1/10電動RCカーシリーズNo.391
スペース
ホットショット (2007)
スペース
Item No:58391 7月21日(土)ごろ発売 26,784円(本体価格24,800円)

電動組み立てモーター付属RCメカ別売4WD
スペース
製品画像
全長=390mm 写真は組み立て、塗装仕上げをした状態です

【 あこがれの的となったタミヤ初のシャフト4WDレーシングバギー 】 タミヤ初のシャフト4WDレーシングバギーとして1985年に登場。低重心設計の戦闘的なフォルムと、斬新なメカを満載した高性能な走りでたちまち多くのファンを虜にしました。シャーシは前後のギヤボックスとセンターモノコックで構成された3分割構造。高い整備性が魅力です。サスペンションは前後ともモノショックオイルダンパーとスタビライザーを装備したダブルウィッシュボーン。特にリヤはコネクティングプレートとプッシュロッドを採用したプログレッシブタイプ。また、密閉式の前後ギヤボックスにはスラストボールベアリングとデフギヤを内蔵していました。ホットショットのためだけの専用部品を多く使用したため、年少ファンにとっては手の届かないマシンとなりましたが、それがかえってあこがれをかき立てることになったのです。4WDレーシングバギーというジャンルを確立したエポックメイキングな1台となったホットショット。再販リクエストNo.1の声にお応えして復刻版をリリースします。

【 魅力の基本構成はそのままにアップデートした復刻版 】 フォルムや構造には極力手を入れないという設計コンセプトのもと、現状に合わない部分や組み立てづらい部分だけをアップデートした復刻版がホットショット(2007)です。シャフトドライブ4WD、アジャスタブルタイプのモノショックダンパーを装備した前後ダブルウィッシュボーンサスペンションなど主要メカはそのままに、前後のドライブシャフトやプロペラシャフトは、信頼性の高いドッグボーンタイプに変更。オイルダンパーも現在主流のダイヤフラムタイプとしました。また、復刻版のキットはスピードコントローラーにESCを使用するため、リヤのアルミヒートシンクは本来必要ではありません。けれども、ホットショットのリヤビューのポイントともなっているこのパーツはダミーとしてそのまま残しました。今なお色あせない魅力を放つホットショット。現代の4WDオフロードレーサーとの走り比べも楽しみです。


前後のドライブシャフトやプロペラシャフトは確実な動力伝達のドッグボーンタイプを採用。

プッシュロッドとコネクティングプレートを使用したプログレッシブタイプのリヤサスペンション。

リヤビューのポイントとなるダミー・アルミヒートシンク。

前後ともモノショックタイプのダンパー。オイルダンパーはダイヤフラムタイプ。アウタースペーサーを回してスプリングの硬さを3段階に調節可能。
金属製メンテナンススタンドバーをセット。バッテリーホルダーを立てれば、タイヤを浮かせた状態で保持することが可能。
走行用バッテリーはリヤ寄りの最も低い位置に搭載され、低重心化を実現。FRP製バッテリーホルダーの開閉により脱着も手軽。
シャーシ

【 基本スペック 】 ●全長390mm ●全幅235mm ●全高150mm ●車体重量約1270g ●トレッド=194mm(前後とも) ●タイヤ幅/径=F28/82mm R34/82mm ●フレーム=ABS樹脂製モノコック ●駆動方式=シャフトドライブ4WD ●デフギヤ=前後3ベベル ●ステアリング=2分割タイロッド式 ●サスペンション=4輪ダブルウィッシュボーン ●ギヤ比=10.04:1 8.70:1 ●モーター=RS540タイプ ●スピードコントローラー=ESC仕様

【 別にお求めになるもの 】 ●RCメカ:エクスペックGT-I、またはESC付き2チャンネルプロポ ●バッテリー・充電器:タミヤ7.2Vレーシングパック、または7.2Vアドバンスパック各種

購入する 最寄りのお店を探す

情報は2007年7月17日現在のものです。商品の名称、価格、発売日、仕様などは変更される場合があります。