WWIIの激戦を描く、映画「ミッドウェイ」9月11日(金)公開

『インデペンデンス・デイ』の監督が、20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描く 〈日本の運命を変えた3日間〉

同じ様に国を愛し、等しく覚悟を持って戦った日米の男たち―何が彼らの勝敗を分けたのか?
未曾有の戦いとなった第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦。激突したのは、日本とアメリカ。1942年、北太平洋のハワイ諸島北西のミッドウェイ島に、巨大な航空母艦、世界最大の大和を含む超弩級の戦艦、戦闘機、急降下爆撃機、潜水艦が出動し、空中、海上、海中、そのすべてが戦場となった。そしてそこには、両軍ともに、国を愛し、覚悟を持って戦った男たちがいた──司令官たちの緊迫した頭脳戦、パイロットたちの壮絶な空中戦、彼らを艦上から迎え撃つ決死の海上戦──何が、彼らの勝敗を分けたのか?日本の運命を変えた3日間の海戦の全貌が、今明かされる!

詳細は映画「ミッドウェイ」公式サイトをご覧ください

<ミッドウェイ海戦に関連する各種スケールモデル>

タミヤのスケールモデルにはミッドウェイ海戦に参加した日米の艦船や航空機がラインナップ。エンタープライズなど3隻全てが参戦したヨークタウン級の航空母艦。激戦の末に沈んだ三隈や最上型の重巡洋艦。日本の空母から飛び立った零戦は1/32、1/48、1/72でモデル化しています。映画鑑賞と合わせてその姿を確かめてみてはいかがでしょうか。


 

<静岡県静岡市の映画館「MOVIX清水」で関連アイテムを展示中!!>

映画の上映期間中、静岡県静岡市清水区の映画館「エスパルスドリームプラザ4階・MOVIX清水」のエスカレーター横で関連アイテムの展示を実施しています。映画と合わせてご覧ください。

⇒「MOVIX清水」公式サイト