Item No:24276

1/24 スポーツカーシリーズ No.276

1/24 スバル インプレッサ WRC 2004 ラリー・ジャパン

1/24 SCALE SUBARU IMPREZA WRC 2004 RALLY JAPAN

2004年12月発売 生産休止

2,808円(本体価格2,600円)

全長=183 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 スバルインプレッサWRC2004ラリージャパンについて 】 2004年シーズンの世界ラリー選手権を戦うスバルのマシンとして第3戦のメキシコラリーから投入されたのがインプレッサ WRC 2004です。ボディの軽量化、エンジンのパワーアップ、空力のリファインなど各部を熟成。P.ソルベルグ選手は第4戦、第6戦とグラベル(未舗装路)ラリーで圧倒的な強さを見せて優勝。さらに初開催となった第11戦ラリー・ジャパンでもライバルに付け入る隙を与えず3日間を通してトップを守り抜き見事な優勝を飾ったのです。
【 模型要目 】 ●初開催となった2004年ラリー・ジャパンの記念すべき優勝車、スバル インプレッサ WRC 2004のプラスチックモデル組み立てキットです。 ●スケール1/24、全長183mm、全幅75mm、全高60mm。 ●04年型ボディの特徴をとらえてリアルにモデル化。 ●Aピラー内側の補強板まで再現したロールケージ、シートなど室内も立体感あふれる仕上がり。 ●スプリッターを装着したリヤウイングは一体パーツ。 ●スライドマークはカーNo.1、No.2の2種類を用意しました。

【 ラリー・ジャパンとは 】 F1と並ぶ世界選手権がかかったモータースポーツの最高峰、世界ラリー選手権(WRC)。サーキットで行われるF1に対して、一般公道で開催されるのがWRCです。しかも、マシンは市販車のイメージを色濃く残したWRカー。2004年は全16戦で行われ、その第11戦がラリー・ジャパンとして日本で初開催されたのです。舞台となったのは北の大地、北海道は帯広。9月3日~5日まで、3日間を通して行われた競技には実に21万人の観戦者が集まり、大きな盛り上がりを見せたモータースポーツイベントとなりました。




情報は2004年12月08日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。