Item No:12053

1/12 ビッグスケールシリーズ No.53

1/12 チーム ロータス タイプ49B 1968 (エッチングパーツ付き)

1/12 SCALE TEAM LOTUS TYPE 49B 1968 (w/PHOTO-ETCHED PARTS)

2015年6月20日(土)発売 生産休止

12,960円(本体価格12,000円)

全長=360 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 スポンサーカラーをまとったチャンピオン 】 コスワースDFVエンジンをシャーシの構造材としたレイアウトを採用し、F1マシンに革新をもたらしたチーム ロータス タイプ49。その改良版として1968年の第3戦から投入されたのがタイプ49Bです。ノーズ左右にウィングを装着し、ウェッジシェイプ形状のエンジンカウルを装着するなどダウンフォースを確保。さらに第6戦からはエンジンカウルを取り外してリヤにハイマウントウイングを装備。ウイングステーをリヤアップライトに結合し、リヤウイングで発生したダウンフォースを後輪に効率よく伝える工夫が施されました。この年、G.ヒルが3勝をあげてチャンピオンを獲得し、ロータスにコンストラクターズタイトルをもたらしたタイプ49B。その活躍とともに、それまでのナショナルカラーから一転、スポンサーカラーをまとった草分け的なマシンとしても知られています。
【 模型要目 】 ●1968年のF1チャンピオンマシン、チーム ロータス タイプ49Bを再現。エッチングパーツや金属パーツを加えていっそう質感ある仕上がりが楽しめます。 ●1/12スケール。全長360mm、全幅165mm、全高122mm。 ●スリムなフォルムをリアルに再現。 ●前後サスペンションは実車同様のメカニズムで作動。 ●3リッターV型8気筒のDFVエンジンも精密な仕上がり。 ●リヤのハイマウントウイングに加え、1969年の南アフリカGPで見られたフロントのハイマウントウイングパーツも用意。 ●タイヤは質感ある中空ゴム製。 ●塗り分け用マスクシール付き。 ●ドライバー人形付き。
  • スリムなフォルムを実車そのままに再現。1968年のフランスGPから採用されたリヤのハイマウントウイングを装備。
  • 3リッターV型8気筒のDFVエンジンは各種の配線・配管も施され精密な仕上がり。エアファンネルは質感あるアルミ削り出し製。
  • ノーズコーンは取り外し可能。ラジエター表面にはエッチングパーツを使用。
  • 実感を高めるドライバー人形付き。シートベルト金具やメーターにはエッチングパーツを使用。
  • リヤエンドに移動したオイルタンクやオイルクーラーも再現。排気管はメッキパーツ。
  • 前後のブレーキディスクやラジエター、カウルファスナーなどをディテールアップするエッチングパーツ。

情報は2015年06月19日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。