Item No:35387

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.387

1/35 ドイツ連邦軍主力戦車 レオパルト2 A7V

1/35 SCALE GERMAN MAIN BATTLE TANK LEOPARD 2 A7V

2024年6月15日(土)ごろ発売

6,380円(本体価格5,800円)

全長=320 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

※履帯はユニットごとに組み立て、はめ込みで連結する方式。
※エンジングリル上部のメッシュや砲塔側面のバスケットなどはエッチングパーツ。

【 新規設計で登場! 】 2017年5月、ドイツ連邦軍が主力戦車の戦闘力向上のために採用を決定したのがレオパルト2 A7Vです。2001年から運用されているレオパルト2 A6を改修した、レオパルト2 A7のさらなる発展型であるA7Vは、車体前方に装甲を追加して防御力を高めるとともに、車重増加に対応するため足まわりも強化。主砲はA6と同径の55口径120mm砲ながら、新型砲弾により最大で5,000m先の目標との交戦が可能となっています。さらに、視界不良時も戦闘能力を確保できる運転支援システムの導入や、履帯の改良、砲塔側面へのバスケット増設など、細部にいたるまでアップデートされているのです。既存車輌を改修して104輌が生産されるA7Vは2021年9月から実戦部隊への配備が始まり、ドイツはもとより、EU全体における防衛の要として存在感を高めています。

【 模型要目 】 ★全長320mm、全幅110mm。★実車取材に基づき、車体前方に取り付けた増加装甲をはじめ、レオパルト2 A6とは大きく異なる砲塔後部や車体右後部の形状など、A7Vの特徴を余すことなく再現。★リヤパネルのマッドフラップを取り外して砲塔側面後方に固定した、戦闘時のスタイルでモデル化しました。★履帯はユニットごとに組み立て、はめ込みで連結する方式を採用。★エンジングリルのメッシュや砲塔側面バスケットのパンチングメタル部分はエッチングパーツでシャープに表現。★前方を見据える車長と装填手の半身像を用意。頭部パーツはヘルメットとベレー帽を選択できます。★マーキングは3種類をセットしました。



  • 頭部部品が選択式の車長と装填手の半身像には両腕の国籍マークに加え、それぞれ3種類の階級章デカールを用意。
  • 車体下部前方に取り付けられた地雷防御モジュールも正確な形状でモデル化。
  • エンジングリル上面のメッシュはエッチングパーツを使い精密な仕上がり。
  • 砲塔両側面に設けられた赤外線対応のバラクーダカモフラージュネットを収納するバスケットもエッチングパーツを使用。
  • 直線部分は上下2分割、曲線部分は一コマずつの連結で再現した履帯。
  • エッチングパーツ

NEW! 1/35 レオパルト2 A7V     ※好評発売中の「1/35 レオパルト2 A6」との比較。

  • 砲塔後部に空調装置/NBC防護システム、雑具箱などを追加。砲塔上面の雑具箱や個人携帯火器収納ケース、防水シートや車長用ポータブルディスプレイなどA7Vのさまざまな装備を詳細にモデル化。
  • 車体前面に取り付けられた増加装甲をはじめ、形状の異なるヘッドライトや運転支援システムのセンサーヘッド、フェンダー前のマッドガードなどを再現。
  • 車体後部右側に配置された補助動力装置(APU)によって変更された車体形状を正確に再現。上面に配置された車載工具などもレイアウトが変更されています。

1/35 レオパルト2 A6(好評発売中・35271)




SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2024年05月02日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。