Item No:25424

スケール特別企画

1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕I型丁 シルバーメッキ仕様 (迷彩デカール付き)

1/48 SCALE KAWASAKI Ki-61-Td HIEN (TONY) SILVER COLOR PLATED (w/CAMO DECALS)

2021年7月31日(土)ごろ発売

4,730円(本体価格4,300円)

全長=187 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 シルバーメッキが高める流麗スタイルの魅力 】 太平洋戦争において液冷エンジンを搭載した日本軍唯一の戦闘機が飛燕です。ドイツ製のダイムラー・ベンツDB601エンジンをライセンス生産したハ40を搭載。液冷機ならではの流線形の機首や細長い形状の主翼などが特徴でした。1943年に三式戦闘機として制式採用され、高い防弾性を持つアメリカ軍機に対抗するため数回にわたり武装が強化されました。その中でも機首を20cm延長して胴体内に20mm機関砲を2門装備し、主翼内に12.7mm機関砲2門を搭載したI型丁は1944年1月から1945年1月までにシリーズで最多の約1,360機が製造されました。優れた高高度性能と重武装を活かして本土防空戦でのB-29迎撃に力を発揮し、首都防空を担った小林戦隊長率いる第244戦隊の奮戦もよく知られている、この飛燕I型丁をシルバーメッキパーツを使用して質感高く再現した特別仕様のキットです。
【 模型要目 】 飛燕I型丁の1/48スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★全長187mm、全幅250mm。★流麗なスタイルを忠実にモデル化したのはもちろん、胴体や主翼などのパーツにはつやを抑えたシルバーメッキを施し、リアルな質感を表現しました。★倒立V型12気筒のハ40エンジンは、過給機などの補機まで再現。★コクピット前方の20mm機関砲と弾倉、オイルタンクなどもパーツ化。タイトなレイアウトを実感できます。★風防は開閉選択式。★落下タンク2個と着座姿勢のパイロット人形1体、マーキング2種類に加え、斑迷彩用のデカールもセット。
  • シルバーメッキパーツと斑迷彩デカールを生かして仕上げた、第244戦隊 高島少尉搭乗機。
  • 塗装では再現が難しい、飛行第244戦隊所属機の斑迷彩はデカールで用意。マーキング2種類とキャノピー塗装用のマスクシールもセット。
  • メッキパーツのリアルな質感がいっそう際立つ、斑迷彩のない小林戦隊長搭乗機。
  • 主翼下には2個の落下タンクを装備。主脚格納庫内のディテールや、シャープなパネルラインも注目。
  • 着座姿勢のパイロット人形1体付き。
  • 立体感あふれるコクピットまわり。タイトなレイアウトも実感できます。
  • 風防は開・閉状態の2種類のパーツを選んで組み立て可能。
  • 倒立V型12気筒のハ40エンジンは、本体はもちろん過給機などの補機まで精密に再現。
  • エンジン上部カウルは脱着式。完成後も機首に組み込まれたエンジンのメカニズムを鑑賞できます。
  • コクピット前方の20mm機関砲と弾倉、オイルタンクなどもパーツ化。
  • 胴体下部に備えられた半埋め込み式の水・滑油冷却器。
  • 冷却器前方の整流板は、巧みなパーツ分割で実機の形状を正確に表現しました。

COLORS USED 使用する主なタミヤカラー

タミヤエアーモデルスプレー

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(ラッカー塗料)

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(アクリル塗料・エナメル塗料)

もっと見る

組み立てに使用するタミヤクラフトツール

もっと見る

繊細なディテールを引き立てるメイクアップ材

もっと見る

完成品をホコリから守り美しく飾る

もっと見る

情報は2021年05月25日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。