2022年10月15日(土):タミヤグランプリ全日本選手権2022 愛知大会

2022.11.07

[会 場]
愛知県名古屋市 名古屋港ガーデンふ頭臨港緑園 特設サーキット

[大会の様子]
愛知県名古屋市 名古屋港ガーデンふ頭臨港緑園でタミヤグランプリ全日本選手権2022 愛知大会を開催しました。TC-01シャーシワンメイクレース【TRFグランプリ】、人気のツーリングカー部門は【GT、St、Jr.グランプリ】の3クラス。それに【Mスポーツグランプリ】、バギーカーの【TD4ワンメイク】、レース経験が少ない方を対象とした【タミグラ☆フレッシュ】を開催。合計7クラスでレースをおこないました。

[コンクールデレガンス選出者] 敬称略 順不同 ※別ページに掲載しています。


  • TD4ワンメイク:グリッドにマシンをスタンバイ。五感を集中させスタートの合図を待ちます。


  • スーパーアバンテがキレイな姿勢でジャ〜ンプ!飛距離を伸ばします。


  • タミグラ☆フレッシュ:特設サーキットでの初走行。ドキドキの連続!RCカー楽しんでください。


  • Mスポーツグランプリ:各選手、ラップタイム短縮を狙い、イメージラインを走ります。


  • 松田文信選手のGRヤリス。決勝ラウンド、同ラップ、コンマ5秒差の接戦を制して見事優勝!


  • Jr.グランプリ:汗ばむほどの日差しのもと、集中力MAX。 手に汗を感じながらマシンコントロール。


  • 横内薫選手のイエローカラー レクサスSC430。予選、決勝ともに安定した走りを披露。決勝ラウンドでは15周をマークし優勝!


  • Stグランプリ:決勝ラウンド、同ラップに安藤秀幸選手、若山廉選手、因武史選手の3選手が!集中力勝負!ラップを重ねます。


  • イエローカラーNSX(安藤秀幸選手)!とブルーカラーNSX(若山廉選手)!コンマ3秒差で安藤秀幸選手がトップゴール!優勝!


  • GTグランプリ:鈴木浩二選手(3位)と奥山貴選手(4位)の攻防!コーナーマーカーに乗りながらもインをアタック。


  • 決勝ラウンド、同ラップで競い合う川島靖裕選手と松田文信選手。コンマ2秒差で川島靖裕選手がトップゴール!優勝!


  • TRFグランプリ:アグレッシブな走りで決勝ラウンド18周をマーク!優勝した鈴木浩二選手のGEN2マシン。