワーチャンプRXとなります。
・数に限りがございますので、おひとり様あたりの販売個数を制限する場合や、また売り切れの際はご容赦ください。

<走行用電池販売につきまして>
・アルカリ電池に限り、当日受付時に別途ご購入可能です。

イベント販売限定
ミニ四駆 エレグリッター くまモンバージョン(イエローボディ)


【熊本県PRキャラクター「くまモン」が搭乗した、イエローボディのエレグリッター】 『エレグリッター(VZシャーシ)』がイエローボディ、そしてドライバーに「くまモン」が搭乗する特別仕様のキット

●完成時の全長158mm、全幅98mm、全高40mm ●モーターつき●単3形電池2本使用(別売)
 

イベント販売限定
ミニ四駆 エレグリッター(シルバー仕様)

『アストラルスター』や『ライキリ』を手がけた根津孝太氏デザインのマシン。 ボディやホイールのエアロディスクをシルバーにした特別カラーバージョンです。

●完成時の全長158mm、全幅98mm、全高40mm ●モーターつき●単3形電池2本使用(別売)
 

イベント販売限定
ミニ四駆 キャッチャー(J-CUP2021/ライトブルー)

接着剤やビスを使わずに簡単に組み立てられ、 走行しているミニ四駆を安全にキャッチできる「ミニ四駆 キャッチャー」に ジャパンカップ2021仕様が登場です。厚さ0.75mmのPP(ポリプロピレン)材を折り曲げて製作します。 色は新色のライトブルーを採用。ジャパンカップ2021のロゴをブラックで印刷しました。

【 基本スペック 】 幅約110mm、長さ約190mm、高さ約70mm。厚さ0.75mmのPP(ポリプロピレン)材を使用 

開催日程 各会場、開催日時点におけるイベント参加制限をご確認のうえ、お申込み、ご参加ください

 
日程 会場 前日
練習
6/25,26 ジャパンカップ プレ静岡大会(タミヤ本社・静岡市) -
7/3 ジャパンカップ 静岡大会(ツインメッセ静岡北館・静岡市)
7/10 ジャパンカップ 愛媛大会(テクスポート今治・今治市)

7/23,24

ジャパンカップ 東京大会1D/1(品川シーサイドフォレストオーバルガーデン・東京都品川区)
8/7 ジャパンカップ 仙台大会(仙台サンフェスタ・仙台市若林区)
8/14 ジャパンカップ 新潟大会(ハイブ長岡・長岡市)
8/21 ジャパンカップ 北海道大会(シャトレーゼガトーキングダムサッポロ・札幌市北区)
8/28 ジャパンカップ 掛川大会(つま恋リゾート彩の郷・掛川市)
9月以降 東京、大阪、岡山、熊本 大会開催予定(後日発表)
11月予定 ジャパンカップ 2022 チャンピオン決定戦(タミヤ本社・静岡市駿河区) -

 

開催クラス一覧:全クラス「事前申し込み」制

感染症発生に備え、イベント参加者皆様の住所、氏名の確認を行います。全クラスタミヤホームページ内Webフォームから事前申し込みが必要です。

 
ジュニアクラス
出場資格 小学4年生から中学3年生までの方
自分で製作したマシンでご出場ください
参加方法 事前申し込み制 大会ご案内ページ内のWebフォームよりお申し込み下さい(同時入場の付き添い1名、ご記入いただけます)
付添 可 1名のみ。ジュニアクラス選手の参加申込時にご記入ください
当日の 受付時間 ※ 大会ごとの告知ページをご覧ください
参加費 無料
お帰りの際、コース出口脇にて参加記念ステッカーをお取りください。
ファミリークラス
出場資格 中学3年生までの方
自分で製作・または共同制作のマシンでご出場ください
参加方法 事前申し込み制 大会ご案内ページ内のWebフォームよりお申し込み下さい(同時入場の付き添い1名、ご記入いただけます)
付添 可 1名のみ。ファミリークラス選手の参加申込時にご記入ください
当日の 受付時間 ※ 大会ごとの告知ページをご覧ください
参加費 無料
お帰りの際、コース出口脇にて参加記念ステッカーをお取りください。

※一人でスイッチのON/OFF、スタートができないお子様の出場はご遠慮ください。

オープンクラス
出場資格 高校生以上の方(事前申し込み制)
自分で製作したマシンでご出場ください
参加方法 事前申し込み制 大会ご案内ページ内のWebフォームよりお申し込み下さい
付添 可 中学3年生以下1名のみ。参加申込時にご記入ください
当日の 受付時間 各指定されたお時間に 会場の受付にお越しください
参加費 500円(税込み)
当日受付時にお支払いいただきます
(PayPay決済もご利用可能)
お帰りの際、コース出口脇にて参加記念ステッカーおよび参加記念品をお取りください。
トライアルクラス
出場資格 高校生以上の方(事前申し込み制)
自分で製作したマシンでご出場ください
参加方法 事前申し込み制 大会ご案内ページ内のWebフォームよりお申し込み下さい
付添 可 中学3年生以下1名のみ。参加申込時にご記入ください
当日の 受付時間 ※ 大会ごとの告知ページをご覧ください
参加費 500円(税込み)
当日受付時にお支払いいただきます
(PayPay決済もご利用可能)
お帰りの際、コース出口脇にて参加記念ステッカーおよび参加記念品をお取りください。
チャンピオンズ
出場資格 有効期限内のチャンピオンズ認定者
自分で製作したマシンでご出場ください
参加方法 事前申し込み制 大会ご案内ページ内のWebフォームよりお申し込み下さい
付添 可 中学3年生以下1名のみ。参加申込時にご記入ください
当日の 受付時間 指定されたお時間に会場の受付にお越しください
時間厳守となります。指定の時間に受付にお越し頂いていない場合、出場できません。
参加費 500円(税込み)
当日受付時にお支払いいただきます
(PayPay決済もご利用可能)
お帰りの際、コース出口脇にて参加記念ステッカーおよび参加記念品をお取りください。

★参加クラスにより受付時間が異なります!
ジャパンカップ2022では『セッティングスペース/ワンウェイ方式』でのイベント開催となります。
会場内にセッティングスペースを設置、出入り可能を予定します。レースは各クラスごと受付時間を指定、受付〜レースはワンウェイ方式を継続します。
(ピットではありません。事前申込にて当選済の選手と付添の方のみ。セッティングスペースには限りがあります。参加クラスごと受付時間が指定されていますのでご自身の受付時間とかけ離れたお時間でのご来場、大声での会話やお寛ぎはご遠慮ください。混雑した場合には選手皆さまにて自主的に交代いただくか、スタッフの指示に従ってご利用ください)。
(東京大会での実施は未定です)

受付時間目安 ※会場によって前後する場合があります
トライアルクラス 8:00〜8:30
ジュニアクラス/ファミリークラス 9:45〜10:15
オープンクラス 12:00から複数回(指定された時間)
チャンピオンズ 指定された時間厳守

★付き添いの方1名とコース内にご入場できます
ジュニアクラスとファミリークラスでは、受付〜車検、レースまで付き添いの方1名が認められます。事前申し込みの際、合わせてお名前ご住所等ご記入ください。当日受付時に確認いたします。
また反対にオープンクラスなどに出場の場合、ジュニアクラス、ファミリークラスなど出場選手(中学3年生以下)を付き添い者として入場が認められますので、それぞれお申込時にご記入ください。
(それぞれ出場に関しての優先はございませんのでご了承ください)

 

レース規定について

使用可能マシン すべてのミニ四駆用シャーシ(ワイルド、コミカル除く)
使用可能ボディ すべてのミニ四駆用ボディ(ラジ四駆含む)
使用可能モーター ・MAシャーシ、MSシャーシではキット付属ノーマルモーターのほか、『ミニ四駆PRO専用モーター』各種が使用できます。
・その他シャーシはキット付属ノーマルモーターのほか、トルクチューン2、レブチューン2、アトミックチューン2、ライトダッシュ、ハイパーダッシュ3、パワーダッシュ、スプリントダッシュモーターが使用できます(トルクチューン、レブチューン、アトミックチューン、ハイパーミニ、ハイパーダッシュ2モーターも認められます)。
ジャパンカップ
使用可能電池
タミヤの単3形電池(パワーチャンプ/ネオチャンプ)を市販状態で使用してください。
ジャパンカップ2022では、市販状態のFDK(富士通 乾電池)製アルカリ単3形電池も使用できます。
ジャパンカップ
電池支給
ジャパンカップ2022では決勝戦勝ち抜き2走目よりFDK(富士通 乾電池)製アルカリ単3形電池を支給いたします。
適用規則 ミニ四駆公認競技会規則(2022.6改訂)
優勝選手について ジャパンカップ2022ジュニアクラス、オープンクラス、チャンピオンズ優勝者はジャパンカップ2022期間中、優勝選手のみで2回走行(電池交換可)となります(申込クラス選択肢有)
オープンクラス優勝者は次の大会からチャンピオンズでの出走となります。
その他 ・マシン(競技車)は選手が自分で組み立てたものに限ります。ただしファミリークラスでは共同での組み立てが認められます。
・ギヤーは各シャーシに適合するものを使用して下さい。
・レース終了後でも、必要に応じてマシンやモーターを確認することがあります。

セッティングスペース/ワンウェイ方式進行でのご注意点(※開催会場により進行方法等変更になる場合がございます)

〇移動の際、身分証と当選確認が出来るものは必ずお持ちください。
〇会場について
 ・会場周辺、道路、店舗などでピット作業、集会、待機等を行わないでください。
 ・入場時に検温へのご協力、手指の消毒をお願いいたします。
 ・会場内、セッティングスペースを設置いたします。
 (決勝進出選手は有効なエントリーシールをお持ちの上、再入場可能)

〇セッティングスペース/ワンウェイ方式について
会場内にセッティングスペースを設置、出入り可能を予定します。レースは各クラスごと受付時間を指定、受付〜レースはワンウェイ方式を継続します。
(ピットではありません。事前申込にて当選済の選手と付添の方のみ。セッティングスペースには限りがあります。参加クラスごと受付時間が指定されていますのでご自身の受付時間とかけ離れたお時間でのご来場、大声での会話やお寛ぎはご遠慮ください。混雑した場合には選手皆さまにて自主的に交代いただくか、スタッフの指示に従ってご利用ください)。
(東京大会での実施は未定です)

〇クラスごと受付のご注意点について
 ・受付後、セッティングスペースには戻れません。万が一に備えて工具は忘れずにお持ちください(エントリーシールをもらった後、取りに戻る事はできません)
 ・マシンは電池をセットし、走れる状態で受付へお越しください。


〇受付について
 ・各クラス指定された受付時間に遅れた場合はご参加いただけません。
 ・公的な身分証原本をお忘れ、または確認できない場合にはご参加いただけません。
 ・当日のクラス変更や、付き添い者追加はご対応できません。

〇付き添いの方について
 ・受付にてリストバンドをお渡ししますので、ご自身で装着ください
 ・選手から離れず行動お願いします(レース中他の場所から撮影するなどはできません)


〇マシンについて
・車検に通らなかったマシンは所定のテーブルでご自身の工具でのみ修正が可能です。
 ただし、カーボン、FRP、金属を削る事はできませんのでご注意ください。
 修正できない場合、参考出走での走行となります(マシンの状態によっては走行不可となります)。

〇コース内落下物について
・コース内での走行時落下物について、走行終了後、マシン返却時までに発見できたものはマシンとご一緒に返却いたします。
それ以降につきましては感染症予防の観点からご対応いたしかねますのでご了承ください。

〇異議申告について
 ・レースの判定に異議がある場合、「異議申告」が可能です。
  ご自分のレースが終了後、次のレースが始まる前までにスターター前にある赤い枠の「異議申告スペース」へお立ち下さい。
  ※状況説明等はご不要です

 ・異議申告の判定は感染症予防の観点からスターターがシグナルにて行います。
   異議申告を認める場合は 
   異議申告を認めない場合は  ランプを点灯させます。

  ※異議申告は選手本人が本人のレースのみ行えます。
  ※異議申告の判定には抗議できません。

〇決勝進出選手について
 ・会場内、決勝戦開始までの待機として『決勝進出待機エリア(WFF)』へご案内します
 ・2次予選勝抜きのタイミングによりお時間がない場合もあります
 ・セッティング変更、電池交換などは可能です
 ・WFFを退出またはお戻りの際、WFFスタッフへ確認ください
 ・決勝戦整列が始まった際、不在の場合は失格とします
 ・決勝戦の組み合わせは決勝戦整列時、WFF進出順に抽選を行って決定します。


 

はじめて参加する方はこちらもチェック!

 

マナーと注意事項

■イベント開催における感染防止策につきまして
■スタート方法について
■イベントの模様やレース出場マシンは静止画、動画などで撮影され、印刷物やWebサイトなど、タミヤが関係する各メディアで公開されることがあります。 ご了承の上、ご参加ください。
■会場で動画や画像を撮影する場合、他の方への迷惑にならないよう十分ご注意ください。またインターネット上で情報発信する際にも十分な注意と配慮をお願い致します。
■主催者は事故防止に最善の注意をはらいますが、事故・盗難・怪我などの損害が生じた場合の責任は負いかねます。
■会場内での飲酒はご遠慮ください。会場内は禁煙です。喫煙は所定の喫煙所にてお願い致します。また他のお客様の迷惑となる行為をされた方や、スタッフの指示に従っていただけない方は、退場していただく場合もございます。あらかじめご了承ください。
■ゴミは各自お持ち帰りくださいますよう、ご協力お願いいたします。
■イベント会場への充電器、モーターならし器、モーターチェッカー、バッテリーウォーマー等の機器、引火性スプレー、ライター燃料など、危険物の持ち込みは禁止します。

お問合せ:タミヤグランプリ係 054-283-0002(8時〜12時/13時〜17時:土日祝日を除く)
  • ミニ四駆ステーション
  • 全てのイベント
  • イベントレポート
  • ミニ四駆ステーション