Item No:24358

1/24 スポーツカーシリーズ No.358

1/24 ロータス ヨーロッパ スペシャル

1/24 SCALE LOTUS EUROPA SPECIAL

【発売日決定】2020年12月5日(土)ごろ発売

3,850円(本体価格3,500円)

全長=168 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 革新のミドシップ・ライトウェイトスポーツが蘇る 】 1966年、当時としては画期的なミドシップレイアウトを採用し、FRP製ボディによる軽量な車体と低いフォルムを生かして世界でもトップクラスのコーナリング性能を誇ったのがロータス ヨーロッパです。中でも72年に登場したスペシャルは126馬力の1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載した最終強化版。オプションで5速ミッションが選択でき、アルミホイールを標準で装備していました。また、ボディには当時F1で活躍したJPSカラーのロータスを思わせるピンストライプが施され、ボディ色にかかわらずサイド下部はすべてシルバーとなっています。スポーツカーを愛し、独創的なアイデアマンとして知られたロータスの創始者、コーリン・チャプマンが生み出したライトウェイトスポーツの傑作車として、今も世界中に多くのファンを持っています。
【 模型要目 】 ★1/24スケール、全長168mm、全幅73mm、全高47mm。★低くシャープなフォルムを実車そのままに再現。★直列4気筒DOHCエンジンは金属製エアファンネルやエッチングパーツを使用して見ごたえ十分。★特徴的なY字型バックボーンフレームや前後の足まわりもリアルにモデル化。★室内も立体感あふれる仕上がり。運転席・助手席にはシートベルトも用意。★RSワタナベ製8本スポークホイールやリヤウイングもセット。★エンジンフード後端のロータスのロゴやバッジ、ミラー面などは金属製インレットマークで再現。★バンパーやミラーなどはメッキパーツ。
  • 低くシャープな引きしまったフォルムを実車そのままに再現。
  • エンジンフードに装着するリヤウイングもパーツ化。形状の異なる2種類のエンドプレートを用意。
  • ビッグバルブと呼ばれるDOHCエンジンは、金属製エアファンネルやエッチングパーツを使用した高密度な仕上がり。
  • 左右のシートにはエッチング製バックルとベルトシール(赤、青、黒の3種類)で構成されるシートベルトを用意。
  • エンジンフードは脱着式。エアアウトレット用メッシュはエッチングパーツ。
  • 標準装備のノーマルホイールに加えて、カスタマイズの定番ホイールと言えるRSワタナベ製8本スポークホイールもセット。
  • フロントグリルやブレーキディスク、エンジンフード用メッシュなどはエッチングパーツで再現。
  • ボディのピンストライプやメーター用のスライドマーク、3種類のシートベルトシールをセット。

COLORS USED 使用する主なタミヤカラー

タミヤスプレー

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(ラッカー塗料)

もっと見る

タミヤカラー 筆塗り&エアーブラシ用(アクリル塗料・エナメル塗料)

もっと見る

組み立てに使用するタミヤクラフトツールとメイクアップ材

もっと見る

美しいボディの仕上げにおすすめのアイテム

もっと見る

完成品をホコリから守り美しく飾る

もっと見る

情報は2020年11月02日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。