【ミニ四駆 マシンセッティングガイド】

ミニ四駆セッティングを楽しむうえで知っておきたい基礎をご紹介!

「ミニ四駆を速くする」といっても、コーナーで速いマシンやストレートが速いマシンなど、コース次第・戦略次第でマシンの味付けはいろいろです。このページでは、これからミニ四駆にチャレンジするという方のために、マシンセッティングやカスタムに役立つ基礎知識をご紹介します!

マシンのスピードはモーター交換でコントロール!

モーターには加速重視のもの、最高速重視のもの、平均的なものなど様々な種類があり、交換するとマシンの特性が大幅に変わります。上り坂やコーナーが多いコースなら加速重視、直線が多いコースなら最高速重視がひとつの目安ですが、どのモーターがベストかは「コース次第」。どのタイプを選ぶにせよ、ノーマルモーターからモーターを交換するとマシンは速くなりますが、コーナリングの速度もアップするので、モーター以外のパーツがキット標準のままではコースアウトする確率が大幅アップ。モーターを換える場合は、それにあわせたマシン全体の性能アップが欠かせません。

■ギヤ交換でさらに細かくチューニング!
より細かなチューニングに役立つのが、セッティング用のギヤセット。加速重視のモーターをちょっと最高速重視に調整したり、最高速重視のモーターをちょっと加速力重視にしたり…といったように、モーターと組み合わせることで、コースに合わせた微妙なチューニングを楽しむことができます。

■タイヤ&ホイールの「大きさ」でさらに細かく!
同じモーター&ギヤセッティングでも「ホイールの直径」を小さくすると加速重視、大きくすると最高速重視に調整できます。さらにさらに、装着するタイヤを薄くすると加速重視、厚くすると最高速重視に。モーターの種類+ギヤ+ホイール径+タイヤ径。うまく組み合わせて、コースに最適なセッティングを探りましょう!

回転する部分の軸はなめらかに!

ローラーやシャフトの軸受けやギヤなど、回転する部分が滑らかに動く(摩擦抵抗が少ない)ようにメンテナンスすることで、最高速・加速・コーナリング速度・さらには走行時間まで向上します。摩擦抵抗を減らすための基本は、説明図どおりのていねいなグリスアップ。また、走行中にゴミが付着したりもするので、定期的にクリーニング&グリスアップし直すのも大事です。ただし、グリスを塗りすぎるとそれ自体が抵抗になるので、付け過ぎには要注意。また、キットに付属するグリスよりも滑らかな「ミニ四駆Fグリス(フッ素樹脂配合)」やオイルペン等の高性能グリスを使ったほうが効果的です!

■ベアリング導入でさらに滑らかに!
より滑らかなマシンを目指すなら、大きな摩擦が生じる軸受部分のベアリング化を考えたいところ。ギヤ用・軸受用・ベアリング入りローラーなど、各部に使えるベアリングが用意されており、これらに交換することで、摩擦抵抗をぐっと減らすことができます。

  • 04_02s

グリップの良いタイヤが速いとは限らない?

実車のレースではタイヤのグリップ性能が重視されますが、グリップするソフトなタイヤは、視点をかえると摩擦抵抗の大きいタイヤ。ミニ四駆では、ソフトなタイヤではコーナリング時の路面との摩擦が大きくなるので、コーナリング速度がダウンします。でも、速度が低下するとコーナリングが安定するのもまた事実。ハードなタイヤでコーナーを滑るように駆け抜けるか、ソフトタイヤで安定重視するか。さらに前後左右のタイヤを揃えるのかそれぞれ変えるのか。。。コース次第でベストなセッティングは変わります!

■タイヤ幅でもグリップは変わります!
柔らかさだけでなく幅も重要。同じタイヤでも、タイヤの幅(路面と接触する部分)が細くなると摩擦抵抗は小さくなります。バレルタイヤのように接地面が丸いタイヤは、見た目はワイドでも、路面と接触する部分はほんのわずか。そのため、コーナーでの速度ダウンはとても少なくなっています。

■さらに、左右のタイヤの距離でもグリップは変わります!
左右のタイヤの間隔(トレッド)が広くなると、内輪差の影響でコーナリング時の摩擦抵抗が大きくなり、より安定志向(コーナリング時の速度ダウン)のセッティングになります。オフセットトレッドタイヤは、装着する向きによってトレッド幅を調整できるユニークなタイヤ。バレルタイヤと併用すると、内側・真ん中(バレルタイヤ)・外側と3種類のトレッド幅のセッティングが可能になります。

  • 04_02s

ジャンプはブレーキ&マスダンパーで制御!

マシンが速くなると、ジャンプセクションなどで飛距離が出過ぎてコースアウトしてしまうことも。それを防ぐのに役立つのが「ブレーキユニット」と「マスダンパー」です。ブレーキユニットの場合、路面と接するスポンジの滑り具合、設置する数(面積)、そして高さなどを調整することで、ジャンプ前の速度を制御して、飛距離や飛行姿勢をコントロールできます。そしてジャンプ後の着地の衝撃は、「マスダンパー」の装着位置と重さ(設置数)でコントロール。 コースをギリギリクリアできる弱いブレーキ&軽量ダンパーにするか、安全第一の強力ブレーキ&重量ダンパーにするか。安全にコースをクリアできても、ライバルがリスクをとったスピード重視のセッティングをしてきたら…? コースとライバルにあわせたセッティングが重要です!

■ベストな着地フォームはコースとマシン次第!
着地の基本は「すぐに加速できる状態」で着地すること。着地後にマシンがバウンドしてしまうと、それだけで加速するのが遅くなり、タイムロスにつながります。上り坂への前のめり着地や、下り坂への尻下がり着地は、マスダンパーでもショックを吸収しきれずにマシンがバウンドしがちなので要注意。

■どのセクションが最重要かを見極めてセッティング!
コースにジャンプセクションが複数あって、着地地点がフラット、登り坂、下り坂だった場合、全セクションで理想の着地を決めるセッティングに仕上げるのは非常に困難です。こうした場合は、どのセクションでの着地が一番タイムに影響しそう(例:着地後のストレートが長い)か、またはどのセクションが一番危険(例:着地後に不安定になるセクションがある)かを見極めて、それに応じたセッティングを施すのが基本です。

  • 04_02s

軽いは正義!だけど…?

レースの世界で重要なのがマシンの軽量化。マシンが軽くなるとモーターへの負担が軽くなるため、同じモーターのマシンなら1グラムでも軽いマシンのほうが加速力でも最高速の伸びでも有利です。また、軽量化を行った場合は重心位置が変わるのも見逃せません。一般的に重心はより低く、より中央にあるほうが安定した走りが可能です。例えばシャーシだけ軽量化したマシンとボディだけを軽量化したものでは、ボディを軽くしたほうが重心が下がって安定します。軽量化する場合は「上のものから軽くする」が基本だとおぼえておきましょう!

■重心がかわると飛行姿勢も変わる!
マシンを軽量化すると重心位置がかわりますが、例えばボディのボンネットだけを軽量化したり、リヤまわりだけを軽量化したりすると、ジャンプ中の飛行姿勢も変わってきます。重さや重心位置の異なるボディをいくつか用意しておくと、見た目だけでなくセッティングの幅も広がります。

  • 4_03

ローラー位置とマシン幅がカギ!

ミニ四駆でスムーズにコーナーを駆け抜けるにはローラーが欠かせません。公式大会では装着できるローラーの数は6個までと決められており、この6つのローラーの選び方、装着する位置次第でマシンの走りが変わります(2018年2月現在、特別ルールとしてローラー数は無制限になっています)。ひとつの基準は、マシンを横に立てたときに、ローラーだけで自立できるかどうか。ローラーはとくに種類が多く、直径、厚み、重量、ウォールへの食いつき(摩擦抵抗)などが異なるローラーが数多く用意されているので、コースやマシンにあわせてチョイスしましょう。

■マシンの全幅はローラーを含めて105mmまで!
公認競技会では、マシンの全幅はローラーを含めて105mmまで、と決められています。大径のローラーを使ったり、FRPプレート等を組み合わせたりしてマシンの全幅を広げると,マシンはノーマル状態よりもコースの内側を走るようになり、より短い走行距離でゴールできます(つまり、マシンの全幅は広げたほうが有利)。ただ、内側を走るぶんだけコーナーはよりタイトになるので、それに応じたセッティングもお忘れなく!

  • 4_03

ビギナー向けのセットからはじめるのもオススメ!

ここまで紹介したように、多様なセッティングが楽しめるのがミニ四駆の魅力ですが、どこから手を付けたら良いかわからない…! という方もご安心を。高性能モーター、ローラー、ステー、マスダンパー、ブレーキユニットなど、基本的なグレードアップパーツとミニ四駆がセットになった「スターターパック」というアイテムもあります。また、ローラーやマスダンパーなどの基本的なグレードアップパーツが揃う「ファーストトライパーツセット」もあり、お気に入りのマシンと一緒に購入すれば、すぐにサーキット走行にチャレンジできる準備が整います。こうしたセットアイテムを使ってデビューするのもおすすめです!

  • 4_03
  • ミニ四駆ステーション
  • 全てのイベント
  • イベントレポート
  • 草レース
  • 公認競技会規則
  • ミニ四駆ステーション
  • サーキットレンタル
  • パスポート