Item No:31341

1/700 ウォーターラインシリーズ

1/700 日本航空巡洋艦 最上(もがみ)

1/700 SCALE JAPANESE AIRCRAFT CARRYING CRUISER MOGAMI

2002年7月発売

2,376円(本体価格2,200円)

【 航空巡洋艦 最上について 】 太平洋戦争の後半、世界でも類を見ない本格的な航空巡洋艦に改装されたのが日本海軍の最上です。最上は15.5cm3連装砲塔5基を備える大型軽巡洋艦、最上型の1番艦として昭和10年7月に竣工、昭和14年から15年にかけて主砲を20cm連装砲塔に換装し、重巡洋艦に生まれ変わりました。大戦前半にはマレー上陸作戦やバタビア沖海戦で奮戦。そして昭和17年6月のミッドウェー海戦での損傷の修復工事を機会に、索敵能力を強化した航空巡洋艦に改装されることとなったのです。艦体後部に水上機11機を搭載できる航空甲板を設け、さらに25mm3連装機銃10基など対空防御力も増強。航空兵装を充実させた最上は昭和19年6月のマリアナ沖海戦に出撃しましたが、続く同年10月のレイテ沖海戦で敵艦隊との夜戦、そして艦載機の攻撃により大破炎上、ミンダナオ海に姿を消したのです。

【 模型について 】 日本航空巡洋艦 最上のプラスチックモデル組み立てキットです。 ●1/700スケール、全長286.5mm、全幅36.5mm。コンパクトにまとめられた艦橋部分や独特な誘導煙突など特徴を捉えてモデル化。量感あふれる船体は左右分割式としました。 ●船体後部の航空甲板もアウトラインはもちろん、運搬レールやターンテーブルのレイアウトまで最新の資料に基づき忠実に再現。 ●主砲塔の取付けにはポリキャップを使用し、組み立て後も回転可能。 ●12.7cm連装砲や3連装魚雷発射管などの兵装類、メインマストや艦載機用クレーン、カタパルト、そして艦載機などもシャープな仕上がり。
  • 後部砲塔を撤去し、航空甲板を設けた最上の独創的な姿をリアルにモデル化。
  • 高速性能も伝わるフレアーの付いた艦首部分。甲板上の錨鎖やすべり止めの模様は精密な彫刻表現。
  • 軽量化と低重心化のためにコンパクトにまとめられた艦橋構造物や、2本の煙突を上方で1本にまとめた誘導煙突など最上型の設計思想も伝わります。
  • 61cm3連装魚雷発射管は別パーツとして、好みの角度で取り付け可能。12.7cm連装高角砲や25mm3連装機銃などの兵装類もシャープな仕上がりです。
  • 零式水上観測機や零式水上偵察機を搭載する航空甲板は、アウトラインはもちろん、運搬レールやターンテーブルの配置など、最新の資料に基づいて正確に再現。

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド