Item No:65652

タミヤニュース No.652

タミヤニュース NO.652

TAMIYA NEWS NO.652

2023年8月10日(木)発行

110円(本体価格100円)

模型作りのための様々な情報を満載したタミヤニュース9月号が発刊です。さて、今月のタミヤニュースはまず、「模型ファンをたずねて」にツジデザイン一級建築士事務所の代表を務める辻秀易さんが登場。メインに製作するのはAFVモデルで、中でもタイガーIは大のお気に入り。何度作っても楽しい不思議な車輌なんだとか。三野正洋さんの「博物館をたずねて」は、アメリカ・アリゾナ州にあるデビスモンサン基地内の航空機保管場所を紹介。広大な敷地に置かれた航空機の総数はなんと5,000機。戦後のアメリカ製軍用機ならほとんどの機種が見られるという、飛行機ファン垂涎のスポットです。また、藤森篤さんの「第二次大戦機の真相と深層」は、先尾翼+推進式という特異なフォルムで知られる震電を徹底分析。アメリカに現存する『震電1号機』をじっくり観察し、意欲的ながら多くの問題を抱えていたメカニズムに迫ります。そして、斎木伸生さんの「異色を放つフィンランド軍装備(WWII)」は、ドイツ・IV号戦車J型をフィーチャー。フィンランド軍独自の装備やマーキングはもちろん、当時のフィンランドの複雑な立場がうかがえる初陣のエピソードも注目です。新製品紹介は、異彩を放つカーデザイナー、ゴードン・マレーが手がけた、1/24 GMA T.50と、従来の飛行機モデルとは一線を画す組み立てやすさが魅力の1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングIIをピックアップ。その他、一式陸攻の研究をライフワークとする坂井田洋治さんの特別寄稿や、レースレポート・イベントレポートなど盛りだくさんの内容です。


●模型ファンをたずねて
辻 易秀(ツジデザイン一級建築士事務所 代表)

●博物館をたずねて
航空機の駐機場と保管施設 (アメリカ)
(写真・金岡充晃 文:三野正洋)

●イタリア軍装備解説 Vol.147
イタリア軍機による中東爆撃-2
(文・写真・イラスト 吉川和篤)

●第二次大戦機の真相と深層〈第52回〉
九州飛行機 J7W1震電 技術的確証もなく開発された特異な先尾翼戦闘機
(写真・文 藤森 篤)

●私の傑作
木嶋涼介(静岡・10歳・小学生)

●新製品紹介
1/72 ロッキード マーチンF-35A ライトニングII
1/24 GMA T.50

●長谷川朋之の情景
「M10駆逐戦車」  静岡AFVの会2023 タミヤ賞作品

●フィンランド軍装備_4
遅れてきた主力戦車 ドイツ・IV号戦車J型
(文・写真 斎木伸生)

●ブーゲンビル島の1/48 山本長官搭乗機 模型がつなぐ交流
(文・写真 坂井田 洋治)

●PICK UP!
1/48 三菱一式陸上攻撃機11型 1番機(機番323)・2番機(機番326)
(記 坂井田 洋治)

●陸上自衛隊 第7師団創隊68周年 東千歳駐屯地創立69周年 記念行事
2023年5月19日・報道公開(総合予行)5月21日・一般開放
(記 トワイライトモデル 田村広幸)

●第13回 東北AFVの会 in 秋田
6月4日開催

●レースレポート

●裏表紙
1/12 Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary

★タミヤニュース製品一覧はこちら
★タミヤニュース定期購読ご希望の方はこちら
★タミヤニュース「こえ」への応募はこちら


今月号の掲載写真













情報は2023年08月08日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。