メイクアップ材シリーズNo.76

タミヤ光硬化パテ
TAMIYA LIGHT-CURING PUTTY

ITEM 87076 1,296円(本体価格1,200円)
製品画像
 模型製作の作業をスピードアップする画期的なパテが誕生
■忙しいモデラーに朗報: 簡単な穴埋め程度の補修なら5分で全作業が完了!光をあてると硬化する特殊パテが模型製作の常識を変えます。

■驚異の短時間硬化: 直射日光の場合は約1分、卓上型蛍光灯(27W)の場合は約2分で硬化します。

■1液性で使いやすい: 硬化剤を使用しないので、必要な量だけ取り出してすぐに使えます。なめらかなペーストタイプで、下地への密着性も良好です。

■ヒケがほとんどない: 揮発して固まるタイプではないので、硬化する際、また長時間経過後もヒケや肉やせがほとんどありません。

■硬化後の整形も簡単: 硬化後のパテは切削性抜群。ヤスリやフィニッシングペーパーなどでサクサク削れ、仕上がりもなめらかです。

■模型用塗料で塗装できる: パテは整形後、模型用塗料で直接塗装することが出来ます。色はイエロー、34g、アルミチューブ入り。取扱説明書と、遮光袋が付属します。

■光を当てるだけで短時間硬化

★動画 ダウンロード  MPEG1形式 320×240 pixel 74秒 (12.1MB)

卓上型蛍光灯を使用して光硬化パテを硬化させる様子を定点カメラで撮影しました。
編集なしのノーカット版ですので、パテが短時間で硬化するのを実感していただけます。
※実験では約1分でパテが完全硬化していますが、実際のご使用では余裕を持って長めに光をあててください。

■模型製作での使用例

ここでは飛行機モデルの製作における光硬化パテの使用例をご紹介します。ヒケの修正と、すき間を埋める作業を順を追って説明致します。右の画像またはココをクリックしてご覧ください。

タミヤ光硬化パテ FAQ ホビーショー会場での実演をご覧になったお客様からのご質問をまとめました。 Q : 紫外線で硬化するのですか?
A : いいえ。タミヤ光硬化パテは太陽光や蛍光灯などの可視光線で硬化します。
ですから、特殊な照明器具は必要有りません。なお、白熱灯など高温を生じるものはパテに気泡が生じるので、パテの硬化には適していません。
Q : パテを厚く盛ることはできますか?
A : タミヤ光硬化パテを盛る場合の厚さは2mmまでです。これはパテ内部まで光を透過させるためです。なお、硬化後パテの上にさらにパテを盛る「積層」をすれば2mm以上の厚さにすることは可能です。また、光硬化パテ以外のタミヤ製パテとの組み合わせ積層もできます。
Q : 部屋の照明で固まってしまいますか?
A : タミヤ光硬化パテは弱い光でも少しずつ硬化しますが、部屋の照明ではすぐに固まらないのでパテ盛りの作業を大急ぎでする必要はありません。パテ盛り作業をするときには光の強い窓際を避け、手元の照明を消してください。なお、部屋の照明のみを長時間あててパテを硬化させるのは完全硬化しない場合があるのでおすすめしません。
Q : 保存性は良いのですか?
A : 有機溶剤を含んでいないので揮発しにくく、開封後の保存性も良好です。使用後はキャップを閉め、付属の遮光袋に入れて暗く涼しい場所に保管してください。
Q : 下地への密着性は良いですか?
A : タミヤ光硬化パテはなめらかなペーストタイプですので、下地への密着性も良好です。ただし、ラッカーパテと異なりプラスチックを溶かす溶着タイプではありません。そのため平滑な面に使用する場合は、パテの食い付きをよくするためあらかじめ180番~400番のフィニッシングペーパーで下地を荒らしてください。
Q : 硬化後の硬さは?
A : 硬化後のタミヤ光硬化パテはなめらかで密度感もあります。その上、加工性も非常に優れています。硬さの目安としては、プラスチックパーツ(PS樹脂)よりも若干柔らかいです。そのためプラスチックパーツの修正に使用した場合に、下地よりも先にパテが優先的に削れますので、短時間で仕上げることができます。
Q : その他注意事項はありますか?
A : タミヤ光硬化パテが硬化すると、パテの表面にベタつき(未硬化物)が残ります。ベタつきはタミヤ・ラッカー溶剤をしみ込ませた布で簡単に拭き取ることができます。なお、パテをフィニッシングペーパーなどで削る場合には、この拭き取り作業を省略してもかまいません。




購入する 最寄りのお店を探す
スペース

情報は2004年12月8日現在のものです。商品の名称、価格、発売日、仕様などは変更される場合があります。