1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.303

ソビエト重自走砲 JSU-152
RUSSIAN HEAVY SELF-PROPELLED GUN JSU-152
Item No:35303 2009年11月28日(土)ごろ発売 4,644円(本体価格4,300円)
製品画像
全長=258mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです※拡大画像

【 ベルリンを制圧したモンスター 】 第二次大戦後期、強力なドイツ戦車に対抗するため、JS-2重戦車をベースに開発されたソビエト軍の重自走砲がJSU-152です。強火力の戦闘車輌を一輌でも多く前線に投入するため、鋼板を組み合わせたシンプルな戦闘室に152mm野砲を車載用としたML-20Sを搭載。1944年夏の反攻作戦で本格的に戦場投入され、大口径砲ならではの攻撃力を活かして、対戦車戦闘はもちろんトーチカや防衛拠点の攻略にも威力を発揮。それまで苦戦を強いられてきたタイガーIやパンサーを次々と撃破して“猛獣ハンター”の異名を取ったのです。

【 模型要目 】 JSU-152の1/35スケール、プラスチックモデル組立てキットです。★全長258mm、全幅92mm。大口径152mm砲を備えた迫力の姿を実感豊かにモデル化。★荒々しい鋳造肌の防盾や車体前面などもリアルに再現。★戦闘室の各乗員用ハッチは開閉の状態を選択でき、ローダーズハッチは可動式。★キャタピラはベルト式と連結組立て式が選べます。★エンジン吸気グリルはエッチングパーツを用意。★ベルリン突入作戦の参加車輌などデカール4種類付き。
パッケージ
スペース

■勇猛なシルエットを余すことなく再現。キャタピラは手軽なベルト式と自然なたるみの部分連結式が選べます。

■警戒しながらハッチから前方をうかがうコマンダーとローダーの半身像をセット。対空機銃なども繊細な仕上がり。

■主砲防盾や車体前面をはじめとする荒々しい鋳造表現や、圧延鋼板の荒れた質感を表情豊かに再現。




所属不明 1945年5月 ベルリン

塗装&マーキング例 主な使用色:TS-28 オリーブドラブ2、XF-2 フラットホワイト、XF-56 メタリックグレイ

購入する 最寄りのお店を探す
スペース
情報は2009年11月26日現在のものです。商品の名称、価格、発売日、仕様などは変更される場合があります。

 関連商品のご案内  画像をクリックすると各々の製品情報へジャンプします 
関連商品
ITEM 35306
1/35 ソビエト歩兵 対戦車チームセット
関連商品
ITEM 35207
1/35 ソビエト歩兵 進撃セット
関連商品
ITEM 35214
1/35 ソビエト戦車兵 小休止セット
関連商品
ITEM 35289
1/35 ソビエト重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ
関連商品
ITEM 35211
1/35 ソビエト重戦車 JS3 スターリン3型