Item No:61121

1/48 傑作機シリーズ No.121

1/48 マクダネル・ダグラス F-4B ファントムII

1/48 SCALE McDONNELL DOUGLAS F-4B PHANTOM II

2021年7月発送予定

8,360円(本体価格7,600円)

全長=370 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 アメリカが生んだジェット戦闘機の金字塔 】 1960年代初頭に配備が開始され、5,000機以上が生産されたF-4 ファントムII。長大な航続距離と優れた搭載能力を誇る多用途機として、米海軍・空軍だけでなく世界各国でも運用されたことから、最も成功したジェット戦闘機と言われています。1952年、米海軍は超音速戦闘機の設計要求を航空機メーカー各社に提示しました。この開発競争において、マクダネル社はヴォート社のF-8 クルセイダーに採用をゆずりましたが、その後も開発を継続。全天候性能を備え、2基の強力なエンジンを搭載した複座の艦隊防空戦闘機を作り上げます。機関砲を搭載せず、空対空ミサイルのAIM-7 スパローとAIM-9 サイドワインダーをそれぞれ4発標準装備したこの戦闘機は、1958年12月にF4H-1(後にF-4Aに改称)として制式採用されました。1961年からは初の本格量産型であるF-4Bの生産が始まり、同年7月にVF-74(第74戦闘飛行隊)への配備が開始。インドシナ半島で勃発したベトナム戦争では、アメリカ参戦の約半年後に新鋭機としてF-4Bが投入されました。そして、1965年には早くも北ベトナム空軍のMiG-17を初撃墜しますが、戦争前半における米海軍の撃墜数の多くはF-8 クルセイダーによるものでした。しかし、1972年のラインバッカー作戦以降は、搭乗員の練度が向上し、敵機との交戦回数も増加。多数の撃墜を記録するとともに、優れた搭載能力を活かして対地攻撃にも力を発揮するようになったのです。その後F-4は、機首下に機関砲を備えた空軍向けのE型など数々の改良発展型が開発され、多用途攻撃機としての地位を確立。いくつかの運用国では、初飛行から半世紀以上を経た現在も飛び続けています。
【 模型要目 】 F-4 ファントムIIシリーズの中でも、初の本格量産型である海軍型のF-4B ファントムIIを再現したプラスチックモデル組み立てキットです。★1/48スケール、全長370mm、全幅244mm。★綿密なリサーチに基づき、実機の持つ絶妙なアウトラインや断面形状などを正確にモデル化。★パーツ分割の工夫により、確実な組み立てを実現しました。★J79-GE-8エンジンのノズルをはじめ、コクピットや脚収納庫、機体細部のディテールに至るまで精密に再現。★外翼は折りたたみ/展開状態を選んで組み立て可能。★一体成形の水平尾翼は左右連動して可動。★キャノピーは開閉選択式、機首右側面の給油プローブと左側面の搭乗用ラダーは収納/展開状態が選べます。★アンテナやコクピットコンソールはマーキングの仕様によって異なる部品を用意。★空対空ミサイルのAIM-7E スパローとAIM-9G/H サイドワインダー、2種類のドロップタンクもセット。★着座姿勢のパイロット人形2体、ベトナム航空戦で活躍したミグキラーのマーキング3種類、キャノピー塗装用のマスクシール付き。
  • VF-51“スクリーミング・イーグルス”航空団司令機。綿密なリサーチに基づき正確にモデル化した、流麗でダイナミックなスタイルに注目です。
  • VF-111“サンダウナーズ”飛行隊長機。主翼外翼は折りたたんだ状態にも組み立てられます。
  • VF-161“チャージャーズ”航空団司令機。※別売の1/48 F-4ファントムII 米海軍用アクセスドアデカールセットを使用しています。
  • 折りたたんだ状態の主翼外翼。ヒンジをはじめ翼断面のディテールも忠実に表現しました。
  • 正確な角度に組み上げられるよう、尾翼は左右一体パーツで成形。ポリキャップにより実機同様に可動します。
  • キャノピーはスライド金型を使用してΩ型の断面形状を再現。複雑に入り組んだエアインテーク周辺の造形も見ごたえ。
  • キャノピーは開閉を選んで組み立てられ、機首左側面の搭乗用ラダーは収納/展開状態を選択できます。
  • 着座姿勢のパイロット(左)とレーダー迎撃士官(右)の人形をセット。
  • マーチン・ベイカーMk.7射出座席もリアルにパーツ化。コクピット右側面の給油プローブは展開/収納状態が選べます。
  • パイロット用の前席、各種レーダーを備えた後席ともに実機さながらの仕上がり。コンソールはマーキングの仕様によって部品を選択します。
  • 機首レドーム下面のチンポッドは、標準タイプとAPR-30アンテナセンサー付きのパーツを用意しました。
  • 兵装は空対空ミサイルのAIM-7E スパローとAIM-9G/H サイドワインダーをそれぞれ4発セット。フル装備した状態を再現できます。
  • 主翼下面のスピードブレーキは開閉が選べ、フラッペロンは上げ/下げ状態を選択可能。
  • 600ガロンのセンタードロップタンク1本に加え、翼下に装着する370ガロンドロップタンク2本も用意。
  • 緻密なディテールが目を引く前脚格納庫。後方に長く伸びた部分がサポートとなり、しっかりと胴体へ組み付けられます。
  • 翼の変形防止と主脚の確実な組み立てを両立した主桁パーツ。機体下面の補助空気取り入れドアから見えるエンジンの一部もモールドしました。
  • 高い機動性と長大な航続距離を実現したJ79-GEエンジンは、ノズル内部のディテールまでリアルに再現。
  • 立体感あふれるメカニカルな造形を表現するため、エンジンノズルは6分割構成としました。
  • 高いスケール感を演出する、パネルラインやリベットなどの繊細でシャープなモールドも見どころ。
  • ベトナム航空戦において活躍したミグキラーのマーキング3種類付き。

COLORS USED 使用する主なタミヤカラー

タミヤカラー エアーモデルスプレー

もっと見る

タミヤスプレー

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(ラッカー塗料)

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(アクリル塗料・エナメル塗料)

もっと見る

組み立てに使用するタミヤクラフトツール

もっと見る

繊細なディテールを引き立てるメイクアップ材

もっと見る

情報は2021年04月26日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。