はずみぐるま動力ユニットで遊ぼう!

画像

楽しい工作シリーズ No.222
はずみ車(ぐるま)動力ユニット(Item No:70222)

電池もモーターも使わないエコロジカルな動力ユニット「はずみ車動力ユニット」。チャージホイールを回転させて、ユニット内部の金属製フライホイールを回し、フライホイールが回り続ける慣性を動力として使います。ここでは手軽に挑戦できる、3種類の作例を写真と動画で紹介します。

【作例-1】 はずみ車動力 クローラー

履帯(キャタピラ)をはずみ車動力ユニットで動かす応用例です。シンプルな構造ながら、凸凹道でもなんなく走破していきます。
⇒はずみ車動力ユニットの取り付け方

【使用アイテム】
●ユニバーサルプレートセット(70098)※作例の灰色のユニバーサルプレートは3ch RCロボット製作セット(70216)のものを使用しています。
●トラック&ホイールセット(70100)

⇒動きを映像でチェック

画像
  • 画像

    車体側面。ボール紙などで、雪上車などのオリジナルボディを制作しても面白そう。

  • 画像

    はずみ車動力ユニットのシャフトは左右の起動輪に接続。履帯(キャタピラ)全体を動かします。

  • 画像

    車体裏側。転輪の取り付け方法や位置の参考に。パーツの取り付けには3mmのビスとナットを使用。

【作例-2】 はずみ車動力 マンモスダンプ

ワイルドミニ四駆を電池を使わないエコマシンに改造。迫力のスタイルで、パワフルに走行します(2輪駆動での走行となります)。

【使用アイテム】
●ユニバーサルプレートセット(70098)※作例の灰色のユニバーサルプレートは3ch RCロボット製作セット(70216)のものを使用しています。
●ワイルドミニ四駆 マンモスダンプ(17013)

⇒動きを映像でチェック

画像
  • 画像

    ボディを外した状態。ホイールベースの間隔はワイルドミニ四駆を参考に決定しました。

  • 画像

    車体裏側。はずみ車動力ユニットとユニバーサルプレート、ボディは3mmのビスで取り付けています。

  • 画像

    片方のタイヤを取り外した状態。前輪のシャフトの位置などがわかります。⇒別角度の画像

【作例-3】 はずみ車動力 ツッパリロボ

ユーモラスな動きの相撲ロボット。はずみ車動力ユニットのチャージホイールで前進し、左右のクランクプレートで腕の「ツッパリ」動作を再現しました。

【使用アイテム】
●ユニバーサルプレートセット(70098)※作例の灰色のユニバーサルプレートは3ch RCロボット製作セット(70216)のものを使用しています。
●ユニバーサルアームセット(オレンジ)(70183)
●プラバン 1.2mm厚 (70125)

⇒動きを映像でチェック

画像
  • 画像

    同じ相撲ロボットを2台作って勝負させてみよう。ロボットの進む速さや角度によって、勝敗の行方が変わってきます。

  • 画像

    黒いチャージホイールで前進し、透明な左右のクランクプレートで回転運動を腕の往復運動に変えます。

  • 画像

    オレンジのユニバーサルアームを組み合わせて腕の動きを再現しています。⇒別角度の画像

YouTube TAMIYA Channel ではこのほかにも工作やロボットの動画を公開しています。あわせてご覧ください。
⇒YouTube TAMIYA Channel 「楽しい工作&ロボクラフト」再生リスト

あわせておすすめ!関連製品のご案内