1/48 傑作機シリーズNo.124  Item No:61124
 1/48 ロッキード マーチンF-35A ライトニングII
2022年12月17日(土)ごろ発売  9,680円(本体価格8,800円)

第60回全日本模型ホビーショーで会場発表を行った注目の新製品「1/48 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII」の素組み完成品とランナー画像を公開。忠実にモデル化した最新鋭ステルス戦闘機の独特な機体形状や精密に再現された細部モールドに注目です。

【 F-35A ライトニングIIについて 】 第二次大戦末期に実戦投入が始まったジェット戦闘機の進化は、現在第5世代までその歩みを進めています。第4世代にあたるF-16やF/A-18などは、推力の優れたアフターバーナー付きターボファンエンジンを搭載し、高い機動性を実現。この第4世代の能力に加えて、高いステルス性とネットワーク作戦能力、センサー融合による状況識別能力を兼ね備えているのが第5世代ジェット戦闘機の特徴とされ、その代表格がF-35 ライトニングIIです。統合打撃戦闘機(JSF)計画に基づき、空軍向けの通常着陸(CTOL)型F-35A、海兵隊向けの短距離離陸/垂直着陸(STOVL)型F-35B、海軍向けの艦載(CV)型F-35Cの3つの派生型が同時開発されたF-35は、胴体内の兵装庫に爆弾や空対空ミサイルなどの兵装を搭載することで、ステルス性や飛行性能を損なうことなく幅広い任務を遂行できます。また、機体各部の各種センサーから得られた情報は自動的に統合され、データリンクを介して他の戦闘機や艦艇とも情報を共有。これらを融合してコクピットの大型ディスプレイやヘルメットのバイザーに表示することで、パイロットの状況判断をサポートしています。F-35は2006年12月に初飛行に成功し、アメリカ空軍やイタリア空軍、日本の航空自衛隊などがすでにF-35Aの採用を決定。国土や領土防衛の重要性が増す昨今、受注数は今後も増加し、世界の航空兵力の要であり続けることは間違いありません。

【 模型要目 】 空軍向け通常着陸(CTOL)型のF-35A ライトニングIIのプラスチックモデル組み立てキットです。★1/48スケール、全長326mm、全幅222mm。★高いステルス性を備えた独特な機体形状を忠実に再現。★機体全面に施された、レーダー波吸収素材(RAM)によるコーティングは繊細なモールドで表現。★機体内部のエアインテークはY字形に大きく湾曲した形状を正確にモデル化。★胴体内兵装庫扉は開/閉状態を選んで組み立て可能。★キャノピーは開閉それぞれの専用ユニットを用意し、完成後も差し換えられます。★搭乗用ラダーは収納/展開の選択式。★エンジンノズルはシャープな形状とディテールにこだわり、5分割で構成。コクピットや脚収納庫、機体細部も精密な仕上がり。★兵装は空対空ミサイルのAIM-9XとAIM-120Cのほか、GBU-12 レーザー誘導爆弾、GBU-31 JDAM GPS誘導爆弾を用意。★HMD(ヘルメット・マウント・ディスプレイ)を装備したパイロット人形1体付き。★アメリカ空軍や日本の航空自衛隊など、9ヶ国のマーキング、キャノピー用のマスクシールをセット。

キットの素組み完成品とランナー部品
※素組み写真は試作パーツを組み立ててパネルラインにスミ入れ、キャノピーなどの透明部品は一部塗装しています。

YouTube「タミヤ 1/48 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII」ユニット化されたパーツ構成を紹介!
Tamiya 1/48 F-35A Unit breakdown!