2018年11月17日(土)、18日(日):タミヤフェア2018

2018.12.10
[会 場]
ツインメッセ静岡

[イベントの様子]
今年で20回目を迎えたタミヤフェアは、ホビーファンはもちろん、地元静岡の皆様にも愛され、秋のホビーのお祭りとしてしっかりと定着しました。二日間とも晴天に恵まれ、のべ25,000名ものお客様にご来場いただき盛大に開催できました。初日は、ミニ四駆レース出場の方や、新製品展示、販売コーナーを目当てに800名近いお客様が列を作り、熱気あふれるスタートとなりました。
新製品コーナーでは、今冬に発売されるスケールモデル、RCモデル、ミニ四駆、工作などの新製品を一挙に展示。中には世界初公開のアイテムもあり、1/24スポーツカーシリーズ「1/24 フォードGT」や1/18RCカー「ダイナヘッド6×6(G6-01TRシャーシ)」などの前では人垣ができる程。多くの模型ファンの方が、企画開発スタッフに質問したり試作品を手に取って完成度を確かめていました。また今年はMMシリーズ発売50周年を迎え、歴代の記念モデルの展示や、写真撮影ブースを設けて、イベントを盛り上げました。会場にはモータースポーツ史に輝く歴史的なチャンピオンマシン「トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID」と「マツダ787B(レプリカ)」のチャンピオンマシンの実車も展示共演。模型ファンのみならず、多くの方の注目を集めました。
また「イベントステージ トークショー&実演コーナー」では、女性プロモデラー「オオゴシトモエ」さんがエアーブラシ塗装講座を披露。ミニ四駆「DCR-01、02」やRC新製品「ダイナヘッド6×6」などのデザインを手掛けたハイパーデザイナー「やまざきたかゆき」氏も登壇し、デザインに込められた意図やポイントなどのトークショーが行われました。
南館ではミニ四駆イベントを中心に展開。17日は全国500店以上、のべ1000大会以上で開催された『ミニ四駆ステーションチャレンジ』で選出されたレーサーによる日本一決定戦『ミニ四駆ステーションチャンピオン決定戦2018』、18日は世界各地から集結した海外代表レーサーと国内トップレーサー約100名が戦う『ミニ四駆ワールドチャレンジ2018』を開催。熱い戦いが繰り広げられました。また両館とも、豊富なタミヤ製品を品揃えした販売コーナーを設置。模型ファンには見逃せないアイテムもあり、こちらも連日大盛況となりました。子供から、大人まで幅広い年齢層が楽しめるタミヤフェア。模型ファンのみならず多くの方のご来場をいただいた2日間となりました。

⇒タミヤフェア2018
⇒【YouTube】タミヤ ワールドチャンピオン決定戦 2018