1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.310

III号突撃砲G型 “フィンランド軍”
STURMGESCHÜTZ III Ausf.G “FINNISH ARMY”
Item No:35310 2010年11月20日(土)ごろ発売 3,564円(本体価格3,300円)
製品画像
全長=189mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです ※拡大画像

【 北欧フィンランドが見せた不屈の闘志 】 第二次大戦におけるフィンランドとソ連の戦いの末期、フィンランド軍の主力となったのがドイツから輸入されたIII号突撃砲G型です。姿勢の低い車体に対戦車戦向けの強力な長砲身7.5cm砲を搭載。フィンランド到着後にシュルツェンを取り外し、エンジンデッキに雑具箱を追加、機関銃をソ連製DTに換装するなどの改修が施されました。そして1944年夏のソ連軍戦車部隊による攻勢を迎え撃ち、フィンランドを守り抜いたのです。その後、戦訓により丸太やコンクリートブロックなどを戦闘室に追加装着して防御力を強化。戦後も改修を重ねながら1960年代まで使われました。
スペース
【 模型要目 】 III号突撃砲G型の1/35スケール、プラスチックモデル組立てキットです。★全長189mm、全幅85mm。フィンランド軍により改修が施された姿を実感豊かにモデル化。★車体後部に雑具箱を追加し、予備転輪を戦闘室側面に移動させた前期改修型と、防御力を高めるため丸太やコンクリートブロックを追加装着した後期改修型が選べます。★戦闘室上のDT機関銃もシャープな仕上がり。★コマンダーの半身像、フィンランド軍所属車のデカール4種類付き。

【参考リンク】
斎木伸生氏(国際政治評論家)が語る「Ⅲ突」
※北欧文化協会へのサイトへジャンプします。

パッケージ



■左画像
後期改修型は追加装着された丸太やコンクリート装甲なども質感十分に再現。

■右画像
機銃をソ連製DTに換装し、エンジンデッキに雑具箱を搭載した前期改修型。


塗装&マーキング例 主な使用色:XF-20 ミディアムグレイ、XF-64 レッドブラウン、XF-67 NATOグリーン


購入する 最寄りのお店を探す
スペース
情報は2010年11月10日現在のものです。商品の名称、価格、発売日、仕様などは変更される場合があります。

 関連商品のご案内  画像をクリックすると各々の製品情報へジャンプします 
関連商品
ITEM 35197
1/35 ドイツ III号突撃砲G型 (初期型)
関連商品
ITEM 35281
1/35 ドイツIII号突撃砲B型
関連商品
ITEM 35309
1/35 ソビエト戦車 BT-7 1935年型
関連商品
ITEM 35207
1/35 ソビエト歩兵 進撃セット
関連商品
ITEM 35303
1/35 ソビエト重自走砲 JSU-152