Item No:35371

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.371

1/35 ドイツ歩兵セット (大戦中期)

1/35 SCALE GERMAN INFANTRY SET (MID-WWII)

2020年2月8日(土)ごろ発売

1,760円(本体価格1,600円)

【 存在感あふれる大戦中期の精鋭たち 】 第二次大戦中期のドイツ軍兵士は、主にフィールドグレイの服地に襟が濃緑色のM36野戦服を着用。また、襟を服地と同色のフィールドグレイに変更するなど、M36を一部簡略化したM40野戦服姿も見られました。これらにヘルメットや略帽、ジャックブーツを合わせ、多くの兵士がY字型のサスペンダーを装着。雑のうや水筒、スコップなどを身に付けていました。また、武装は兵卒がKar98kライフルやMG34機関銃、下士官はMP40短機関銃を装備し、下士官や機関銃手は護身用の拳銃も携行。他国とは一線を画す、洗練された装備に身を包む歩兵たちを実感豊かに再現しました。
【 模型要目 】 大戦中期のドイツ軍歩兵を再現した1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★当時の一般的な野戦服姿の全身像5体をセット。★戦場の緊張感が伝わる表情や、汎用性の高い自然なポージングでモデル化しました。★Kar98kライフルやMG34機関銃、MP40短機関銃のディテールもシャープな仕上がり。★弾倉入れや双眼鏡、手榴弾運搬ケースなどのアクセサリーパーツに加えて、階級章や国家紋章のスライドマークもセットしました。
  • 単体の見映えはもちろん、情景に組み込んでも存在感十分な5人の歩兵たち。兵装類のシャープなディテールや装備品の密度感も見どころです。
  • 双眼鏡を片手に前方を見据える風格たっぷりの下士官。頭部パーツは略帽とヘルメットを選択できます。
  • 片膝をつく兵士も略帽とヘルメットを選択可能。奥まった部分までリアルに表現した野戦服のしわも注目。
  • Kar98kライフルを持ち、瓦礫に足をかける兵士。市街地戦などをテーマにした情景製作のイメージも広がります。
  • 装備品の接着面は位置ずれを起こしにくい形状に。服の柔らかさや荷物の重さが伝わるよう、フィッティングにもこだわりました。
  • 歩兵には欠かせないアクセサリーパーツも豊富に用意。高い臨場感を演出します。
  • 肩章や襟章、階級章などはスライドマークでセットしました。

COLORS USED 使用する主なタミヤカラー

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(ラッカー塗料)

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(アクリル塗料・エナメル塗料)

もっと見る

繊細なディテールを引き立てるメイクアップ材

もっと見る

ミリタリーモデルをリアルに仕上げる土や泥汚れの再現に

もっと見る

情報は2020年01月14日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。