チャレンジカップ2022年5月

2022.06.23
2022年5月1日(日) しんえもん 広島県広島市
5/1GW真っ只中、45名の参加 総エントリー数79名 レースが行われました。最多エントリー数31名のGT クラスは小川選手 コミカルクラスは丸川選手 ZEROクラスは日中春希選手 独自開催のMAZDA3クラスは回数を追う事に人気が出て22名の参加で小林憲太郎選手が優勝いたしました。

2022年5月1日(日) ファミリーRCサーキット 兵庫県神崎郡
タミチャレGT  久しぶりタミチャレの開催しました。そんな中7名も来てくれました。予選は、松尾選手が7.066秒でトップ続いて7.102秒三宅選手、続いて7.125秒、木屋選手が入り予選は僅差の勝負となりました。決勝レースがはじまりました。最初、抜け出したのは松尾選手、続いて三宅選手がつづきピッタリと木屋選手がつけてその後、横田選手、新井選手、小池選手、池田選手とつづきトップの松尾選手がミスで三宅選手がトップ!すぐに立て直すもミスが続き3位に2位は木屋選手があがってきました。が、プレッシャーに負けた木屋選手がミス3位に後退しレースはつづきます。3分ぐらい残り1分・・・2位の松尾選手がフェンスに衝突あえなくリタイヤとなり、3位争いが面白くなってきました。横田選手と新井選手です最初に新井選手が、仕掛けるもなんとか耐えてタイムアップ 1位に、三宅選手、2位に木屋選手、3位に横田選手が入ってゴールとなりました。選手の皆さんお疲れ様です。  タミチャレM  久しぶりタミチャレの開催しました。そんな中6名も来てくれました。予選は、木屋選手が7.037秒でトップ続いて7.263秒三宅選手、続いて7.286秒、松尾選手 横田選手、池田選手でした。決勝レースがはじまりました。トップ3台がいいスタートを決めました。30秒すぎです2位3位が絡むクラッシュで独走に入った木屋選手、2位に上がった横田選手、続いて池田選手が・・・が、ミスを逃しません、2位 三宅選手が3位 松尾選手が付きトップを追いかける届かずタイムアップとなりました。1位に木屋選手、2位に三宅選手、3位に松尾選手が入りゴールとなりました。選手の皆さんお疲れ様です。 ■各クラスの成績 ★タミチャレGT:優勝 三宅保生 2位 木屋弘之 3位 横田守那 ★タミチャレM:優勝 木屋弘之 2位 三宅保生 3位 松尾康昌 

2022年5月1日(日) ラジコン天国徳山店 山口県周南市
他所でのレースとバッティングのため、先月と比べ参加者が少なくなりましたが、それでも9名のご参加をいただきました。ありがとうございます。レースはGT22クラスでポールポジションを獲得した森元選手が見事優勝。チャレンジミニクラスも森元選手ポールトゥウィン。おめでとうございます。次回開催は6月5日予定です。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT22:森元 ★タミチャレM:森元

2022年5月4日(水) (有)工藤模型 青森県青森市
あいにくの強風での開催となりましたが 各クラス白熱したレースとなりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:三上 ★タミチャレF1:宮澤 ★タミチャレラリー:及川 ★タミチャレトラック:石川 ★コミカルバギー:本田

2022年5月8日・22日(日) クワナベース 三重県桑名市
5月8日 12名の参加者にてタミチャレZEROデーを行いました。3名で行ったZEROクラスは親子対決となりましたが、ユウマ選手が安定した走りでトップゴール、優勝となりました。 7名で行ったタミヤツーリングクラスは、P.Pからスタートしたフカヤ選手が1枚上手の走りを見せて優勝、6名で行ったラリークラスはミヤタ選手がベテランの走りをみせて優勝となりました。  5月22日 9名の参加者にてタミチャレ第4戦を行いました。7名で行ったGTクラスはスタートからタナカ・クワジマ両選手の一騎打ちとなりましたが、地元の意地をみせたタナカ選手の優勝となりました。6名で行ったM前輪駆動クラスはベテラン選手を抑えたタナカ選手が優勝、M後輪駆動クラスは圧倒的な速さをみせたヒロハタ選手の優勝となりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:タナカ ★タミチャレM前輪駆動:タナカ ★タミチャレM後輪駆動:ヒロハタ ★タミチャレラリー:ミヤタ ★タミチャレZERO:ユウマ ★タミヤツーリング:フカヤ

2022年5月8日(日) シンタニラジコンサーキット 北海道江別市
本日無事にタミチャレを終える事が出来ました。初レースの方が2名参加して下さいました。楽しいレースが参加者の皆様のおかげで行えたと思います。優勝者はGTクラス、ミニクラス植松さん。2WDバギークラス稲垣さん。4WDバギークラス高畠さんでした。

2022年5月8日(日) ノブ科学模型社 山形県寒川江市
令和4年度 今年最初のチャレンジカップ5月大会が盛大に開催され、晴天に恵まれ県内各地より参加者がありF1クラスに6名、Mクラスに8名、GTクラスに18名のエントリーがあり各クラスに熱戦を繰り広げた結果優勝者はF1は伊藤真選手 M は小学生の柴田歩夢選手 GTクラスは茨木啓治選手

2022年5月8日(日) 新北総サーキット 千葉県富里市
タミチャレGTは11名の参加。Aメインのみの決勝でした。PP木和面選手が序盤レースを引っ張りますがバックマーカーと接触し2位へ。その隙を見逃さず三溝選手がトップを奪取。木和面選手も猛追しますが、おしくもタイムアップ。わずか0.2秒差でした。 タミチャレMは6名の参加。PPスタートの増田選手が一度もトップを分け渡す事なく終了。2位は横内選手でしたが店員の為、最終的に若山選手が2位、中島選手が3位へ繰り上げとなりました。 タミチャレZEROは6名の参加。PPスタートの波多野選手が終始安定した走りで優勝。2位は宮川選手、3位は中島選手となりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:三溝 ★タミチャレM:増田 ★タミチャレZERO:波多野

2022年5月8日(日) タイガー模型一宮店 愛知県一宮市
5月8日(日)にタミヤチャレンジカップ今年度第2戦を開催しました。晴天に恵まれ、少し汗ばむぐらいの陽気で絶好のレース日和で、30名の参加がありGTクラスとMクラスを開催。 Mクラス8名,GTクラス30名 各クラスで熱いレースが展開されました。  Mクラス決勝は予選トップの松田選手を筆頭に、2番手に小林広紀選手,3番手若山真也選手,4番手高橋選手,5番手伊藤選手,6番手若山廉選手,7番手青木選手,8番手森岡昌也選手。合計8台でレーススタート。ギャラリーからも走り方がすごく綺麗!と声が上がり、また、終始安定して好調な走りを見せていた松田選手が順位変わらず見事優勝。それに続く小林広紀選手,若山真也選手も好調な走りを見せてこちらも順位変わらずゴールイン。特にレース中盤では、8番手スタートの森岡選手が勢いを増して、高橋選手と4位,5位の大接戦の末、見事第4位でゴールインした。  GTクラスAメイン決勝は、TQ獲得の小林稔選手,2番手小林広紀選手,3番手今藤雄一選手,4番手松田文信選手,5番手神谷選手,6番手にBメインから勝ち上がった成田竜彦選手を合わせて、合計6台でレーススタート。 TQの小林稔選手は好調な走りを見せて、見事優勝。2大会連続優勝を飾った。それに続く小林広紀選手と今藤雄一選手も好調な走りを見せていたが、レース中盤で両名共、他車と絡み、追走していた神谷選手がそれを上手くかわして、見事第2位でゴールイン。そして他車と絡んで一度は後退した小林広紀選手がレース終盤で巻き返して、第3位でゴールインする快挙を達成した。

2022年5月8日(日) ニシムラ模型 青森県弘前市
当ショップのチャレンジカップは通算7回め。保有する屋外常設コースで開催しました。今季新設したレイアウトに、ジャンプ台や凹凸を設けたオフロードセクションも設置してバギーレースも開催。当日は晴天でしたが強風。しかし参加いただいた皆さん14名は元気に楽しく過ごしていただけたようです。コンクールデレガンスはトップフォースをカラフルに彩色した須藤勝弘選手が受賞。開催したクラスには総数24台。特にタミチャレGTでの工藤選手と赤平選手、タミチャレMでの山本選手と赤平選手、クラシックバギーでの本田選手と赤平選手による各レース展開では、最終コーナーまで接戦が続く好レースが繰り広げられました。バギーでは新製品TD2で参加もありました。レース終了後、各クラスの表彰と全員対象の抽選会を行い盛り上がりました。今回のようにファミリーでのご参加もいただけるよう、タミヤRCカーのオン&オフカーを楽しむイベントとして次回7月も開催します。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:赤平亮 ★タミチャレM:赤平亮 ★クラシックバギー:赤平亮 ★コミカルバギー:本田大樹 ★NEOバギー:本田大樹

2022年5月8日(日) ホビーショップ ピットイン 千葉県君津市
今年初開催となったタミチャレGTは27名参加で行われました。予選方式が御希望の多かった「タミグラ方式」を採用。3分間の周回予選同時スタートによりエキサイティングな予選方式でした。波乱の予選を制したのは、ベテランの虫賀選手。決勝も虫賀選手がTQから先行で逃げ状態。後方では、矢田、長谷川、上坂3名による激しい表彰台争いが展開。結果は虫賀選手が完全優勝。2位は後続のプレッシャーを防いだ矢田選手。長谷川選手はおしくも3位となりました。

2022年5月8日(日) RC CIRCUIT HOBBY WORKS 岩手県盛岡市
2022年のホビーワークスタミチャレはオンロードDAYとオフロードDAYに分けて開催!第二戦は18名と前回より参加人数もアップして白熱のレースが展開されました。開催はクラシックバギー・ラリー・ミドルバギー・コミカルバギーの4カテゴリー。クラシックバギーは親子で参加頂いた佐々木(輝)選手が優勝。2位には娘の佐々木(美)選手が入賞し親子でワンツーを決めました。コミカルバギーは前回に引き続きご兄弟で参加頂いた福盛田雅弘選手が優勝。弟の清伸選手も2位に入賞しコチラは兄弟でワンツーを決めてくれました。ミドルバギークラスは佐々木(輝)選手がクラシックに続き優勝し2連勝を飾りました。人気カテゴリーのラリーは伊藤(聖)選手が優勝。圧倒的な走りで2位を大きく引き離し優勝となりました。 ■各クラスの優勝者 ★クラシックバギー:佐々木輝彦 ★コミカルバギー:福盛田雅弘 ★ミドルバギー:佐々木輝彦 ★タミチャレラリー:伊藤聖

2022年5月8日(日) らじこん屋東近江店 滋賀県東近江市
5/8(日)にRCスーパーGT、タミチャレM、初心者さん対象のチャレンジクラス、RWDクラス シリーズ戦 第2戦 In K2サーキットを開催させて頂きました 4月は雨で中止となり5/1も雨・・・ で延期になりやっと開催出来ました コロナウイルスの感染病対策で普段からのマスク&除菌&換気等の対策以外に時間短縮等をして開催させて頂きました 当店としてはいろいろ対策はしていますが参加頂く皆様もマスク&手洗い等対策をよろしくお願いします。 RCスーパーGT 10名(500クラス 6名、300クラス 4名) チャレンジクラス 6名 タミチャレM 4名 RWDクラス 6名 合計17名参加頂き開催させて頂きました さてタミチャレMクラスですが6名参加頂きました 予選はPP 岩田選手 2位 小川選手 3位 松井選手 4位 三澤選手 5位 細野選手 6位 谷本選手となりました 決勝 スタートから岩田選手が危なげなく逃げ松井選手が追います 3位はレース復帰の小川選手がつけます。 優勝 岩田選手 2位 松井選手 3位 小川選手 4位 三澤選手 5位 谷本選手 6位 細野選手となりました

2022年5月15日(日) ホビーショップ井上 愛媛県八幡浜市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:オガワ ★タミチャレM:ヒラオカ ★タミチャレZERO:リョウタ

2022年5月15日(日) R/C GARAGE G−WORKS 岡山県倉敷市
5月15日(日)にタミチャレRound.4を開催 当日は感染対策を施し実施。参加者は37名となりました。コンデレは、5名が受賞。レースの度にコンデレのレベルがどんどん上がって毎回選ぶのに苦労しますが大変嬉しく思います。受賞者にはお店から無料走行券とオリジナルコンデレステッカーを進呈しました。レースはプレミアムコース(カーペット路面)で適度な速さで人気のトラックレーシングから開始しトラックレーシングの優勝は永井選手、Bメインは親子で参加してくれている板谷選手(お父さん)続いてタミチャレMクラスは、動きの違うM07とM08の戦いとなります。久し振りに店主も参加し優勝はM07の店主ですが賞典外の為クリーンなバトルを演じてくれた武本選手が優勝 Bメインは田中選手が優勝となりました。レースが初めての人で競われるZEROクラスは5名の選手が参加 皆さん上手く走らせていました。レース初参加で表彰すると敷居が高くなるので表彰はありません。不人気カテゴリー(笑)タミチャレEクラスも7名が参加し優勝は永井選手。ZEROクラスを卒業した選手に人気のツーリンググランプリクラスは10名が参加し下村選手が嬉しい初優勝を果たし卒業しました。最速TRFグランプリは永井選手が制しました。人気のタミチャレGTクラスはトップが逃げる展開で3番手争いの店主と武本選手によるクリーンなバトルに参加者は魅了されていました。優勝は平田選手、Bメインは嶋田選手、Cメインは下村選手となりました。最後は恒例の女将とじゃんけん!!次回開催はDAYレースで6月12日に開催予定となります。レースの模様はYoutubeのG−WORKSで検索 詳しいレースレポートはHPにてご覧ください。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:平田 ★タミチャレM:武本 ★タミチャレE:永井  ★ツーリンググランプリ:下村 ★タミチャレトラック:永井 ★TRF:永井

2022年5月15日(日) ホビーショップK2 秋田県秋田市
先月に続いて快晴の一日でレースは行われた。 Mクラスは、高橋選手が予選決勝とも1位を譲らず先月からの連勝を決めた。GTクラスは、佐藤選手がポールタイムを決めたが、決勝では失速。2回行われた決勝では1回目は保坂選手。2回目は高橋選手がそれぞれトップゴールしたが、高橋選手のタイムは保坂選手のタイムを更新出来ず、保坂選手の優勝が確定した。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:保坂智 ★タミチャレM:高橋淳一

2022年5月15日(日) RC POWER ON 岡山県岡山市
GTクラスは久々のエントリーの藤井選手がトップゴール。ZEROクラスは谷藤選手が全車ラップしてのゴールでした。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:藤井 ★タミチャレZERO:谷藤

2022年5月15日(日) フジイホビー 山口県山口市
5月15日(日)山口県萩市にある龍門サーキットにおいて、フジイホビータミチャレ第5戦が行われました。当日は、天候も良く県内外の方達が参加して頂き大変盛り上がりを見せました。しかし、コロナ禍であるので、参加人数の制限を行い、ソーシャルディスタンス等遵守し、全体では10クラス+ローカル2クラスで、皆さんのご協力でレースを無事に終える事が出来ました。 レースも含め抽選会及びジャンケン大会でも大いに盛り上がりました。  タミチャレGTクラスAメイン決勝は、Bメイン,Cメインのトップも入れ13台で争うこととなり、TQを獲得したのは森田選手。好スタートを切ったのは森田選手だったが、2コーナーで他車と絡みトップに田原選手が立つ。続くのが、池上選手、梅木選手、岡選手。レース中盤に岡選手が猛追して3番手に上がってくる。後半に入って、2番手池上選手がトップに迫るが田原選手は安定した走りを見せる。レースは、そのままゴールとなり田原選手が優勝を飾った。Bメイン優勝者は佐藤選手、Cメイン優勝者は楠原選手。  タミチャレMクラスAメイン決勝は、Bメインのトップも入れ10台で争うこととなり、TQを獲得したのは楠原選手。好スタートを切ったのは楠原選手で、続くのが新田選手、宮本選手、岡選手。レース中盤にて2番手の新田選手がスピンして後退。宮本選手が2番手となるが岡選手との争いが熾烈となる。レースは後半に入って、岡選手が宮本選手を交わし、トップの楠原選手を猛追。最終ラップの最終コーナーで、楠原選手、岡選手、宮本選手の3台が絡んでしまい、トップでゴールを受け優勝したのが岡選手でした。Bメイン優勝は長谷選手。  タミチャレF1クラスAメイン決勝は、4台で争うこととなり、TQを獲得したのは新田選手で、スタートして2コーナーでトップ新田選手がスピンして2番手の岡選手がトップに出る。続くのが福田選手。トップ岡選手が独走体制に入りレースをリードしていく。3番手には池田選手で、2番手の福田選手に襲い掛かるがなかなか抜けない。レースは後半に入っても、岡選手が2番手福田選手との差を広げ、レースはここでゴールとなり、終始安定した走りを見せていた岡選手が優勝を飾った。  タミチャレEクラスAメイン決勝は、6台で争われ、TQを獲得したのは山下選手。好スタートを切ったのは山下選手と岡選手で、岡選手が2コーナーで交わしトップに出る。続くのが6番手スタートの楠原選手、新宅選手が続いた。レース中盤に入っても岡選手が2番手山下選手とのバトルを繰り広げていた。後半に入ってもトップ岡選手は安定した走りで2番手の山下選手を寄せ付けない走りを見せていた。レースは、ここでゴールとなり、岡選手が逃げ切って優勝を飾った。  タミチャレZERO・ADクラスAメイン決勝は、6台で争われ、TQを獲得したのは吉原選手。好スタートを切ったのは吉原選手と日中選手。2番手の日中選手は、トップに猛追するがなかなか追いつくことができない。3番手雑賀選手も4番手の森本選手と僅差バトルを演じていた。レースは後半に入っても吉原選手の走りは変わらず、そのまま独走体制で優勝を飾った。  タミチャレコミカルクラスAメイン決勝は、8台で争われ、TQを獲得したのは新田選手。スタート良く飛び出した新田選手だったが、ジャンプ台で転倒し順位ダウン。そこでトップに躍り出たのが予選2番手の長谷選手。続くのが山下選手。レースは後半に入って、長谷選手が独走体制となる。新田選手も3番手に上がってくるが、レースはここでゴールとなり、長谷選手が逃げきって優勝を飾った。  タミチャレトラッククラスAメイン決勝は、モーターをショップ配布というイコールコンディションの中、10台で争われた。TQ獲得は田原選手。スタートで2番手以下が絡んでいたが、トップ田原選手が好スタートを切る。それに続くのが山下選手、池田選手、岡選手となり、田原選手がレースをリードしていく。しかし2番手の山下選手がトップに猛追し、各コーナーでバトルを演じていたがなかなかトップ田原選手を抜くことができない。レース後半、周回遅れも有りトップ田原選手は、山下選手に徐々に差をつけていた。ここでレースはゴールとなり、田原選手がポールトゥウインで優勝を飾った。  ライダーチャレンジクラスAメイン決勝は、6台で争われ、TQを獲得したのは岡選手。好スタートを切ったのはトップ岡選手で、2番手には予選4番手の山下選手が上がってきていた。3番手に新宅選手、楠原選手が続いた。レース中盤に入っても岡選手が独走体制でレースをリードしていく。2番手争いが熾烈で山下選手と新宅選手、楠原選手がバトルを演じ、5番手の池田選手も続いていた。レースはそのままゴールとなり、トップ岡選手独走体制で優勝を飾った。  TTチャレンジクラスAメイン決勝は、7台で争うこととなり、TQを獲得したのは池田選手。好スタートを切ったのは池田選手と2番手広田選手。3番手に森本選手が続き予選通りの展開。トップ池田選手は、レース序盤からレースをリードしていく。2番手の広田選手と森本選手は2番手争いを演じてトップになかなか追いつけない。レースはここでゴールとなり、池田選手が安定した走りで優勝を飾った。  タミチャレFZGPクラスAメイン決勝は、5台で争うこととなり、TQを獲得したのは富岡選手。エンジン音響き渡る中、好スタートを切ったのは富岡選手と2番手田原選手。3番手に末永選手、山村選手が続いた。トップ富岡選手と田原選手が、レース序盤からバトルを演じていく。初参加の古川選手も健闘していた。レースは後半に入っても2人のバトルは各コーナー毎に続いていたが、トップ富岡選手が残り時間1分でスローダウン。そこでトップに立ったのが安定した走りを見せていた田原選手。レースはここでゴールとなり、田原選手が逆転で優勝を飾った。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:優勝 田原善一 2位 池上直樹 3位 岡達也 ★タミチャレM:優勝 岡達也 2位 宮本満生 3位 楠原和博 ★タミチャレE:優勝 岡達也 2位 山下貢 3位 楠原和博 ★タミチャレF1:優勝 岡達也 2位 福田しのぶ 3位 池田拓児 ★タミチャレトラック:優勝 田原善一 2位 山下貢 3位 池田拓児 ★タミチャレZERO・AD:優勝 吉原奨 2位 日中希一 3位 雑賀修: ★ライダーチャレンジ:優勝 岡達也 2位 山下貢 3位 新宅英史 ★タミチャレコミカル:優勝 長谷青波 2位 山下貢 3位 新田辰美 ★TTチャレンジ:優勝 池田拓児 2位 広田徹 3位 森本剛 ★タミチャレFZGP:優勝 田原善一 2位 末永晃貴 3位 山村守

2022年5月15日(日) ホビープライム 岩手県盛岡市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:鴨沢一成 ★タミチャレM:鴨沢一成 ★タミチャレE:大澤寅彦 ★タミチャレラリー:及川充 ★タミチャレZERO:高山響巳 ★クラシックバギー:高橋英継 ★フレッシュ:桑原なごみ

2022年5月15日(日) ホビーショップ ロックウェーブ 静岡県裾野市
2022RWタミチャレ第2戦を5月15日、外気温そして湿度も最高の春らしい絶好の気候の中で開催致しました。静岡ホビーショー一般日と重なってしまいましたが、ピット座席数ほぼMAXなエントリーで大盛り上がりなイベントとなりました。ご参加頂きました皆さま、有難う御座いました!この第2戦ではついに!念願の?参加者全員がGTクラスにエントリーとなりましたよ。Mクラスも18台と多くの選手がWエントリーで総台数は約50台となり、タミチャレバトルを存分に楽しんでいらっしゃいました。 タミチャレEはAメイン、タミチャレMはA〜Cメイン、そしてGTはA〜Dメインと都合8メインで行われた決勝レース。どのクラスも非常にクリーンなバトルで選手も観客も大興奮のレースでした。特にやはりメインとも言うべきGTクラスは選手の実力が非常に拮抗しているので予選から一瞬も気を抜けないバトルでしたし、決勝も各メインとても見応えあるレースとなりました。GTクラスは一部該当選手に使用ボディについてのオリジナルの規定を設けているので、より一層面白いレース展開が見られているかと思います。次戦は梅雨時の開催を予定しております。路面状況の変化に如何に対応するか!?また今回とは違った面白いレースとなる事間違い無し!皆さま是非ご参加下さい!お待ちしております。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:足立英之 ★タミチャレM:設楽和義 ★タミチャレE:鈴木寛太

2022年5月22日(日) 宇宙堂本店 長野県松本市
特設会場 芳川公園スポーツ公園にて 5/22日に実施されました。タミチャレGT 1位 小野和美 2位 忠地義則 3位 市川雄隆 予選から他を寄せ付けないダントツのラップで、周回を重ねて小野選手がポールトゥウィンしました  タミチャレM 1位 忠地義則 2位 市川雄隆 3位 花村義雄 1,2が他者を寄せつけない走行で周回を重ねます。予選2番手走行の市川選手がミスをし、予選1位の忠地選手が先行します。そのまま忠地選手がポールトゥウィンしました  タミチャレラリー 1位 忠地義則 2位 柳沢昌明 3位 遠藤篤志 予選ではXV−01がその強さを遺憾なく発揮しフロントローを独占 全選手が思う通りに走らせることができないにもかかわらず、忠地選手が腕で勝利をもぎ取りました。

2022年5月22日(日) ELEX(エレックス) 徳島県吉野川市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT−A:松田速人 ★タミチャレGT−B:八木耕平 ★タミチャレM:豊島康弘

2022年5月22日(日) NAKAI RC FIELD 岡山県高染市
2022年最初のタミヤチャレンジカップは5クラス行い全クラス予選4分2回、決勝4分1回。2WD/4WDバギーは昨年使用可能だった車種も第3戦まで使用可能としました。2WDバギーは予選TQがTD2中村選手、Aメイン決勝は中村選手が優勝、2位はTRF201森田選手、3位TD2古高選手。Bメイン決勝はTD2新家選手が優勝。4WDバギーは予選TQがDB01森田選手、Aメイン決勝はDB01森田選手が優勝、2位DB01石原選手、3位TD4古高選手。Bメイン決勝はTD4新家選手が優勝。今年から追加のラリークラスはXV−01ワンメイクで予選TQが中村選手、決勝は岸野選手が優勝、2位新家選手、3位中村選手。コミカルバギークラスはGF−01CBワンメイクで予選TQが森田選手、決勝は中村選手が優勝、2位森田選手、3位岸野選手。クラシックバギークラスは予選TQがスコーチャー古高選手、Aメイン決勝はトップフォースEVO森田選手、2位トップフォースEVO石原選手、3位トップ岸野選手。Bメイン決勝はトップフォースEVOの田中選手が優勝。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレラリー:岸野俊一 ★コミカルバギー:中村 ★クラシックバギー:森田覚 ★4WDバギー:森田覚 ★2WDバギー:中村

2022年5月22日(日) RC CIRCUIT HOBBY WORKS 岩手県盛岡市
ホビワオンロードタミチャレ第二戦は雨のため、午前中の時点で開催中止となりましたが雨が午後から上がったため、中止後も残った18名の選手でミニタミチャレという形でレースを開催しました。次回は6/26の予定です。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:熊谷幸拓

2022年5月22日(日) みなと模型若宮店 石川県金沢市
今シーズン最初のレースが好天の中行われました。隣県の福井県から多数のエントリーがあり20名を超える参加者で大いに盛り上がりました。  ■各クラスの成績 ★タミチャレGT:優勝 松本勝也 2位 高山雅安 3位 松井竜之 ★タミチャレM:優勝 松井竜之 2位 高山雅安 3位 島田誠一 ★タミチャレE:優勝 田畠哲洋 2位 山谷実 3位 田畠良雄 ★タミチャレラリー:優勝 下村幸一 2位 高山雅安 3位 山下浩明

2022年5月22日(日) らじこん屋東近江店 滋賀県東近江市
5/22にタミチャレGT、タミグラTRFクラス In K2サーキット第3戦を開催させて頂きました コロナウイルスの感染拡大防止の為、下記事項をお願いして開催させて頂きました 体調の優れない方の参加はお断りします 体温測定の管理(37度を超えた場合のイベント参加はお断りさせて頂きます) 飛散防止の為、マスク着用お願いします 3密を避ける為に屋内と屋外ピット分かれて使用お願いします 消毒、手洗い等確実にして下さい タミチャレGT 8名 タミグラTRF 3名 合計10名参加頂きました タミチャレGTは8名参加頂きました。予選 PP 谷本選手 2位 三澤選手 3位 高村選手 4位 小川選手 5位 玉木選手 6位 山崎選手 7位 池田選手 8位 浦谷選手。 決勝 スタートから谷本選手が飛び出し???2位以下の混乱をよそに独走に??? 序盤 三澤小川選手&中盤以降 三澤&玉木選手が追いますが届かず。 優勝 玉木選手 2位 三澤選手 3位 玉木選手 4位 小川選手 5位 池田選手 6位 高村選手 7位 山崎選手 8位 浦谷選手となりました タミグラTRFクラスは3名の参加して頂きました。 予選 PP 店長 2位 辻井選手 3位 山崎選手となりました 決勝 スタート直後から店長が逃げますがピタリと辻井選手が背後につけます 中盤 辻井選手がトップへ 店長が追いますが・・・届かず。 優勝 辻井選手 2位 店長 3位 山崎選手となりました 参加頂きました皆様ありがとうございました 来月もご参加お待ちしています。

2022年5月22日(日) RCパーク ら・じれ 広島県福山市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:島居広樹 ★タミチャレM:目崎俊郎

2022年5月22日(日) RUNS’サーキット 福島県本宮市
タミチャレ2022年5月大会を開催しました。参加者は感染対策を行い参加。 タミチャレMクラスは、予選TQ山下選手、2位浜尾選手、3位安斎選手、スタート直後に塙選手が4位浮上するが転倒をしてしまう。3周目に3位の安斎選手も同じコーナで痛恨の転倒、3位にふわり選手が浮上、レースは4位争いに安斎・塙選手・八巻選手の三つ巴戦、予選TQの山下選手は終始安定でトップゴール。タミチャレZEROクラスは、予選TQはふわり選手、2位は山下選手、3位浜尾選手 ふわり選手引っ張るレース展開、トップ3が接戦ふわり選手がトップへ、このままふわり選手が逃げ切り優勝  タミチャレF1クラスは、予選TQ山下選手、2位浜尾選手、3位塙選手の順番、スタート直後、トップ3による接戦バトル、山下選手がレールを引っ張る展開、徐々に2位以下を引き離しゴール。  タミチャレGTクラスは、予選TQふわり選手、2位浜尾選手、3位山下選手の順番、決勝スタート直後からトップ3台がレースを作っていく展開の中、浜尾選手が転倒、この隙に山下選手が2位へ浮上、ふわり選手が引き離すも転倒のミスがあり2位山下選手がふわり選手に迫るが一歩及ばず、ふわり選手が優勝。 レース結果 ★タミチャレMクラス 優勝 山下選手 2位 浜尾選手 3位 ふわり選手 ★タミチャレF1クラス 優勝 山下選手 2位 浜尾選手 3位 塙選手 ★タミチャレZEROクラス 優勝 ふわり選手 2位 山下選手 3位 浜尾選手 ★タミチャレGTクラス 優勝 ふわり選手 2位 山下選手 3位 浜尾選手 

2022年5月28日(土) ラジコンカー練習場・元気っ子さん 神奈川県横浜市
タミチャレZERO  今年度からZEROのみタイムアタック形式での開催ですが、すっかり定着し毎回参加選手も増えてまいりました。年間6戦のシリーズ戦も早折り返しの第3戦。優勝はライダーチャレンジで向かうところ敵無しの井澤利昭選手がZEROでも最速タイムをマークし初優勝。開幕2連勝中だったターボ弁慶ななみ選手は惜しくも2位、3位にはTT−02で参加の中学生・もり選手が続きました。今回は「TL−01」シャーシ発売25周年の記念日に開催しましたが、1位2位がまさかの「TL−01」となりました! ■各クラスの優勝者 ★タミチャレZERO:井澤利昭

2022年5月29日(日) (有)工藤模型 青森県青森市
2022年度 初のバギーレース 天候に恵まれ各クラス白熱したレースとなりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレラリー:諏訪 ★バギー+α:三上