チャレンジカップ2022年3月

2022.04.27
2022年3月6日・20日(日) クワナベース 三重県桑名市
3月6日  9名の参加者にてタミヤツーリングクラス(タミグラツーリングとSTの混走)とラリークラスを行いました。ツーリングクラスは9名で行いBメインではトップを走行していたコバヤシ選手がトラブルで後退。代わってキタハラ選手がトップに立ちそのままゴール。Aメインへ勝ち上がり。Aメインではタミグラツーリング仕様のフカヤ選手がP.Pからトップを守りぬき優勝となりました。初開催のラリークラスは4名で行い予選・決勝共にサトウ選手が他の選手を大きくリードして優勝となりました。3月20日  11名の参加者にてタミチャレ第2戦を行いました。GTクラスは11名で行いBメインではオグリ選手が安定した走りでトップゴールAメインへ勝ち上がり。Aメインではマツダ選手が他の選手を圧倒。独走で優勝となりました。Mクラスは7名で前・後輪駆動混走で行いました。ラジコン周期対決に注目が集まりましたがレースはマツダ選手の圧勝となりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:マツダ ★タミチャレM:マツダ ★タミチャレラリー:サトウ ★タミヤツーリング:フカヤ 

2022年3月6日(日) フジイホビー 山口県山口市
3月6日(日)山口県宇部市にあるココランド体育館内特設サーキットにおいて、フジイホビータミチャレ開幕戦が行われました。当日は、コロナの影響で当初2月13日の開催でしたが、延期レースとなりました。参加人数も制限を行い、ソーシャルディスタンス等遵守し、全体では7クラス+ローカル1クラスで、皆さんのご協力でレースを無事に終える事が出来ました。コロナで制限は掛かりましたが、開幕戦という事で、レースも含め抽選会及びジャンケン大会でも大いに盛り上がりました。  タミチャレGTクラスAメイン決勝は、Bメインのトップも入れ10台で争うこととなり、TQを獲得したのは岡選手。好スタートを切ったのは岡選手。続くのが予選2番手の池上選手、3番手に丸山選手が続く。レース中盤に予選10番手スタートの石井選手が4番手まで順位を上げてきた。トップ岡選手と池上選手の争いは続いていたが、残り30秒というところで、トップ岡選手が痛恨のスピン、トップに2番手の池上選手となった。池上選手は、そのままゴールとなり逆転で優勝を飾った。Bメイン優勝者は石井選手。  タミチャレMクラスAメイン決勝は、11台で争うこととなり、TQを獲得したのは山川選手。好スタートを切ったのは山川選手。2番手池田選手、3番手には7番手の丸山選手が上がってきた。上位3台のトップ争いが熾烈となっていた。4番手に岡選手、5番手には宮本選手が猛追していた。レース中盤に入ってもトップ3台の争いは変わらず。トップの山川選手は安定した走りで2番手池田選手、3番手丸山選手の猛追を阻止する。レース終盤になっても山川選手の走りは変わらず、そのまま優勝となった。  タミチャレF1クラスAメイン決勝は、6台で争うこととなり、TQを獲得したのは宮本選手で、スタートから宮本選手と2番手岡選手、3番手池上選手が快調に飛ばしていく。レース中盤に入っても、トップ宮本選手は安定した走りを見せていた。2番手争いが熾烈で岡選手に池上選手がコーナー毎に詰め寄っていたが、なかなか抜けない。レースはここでゴールとなり、終始安定した走りを見せていた宮本選手が独走体制で優勝を飾った。  タミチャレZERO・ADクラスAメイン決勝は、5台で争われ、TQを獲得したのは吉原選手。好スタートを切りレースを引っ張って行く。続くのが2番手中山選手、石井選手、末永選手、松永選手。トップ吉原選手が中盤に他車と絡み、その間に中山選手がトップに上がる。レース後半に入っても、中山選手が安定した走りで2番手吉原選手の猛追をかわしトップをキープ。レースはここでゴールとなり、中山選手が逃げ切って優勝を飾った。  タミチャレZERO・JrクラスAメイン決勝は、4台で争われ、TQを獲得したのは長谷選手。好スタートをきってレースを引っ張って行く。続くのは中山選手、森本選手、松永選手。3番手森本選手がクラッシュでリタイヤとなる。レース後半に入っても長谷選手が安定した走りで独走体制。2番手中山選手はなかなか追いつくことが出来ない。レースは、ここでゴールとなり長谷選手が優勝を飾った。  タミチャレZERO・女子クラスAメイン決勝は、ADクラスと混走の2台で争われ、TQを獲得したのは中山選手で、好スタートをきってレースを引っ張って行く。岡選手もほぼ同じラップタイムで猛追する。レース後半に入ってもADクラスと混走の中で中山選手が安定した走りで走行。岡選手が猛追して良い走りを随所に出していたが、ここでゴール。レースは中山選手が優勝を飾った。  TTチャレンジクラスAメイン決勝は、7台で争われTQを獲得したのは池田選手。好スタートを切ったのは池田選手と2番手山川選手。3番手には岩重選手。トップ争いが熾烈だったが、16周目にトップ池田選手が痛恨のスピンして順位ダウン。代わってトップに山川選手が立って安定した走りを見せる。レースはここでゴールとなり山川選手が優勝を飾った。  トラックレーシングクラスAメイン決勝は、モーターをショップ配布というイコールコンディションの中、6台で争われた。TQ獲得は大福選手。スタートから飛び出したのはやはり大福選手。2番手の手島選手が出遅れ3番手となる。2番手には山川選手。トップ大福選手は安定した走りで独走体制に入る。2番手山川選手が猛追するがなかなか追いつけない。レースはそのままゴールとなり、大福選手が優勝を飾った。  ライダーチャレンジクラスAメイン決勝は、3台で争われTQを獲得したのは岡選手。好スタートを切ったのはトップ岡選手で、2番手には池田選手、中山選手と続いた。レース中盤に入って岡選手がトップ独走体制に入って2選手を引き離す。後半に入って池田選手もベストラップを叩き出すが、トップ岡選手に追いつけない。レースはここでゴールとなり、岡選手が終始安定した走りで優勝を飾った。 ■各クラスの成績 ★タミチャレGT:優勝 池上直樹 2位 岡達也 3位 丸山大輝 ★タミチャレM:優勝 山川大作 2位 池田拓児 3位 丸山大輝 ★タミチャレF1:優勝 宮本満生 2位 岡達也 3位 池上直樹 ★タミチャレZERO・AD:優勝 中山義男 2位 吉原奨 3位 石井 ★タミチャレZERO・Jr:優勝 長谷青波 2位 中山将汰 3位 松永尚也 ★タミチャレZERO・Wo:優勝 中山京子 2位 岡久美子 ★ライダーチャレンジ:優勝 岡達也 2位 池田拓児 3位 中山義男 ★TTチャレンジ:優勝 山川大作 2位 岩重義昭 3位 手島誠 ★タミチャレトラック:優勝 大福宏一 2位 山川大作 3位 手島誠

2022年3月6日(日) ラジコン天国徳山店 山口県周南市
2022年の開幕戦、いまだ肌寒いながらも晴天に恵まれた始まりとなりました。GT22クラスは森元選手のポールトゥウィン。タミチャレミニクラスも決勝で15秒台をマークしての堂々の優勝。おめでとうございます。次回開催は4月3日予定です。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:森元 ★タミチャレM:森元

2022年3月6日(日) らじこん屋東近江店 滋賀県東近江市
3/6(日)にタミチャレM、初心者さん対象のチャレンジクラス シリーズ戦 開幕戦 In K2サーキットを開催させて頂きました コロナウイルスの感染病対策で普段からのマスク&除菌&換気等の対策以外に時間短縮等をして開催させて頂きました 当店としてはいろいろ対策はしていますが参加頂く皆様もマスク&手洗い等対策をよろしくお願いします。 チャレンジクラス 5名 タミチャレM 4名 合計9名参加頂き開催させて頂きました  タミチャレMクラス 4名参加頂きました 予選はPP 松井選手 2位 岩田選手 3位 中田選手 4位 三澤選手となりました 決勝 スタートから松井手逃げます 中盤小雨があり松井選手以外のRWD勢が後退していきます。 優勝 松井選手 2位 岩田選手 3位 中田選手 4位 三澤選手となりました  参加頂きました皆様ありがとうございました。

2022年3月12日(土) ラジコンカー練習場・元気っ子さん 神奈川県横浜市
ライダーチャレンジ:ポールポジションは逃したものの、元TPF王者・井澤選手が貫禄の優勝!Bメインでは唯一の女性レーサー・森中麻美選手が見事優勝。 タミチャレZERO:今回からZEROのみ、タイムアタック形式での開催。今年は年間6戦のシリーズ戦として実施。優勝はTC−01の吉村選手、2位にはFF02の今井選手、3位にはTT−02で参加の中学生・大石選手が続きました。これまで最多の11名に参戦していただきました! ■各クラスの優勝者 ★タミチャレZERO:吉村茂豪 ★ライダーチャレンジ:井澤利昭

2022年3月12日(土) R/C GARAGE G−WORKS 岡山県倉敷市
3月12日(土)にタミチャレRound.2をナイトレースで開催 当日は感染対策を施し実施し参加者は27名となりました。コンデレは、3名が受賞し中でも永井選手は2個獲得という年始に続いての暴挙!レースの度に熱心に製作されるお客様が多く大変嬉しく思います。受賞者にはお店から無料走行券とオリジナルコンデレステッカーを進呈しました。レースはプレミアムコース(カーペット路面)でトラックレーシングから開始、15.5Tで争われるレースは適度な速度域で人気のクラス優勝は永井選手。続いてタミチャレMクラスはM07とM08の戦いとなりますが上位はM07優勝は永井選手 Bメインは櫻井選手が嬉しい優勝となりました。タミチャレEクラスは優勝が永井選手 今回が初めてのレースの方で争われるZEROクラスには5名が参加 皆さん難しいコースを上手く走られてました。こちらのクラスは表彰対象外とし参加の敷居を低くしています。ZEROクラスを卒業した選手に人気のツーリンググランプリクラスは窪木選手が嬉しい初優勝を果たし卒業しました。最速TRFグランプリは小更選手が優勝し永井選手のパーフェクトウインを阻止 人気のタミチャレGTクラスは上位2台が逃げる展開で永井選手が優勝Bメインは、こちらも櫻井選手が優勝しました。最後は恒例の女将とじゃんけん!!次回開催もナイトレースで4月16日土曜日の夜に開催予定となります。レースの模様はYoutubeのG−WORKSで検索 詳しいレースレポートはHPにてご覧ください。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:永井 ★タミチャレM:永井 ★タミチャレE:永井  ★ツーリンググランプリ:窪木 ★TRF:小更 ★タミチャレトラック:永井

2022年3月13日(日) しんえもん 広島県広島市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:小川 ★タミチャレZERO:日中春希 ★コミカルバギー:丸川 ★MAZDA3Championship:小川

2022年3月13日(日) タイガー模型一宮店 愛知県一宮市
3月13日(日)にタミヤチャレンジカップ今年度開幕戦を開催しました。GTクラス,Mクラス2クラスを開催。感染対策を施した上で、29名の参加がありました。MクラスAメイン決勝では、TQの若山真也選手が好調な走りを見せて、見事優勝を獲得。2番手スタートの杉浦選手もレース中盤まで安定した走りを見せていたが、終盤で追走していた小山選手に抜かれて、順位が入れ変わり、小山選手がそのままゴールインと思われたが、レース終了まで残り数秒のところで、杉浦選手が巻き返し、順位が逆転し、見事第2位に入賞を果たす。GTクラスAメイン決勝はBメインから勝ち上がった杉浦選手を入れて計6台で争われ、TQ獲得の山下大輔選手が好スタートを切り、レースを引っ張っていく。予選2番手浅井選手,3番手小林稔選手,4番手小林広紀選手5番手森岡南菜選手,6番手杉浦選手が続く。レースは山下選手が、終始好調な走りを見せて、追走の小林稔,浅井選手の2番,3番の抜きつ抜かれつといったレースさながらな場面があり、レースはヒートアップする。そして、中盤から山下,浅井,小林稔選手のトップ争いに発展。しかし、レース終盤で3名が激しく絡み、山下選手が後方にさがり、追走していた森岡南菜選手がそれを上手く交わして、見事第3位に入った。そしてゴール目前で浅井,小林稔両選手の熾烈なトップ争いがあり、戦闘の末、小林稔選手が計測ラインに押し出されるかのようにして見事優勝を手にした。

2022年3月13日(日) ホビーショップ タム・タム 名古屋店 愛知県北名古屋市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:横山 ★タミチャレM:横山 ★タミチャレラリー:横山 ★タミチャレZERO:西脇 ★St:青山 ★コミカルバギー:岩井 

2022年3月20日(日) ELEX(エレックス) 徳島県吉野川市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT−A:佃浩行 ★タミチャレGT−B:高井孝一 ★タミチャレM:豊島佳吾 ★タミチャレF1:高井孝一 

2022年3月20日(日) RC POWER ON 岡山県岡山市
今年初のレースとなり、全員楽しく出来たようです。長井選手のエントリーもあり気合が皆はいったようでした。GTクラスは葦木選手が大健闘で、長井選手に1度もトップをゆずることなくポールTo WIN出来ました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:葦木 ★タミチャレM:長井

2022年3月20日(日) ホビーショップ ロックウェーブ 静岡県裾野市
2022年のRWタミチャレ開幕戦。今年は3月に開催する事が出来ました!結局昨年のタミチャレは1度のみでしたので「開幕戦」が連続で開催されるという事になっちゃいました。今年はこの時期に開幕戦なので、コロナ禍以前のように複数回のタミチャレ開催が出来ると良いですね!年度末での開催となりましたが、今回も多くの方にご参加頂きました。誠に有難う御座いました。昨年来、Wエントリーされる方が増えて、GTクラスはもちろんですがMクラスが大盛り上がりとなっております。GTが参加選手ほぼ全員が出場、Mクラスも16台のエントリーでワイワイ接近バトルを楽しんでいらっしゃいました。RWサーキットではM07とM08のどちらも凄く良く走るので、ボディ選択だけではなくマシンの選択も出来て楽しさ2倍?!M08R発売で更にその勢いが加速しそうです。TA08PROが主力マシンとなったGTクラスですが、特に中団グループの選手達のレベルアップ具合が凄まじく、上位勢にはプレッシャーを掛け、そしてステップアップ組を引っ張る感じで皆さんで高め合って下さってる様子が印象的でした。次戦以降も更にタミチャレバトルはアツくなりそうです。各クラスの詳細な様子についてはブログにて紹介させて頂きます。次戦もまた皆様のご参加お待ちしております! ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:鈴木寛太 ★タミチャレM:設楽和義 ★タミチャレE:鈴木寛太

2022年3月27日(日) フジイホビー 山口県山口市
3月27日(日)山口県宇部市にあるココランド体育館内特設サーキットにおいて、フジイホビータミチャレ開幕戦が行われました。当日は、コロナのまん延防止が解除され、県外の方達が参加出来て大変盛り上がりを見せました。尚、コロナ禍であるので、参加人数の制限を行い、ソーシャルディスタンス等遵守し、全体では9クラス+ローカル1クラスで、皆さんのご協力でレースを無事に終える事が出来ました。 レースも含め抽選会及びジャンケン大会でも大いに盛り上がりました。  タミチャレGTクラスAメイン決勝は、B,Cメインのトップも入れ12台で争うこととなり、TQを獲得したのは山下選手。好スタートを切ったのは山下選手、岡選手、西島選手。しかし、2周目にトップ3台が2コーナーで絡み岡選手、西島選手が順位を落としてしまう。今村選手と跡部選手が順位アップする。トップの山下選手は独走体制となり、安定した走りを見せ他車を寄せ付けない。山下選手は、そのままゴールとなり優勝を飾った。Bメイン優勝者は山川選手。Cメイン優勝者は森本選手。  タミチャレMクラスAメイン決勝は、Bメインのトップも入れ12台で争うこととなり、TQを獲得したのは山下選手。好スタートを切ったのは山下選手。2番手宮本選手、3番手には山川選手が上がってきた。レース中盤にて4番手に楠原選手が11番手から上がってきた。レースは後半に入って、宮本選手と山川選手が絡んでいる中、楠原選手が2番手となる。トップの山下選手は安定した走りで2番手楠原選手、3番手山川選手の猛追を阻止する。レース終盤になっても山下選手の走りは変わらず、そのまま優勝となった。Bメイン優勝者は小松選手。  タミチャレF1クラスAメイン決勝は、10台で争うこととなり、TQを獲得したのは渡辺選手で、スタートから渡辺選手と2番手梅木選手、3番手山下選手が快調に飛ばしていく。レース中盤に入って、渡辺選手と梅木選手が絡んでしまい、トップに山下選手が立つ。2番手には宮本選手、3番手に今村選手が続いた。しかし、トップ山下選手は安定した走りで独走体制を作る。レースはここでゴールとなり、終始安定した走りを見せていた山下選手が優勝を飾った。  タミチャレEクラスAメイン決勝は、10台で争われ、TQを獲得したのは岡選手。しかし、スタート合図と合わずフライングを喫してしまい最後尾スタートとなりました。代わってトップに立ったのが山下選手でレースを引っ張って行く。続くのが今村選手、小松選手。岡選手が中盤に4番手まで猛追する。レース後半に入ってベストラップを叩き出したのが岡選手で3番手まで順位アップ。しかし、ここでゴールとなり、山下選手が独走体制で優勝を飾った。  タミチャレZERO・ADクラスAメイン決勝は、9台で争われ、TQを獲得したのは吉原選手。好スタートを切ったのは吉原選手と中山選手。トップ吉原選手は安定した走りでレースをリードし、中山選手との差を広げる。レース後半に入っても、吉原選手の走りは変わらず、そのまま逃げ切って優勝を飾った。  タミチャレZERO・JrクラスAメイン決勝は、5台で争われ、TQを獲得したのは中山選手。好スタートをきってレースを引っ張って行く。続くのが松永選手、森本選手、土居選手。3番手森本選手が2番手松永選手を交わして2番手に上がる。しかし、ここでゴールとなり中山選手が終始安定した走りで優勝を飾った。  タミチャレZERO・女子クラスAメイン決勝は、ADクラスと混走の2台で争われ、TQを獲得したのは中山選手で、好スタートをきってレースを引っ張って行く。岡選手が猛追しする。レース後半に入ってADクラスと混走の中で岡選手がトップ中山選手を交わしてトップに立つ。そのまま岡選手が優勝を飾った。  TTチャレンジクラスAメイン決勝は、Bメインのトップも入れ9台で争うこととなり、TQを獲得したのは池田選手。好スタートを切ったのは池田選手と2番手小松選手。3番手にはBメイントップで9番手スタートの西島選手。トップ池田選手と小松選手が各コーナー毎にバトルを見せていたが、トップ池田選手は安定した走りを見せていた。レースはここでゴールとなり池田選手が終始安定した走りで優勝を飾った。Bメイン優勝者は西島選手。  タミチャレコミカルクラスAメイン決勝は、11台で争われ、TQを獲得したのは山下選手が好スタートを切りレースをリードしていく。2番手に岡選手、片山選手が続く。レースは、ジャンプ台あり、シケインありで転倒するマシン続出でマーシャルも大変でしたが、その中で山下選手は独走体制で優勝を飾った。  トラックレーシングクラスAメイン決勝は、モーターをショップ配布というイコールコンディションの中、11台で争われた。TQ獲得は山下選手。スタートから山下選手と西島選手が飛び出す。3番手の山川選手、新宅選手が絡み出遅れる。2番手の西島選手が他車と絡む中、9番手岡選手が2番手となる。トップ山下選手は安定した走りで2番手岡選手が猛追するがなかなか追いつけない。しかしゴール直前でトップ山下選手がスピンして転倒。その間、2番手岡選手が逆転しゴールとなり優勝を飾った。  ライダーチャレンジクラスAメイン決勝は、今季最多の11台で争われ、TQを獲得したのは山下選手。好スタートを切ったのはトップ山下選手で、2番手には岡選手、新宅選手と続いた。レース中盤に入って山下選手と岡選手が抜きつ抜かれつのバトルを演じていたが、トップ山下選手をなかなか抜くことが出来ない。後半に入っても山下選手に岡選手が猛追するが追い抜くことが出来ない。しかしゴール直前で、山下選手が痛恨のスピンを喫してしまい、岡選手が逆転しゴールとなり優勝を飾った。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:優勝 山下貢 2位 今村浩季 3位 跡部正徳 ★タミチャレM:優勝 山下貢 2位 楠原和博 3位 山川大作 ★タミチャレE:優勝 山下貢 2位 今村浩季 3位 岡達也 ★タミチャレF1:優勝 山下貢 2位 宮本満生 3位 今村浩季 ★タミチャレトラック:優勝 岡達也 2位 山下貢 3位 西島浩史 ★タミチャレZERO・AD:優勝 吉原奨 2位 中山義男 3位 吉次宏之 ★タミチャレZERO・Jr:優勝 中山将汰 2位 森本翔空 3位 土居虎ノ介 ★タミチャレZERO・Wo:優勝 岡久美子 2位 中山京子 ★ライダーチャレンジ:優勝 岡達也 2位 新宅英史 3位 山下貢 ★タミチャレコミカル:優勝 山下貢 2位 岡達也 3位 片山圭一 ★TTチャレンジ:優勝 池田拓児 2位 小松伸也 3位 西島浩史

2022年3月27日(日) RCパーク ら・じれ 広島県福山市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:武本和彦 ★タミチャレM:武本和彦

2022年3月27日(日) RUNS’サーキット 福島県本宮市
タミチャレ2022年3月大会を開催しました。まん延防止解除後のレースとなり参加者は感染対策を行い参加。タミチャレMクラスは、安斎選手が予選から安定の走りを見せ見事初優勝。タミチャレZEROクラスは、安定の走りを見せたふわり選手が優勝。タミチャレGTクラスは、ふわり選手が安定の走りで優勝、2位、3位は予選順位と変わらず、浜尾選手、八巻選手が入賞。レース結果 ★タミチャレMクラス優勝 安齋選手 2位 ふわり選手 3位 浜尾選手 ★タミチャレZEROクラス優勝 ふわり選手 2位 浜尾選手 3位 八巻嵐選手 ★タミチャレGTクラス優勝 ふわり選手 2位 浜尾選手 3位 八巻選手 

2022年3月27日(日) りとるてっくitaサーキット(RCアーベント) 宮城県名取市
3/27(日)にタミチャレ第3戦を開催。午前は寒かったが昼過ぎから晴れて暖かい日差しに。タミチャレMクラスは、中盤まで佐藤直樹さんが相澤さんを追走したがミスで後退。相澤さんがそのまま逃げ切り優勝を果たした。タミチャレGTクラスはPP相澤さんを中山さんらが追走するも、2位以下の争いが激化する間に相澤さんがリード広げ、こちらも逃げ切り優勝を果たした。タミチャレEクラスもPP相澤さんが序盤から快走。順調に後続との差を広げ半周差を付けて快勝、この日3クラス制覇を果たした。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:相澤和昭 ★タミチャレM:相澤和昭 ★タミチャレE:相澤和昭