Item No:16036

1/6 オートバイシリーズ No.36

1/6 ヤマハ モトクロッサー YZ250

1/6 SCALE YAMAHA MOTOCROSSER YZ250

2012年7月14日(土)発売 生産休止

7,992円(本体価格7,400円)

全長=342 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 「空飛ぶサスペンション」を初採用した市販モトクロッサー 】 モトクロスレースに参加する個人ライダーのために、ヤマハのワークスマシンのレプリカとして発売されたのが、ヤマハYZ250市販モトクロッサーです。1973年、ヤマハはワークスマシンYZM250にモノクロスサスペンションと呼ばれる新形式のリヤサスペンションを装備して見事にモトクロス世界選手権を制覇。翌1974年には市販モトクロッサーのYZ250にもモノクロスサスペンションが採用されることになったのです。このサスペンションは、剛性の高いトラス構造のスイングアームを1本のショックユニットで支える独創的なもので、路面のグリップ力、ショック吸収能力に優れ高い走行安定性を発揮。さらに、ショックユニット本体は燃料タンク下にあり、上下動する後輪の動きを前後方向に置きかえてショックを吸収。ホイールトラベル量を飛躍的に増やしています。「空飛ぶサスペンション」と言われたこのリヤサスペンションと、32.5馬力の2サイクル250ccエンジンを搭載し、ヤマハYZ250は各地のモトクロスレースですばらしい成績を記録したのです。
【 模型要目 】 ●1974年に発売された市販モトクロッサー、ヤマハYZ250を再現したプラスチックモデル組み立てキットです。完成全長342mm。 ●フロントフォークはクロームメッキ仕上げの真ちゅうパイプ製。仕上がりの美しさ、強度ともに十分。コイルスプリングを内蔵して作動します。 ●ダンパーブーツやシート、グリップは質感ある軟質樹脂製。 ●各種ワイヤー、パイプ類も実車と同様に配管、配線できます。 ●タンク、シート、サイドカバーを取り外して、フレーム内のリヤクッションユニットを観察可能。 ●冷却フィンを立体感たっぷりに表現した空冷2サイクルエンジン。 ●サイドスタンドはスプリングにより可動。 ●金属パーツを使用したメンテナンススタンドをセット。 ●実車そのままの構成を再現したモノクロスサスペンションは、コイルスプリングを使用して作動します。 ●繊細な表情のワイヤースポークホイールに装着されたタイヤは実感ある中空ゴム製。 パッケージ
  • モトクロスマシンならではのメンテナンススタンドが付属。
  • 冷却フィンが特徴的な空冷2サイクル250ccエンジン
  • タンクやシートは脱着可能。モノクロスサスペンションの構造を忠実に再現。
  • ダンパーブーツは軟質樹脂製。フロントサスはスプリング内臓で可動。
  • 前後のタイヤはトレッドパターンもリアルな中空ゴム製

情報は2012年07月02日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。