Item No:32604

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.104

1/48 アメリカ M8 自走榴弾砲

1/48 SCALE U.S. HOWITZER MOTOR CARRIAGE M8

2023年2月11日(土)ごろ発売

1,980円(本体価格1,800円)

全長=92 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 火力支援で活路を開く 】 第二次大戦中、ハーフトラックを流用した従来の自走榴弾砲に代わる車輌として、アメリカ軍が開発したのがM8です。M5軽戦車をベースにした車体にオープントップの砲塔を搭載し、主砲には通常の榴弾のほか対戦車榴弾や発煙弾も発射できる、75mm榴弾砲M3を採用。1942年9月から1944年1月までに1,778輌が生産されました。イタリア、北西ヨーロッパ、太平洋戦域と幅広く展開したM8は、優れた火力と高い機動性を活かして、防御拠点の撃破などに奮戦。友軍部隊の力強い後ろ盾として信頼を集め、終戦まで戦い続けたのです。
【 模型要目 】 M8 自走榴弾砲の1/48スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★全長92mm、全幅48mm。実車取材に基づき、車高が高くコンパクトなスタイルを実感豊かにモデル化。★特徴的な保護スリーブ付きの榴弾砲を備えた砲塔は、内部の照準器や装填部もパーツ数を抑えて再現。★足まわりも組み立てやすさと立体感を両立。★履帯は直線部分を一体とした連結式。★車長の全身像1体、マーキング2種類付き。
  • 独特なフォルムの砲塔が目を引く、コンパクトでユニークな姿を組み立てやすいパーツ構成でモデル化。
  • 照準器や主砲装填部など、砲塔内の装備もパーツ数を抑えて立体感豊かに再現。後部にマウントされたM2重機関銃のディテールも注目。
  • スコップやバールなどの装備品が備わる車体後面も精密な仕上がり。履帯は直線部分を一体とした連結式でシャープに表現。
  • 双眼鏡を片手に車外に立つ車長の全身像1体をセット。

COLORS USED 使用する主なタミヤカラー

タミヤカラースプレー(ラッカー系)

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(ラッカー塗料)

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(アクリル塗料・エナメル塗料)

もっと見る

組み立てに使用するクラフトツールとメイクアップ材

もっと見る

完成品をホコリから守り美しく飾る

もっと見る

情報は2023年01月06日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。