チャレンジカップ2021年11月

2021.12.21
2021年11月7日(日) ホビーショップK2 秋田県秋田市
快晴の中 平和外コースでレースは行われた。Mクラスは佐藤選手が予選では快調にラップを決め ポールを獲得し決勝でも1回目はトップゴール。決勝2回目では高橋選手がセットが決まりトップゴール。わずかに佐藤選手のタイムを上回り優勝を決めた。 GTクラスは古井選手が一人15秒台のラップタイムを決めポールを獲得。決勝では1回目は高橋選手が古井選手を抑えてトップゴール 2回目の決勝では古井選手が高橋選手を抑えてトップでゴールしたが、わずか1000分の91秒及ばず高橋選手のトップが確定した。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:高橋淳一 ★タミチャレM:高橋淳一

2021年11月7日(日) フジイホビー 山口県山口市
11月7日(日)山口県龍門サーキットにおいて、フジイホビータミチャレの龍門最終戦が行われました。当日は、気温も上がり晴天の中でのレースとなり、コロナ対策を十分に行い、無事にレースを開催することができました、9クラス(一部混走)+ローカル2クラスで開催しました。龍門サーキットでの最終戦ということも有り、レース後の抽選会でも盛り上がったレースとなりました。  タミチャレGTクラスAメイン決勝は、12台で争うこととなり、TQを獲得したのは菊田選手。好スタート切ったのは菊田選手であったが、2番手岡選手と3番手北野選手が続く。TQ菊田選手はスタートから快調に飛ばし、2番手以下を引き離す。岡選手と北野選手の争いが熾烈で、各コーナー毎にバトルを行っていた。トップ菊田選手は安定した走りで独走体制を形成し、レースはそのままゴールとなる。菊田選手は、安定した走りで優勝を飾った。Bメイン優勝:片山選手。Cメイン優勝:小松選手。タミチャレMクラスAメイン決勝は、10台で争うこととなり、TQを獲得したのは藤田選手。好スタートを切ったのは、藤田選手。2番手の宮本選手と3番手北野選手が続いた。トップの藤田選手は快調に周回を重ねていた。2番手宮本選手と3番手北野選手の争いが熾烈となって、中盤に2台が絡んで順位が入れ替わる。藤田選手は、後半になっても安定した走りで独走体制となる。レースはここでゴールとなったが、車検で藤田選手がタイム抹消となり優勝したのは2番手の北野選手が繰り上がり優勝となった。Bメイン優勝:石飛選手。タミチャレF1クラスAメイン決勝は、10台で争うこととなり、TQを獲得したのは新田選手。スタートから快調に飛ばしていく。2番手には予選2番手の藤田選手が続く。トップ争いは、周回を重ねる毎に熾烈となり新田選手、藤田選手が僅差でレースを形成していく。3番手の池田選手が痛恨のスピンで順位ダウン。変わって岡選手が3番手に上がってくる。レースは後半に入っても2台の争いが続いていたが、レースはそのまま新田選手が逃げ切り優勝を飾った。タミチャレZEROクラスAメイン決勝は、6台で行われTQは佐々木選手。TQ佐々木選手が序盤からレースを引っ張って行く。そこに2番手吉原選手が猛追する。3番手には中山選手が上がってきた。レースは後半に入って吉原選手が佐々木選手を捉えて、レースはここでゴールとなり、吉原選手が佐々木選手を押さえ逆転で優勝を飾った。タミチャレZERO・JrクラスAメイン決勝は、6台で行われTQは中山選手。スタートから中山選手がトップで快調に飛ばしていたが、2周目にマシントラブルでリタイヤ。そこでトップに2番手長谷選手が上がる。レースは後半に入っても長谷選手の安定した走りで他車を寄せ付けない。レースは、ここでゴールとなり、長谷選手が独走体制で初優勝を飾った。タミチャレコミカルクラスAメイン決勝は、9台で決勝が争われた。TQ獲得は山下選手。好スタートを切ったのは新田選手と岡選手。トップ山下選手は1コーナーで絡み順位ダウン。新田選手は、ベストラップを更新しながら独走体制に入る。レース後半に入ってもペースは変わらず独走体制に入っていた。トップ新田選手は周回遅れにも絡まずレースはそのままゴールとなり、新田選手が安定した走りで優勝を飾った。TTチャレンジクラスAメイン決勝は、11台で争われTQは末永選手。好スタートを切ったのはトップ末永選手、山下選手、広田選手と良い走りを形成していく。レースはトップ3の争いとなった。中盤に末永選手と山下選手の争いが熾烈であったが、山下選手は、なかなか末永選手を抜くことが出来ない。レース後半に入っても末永選手が快調に飛ばし、そのまま末永選手が逃げ切り優勝した。レーシングトラッククラスAメイン決勝は、モーターをショップ配布というイコールコンディションの中、参加者一斉Aメインとなり、13台で争われた。TQ獲得は北野選手で、好スタートも切って快調に飛ばす。2番手には山下選手、3番手には菊田選手が続いていた。トップ争いが熾烈だったが、トップ北野選手は山下選手にプレッシャーを掛けられていたが、安定した走りが出来ていた。2番手の山下選手はトップを猛追するがなかなか追いつけない。レースはここでゴールとなり、北野選手は、そのまま安定した走りで優勝を飾った。タミチャレFZGPクラスAメイン決勝は、6台で争われTQは富岡選手。好スタートを切ってレースをリードする。2番手田原選手と大福選手の距離をキープして、トップ富岡選手は独走体制を形成していく。終盤に入っても、富岡選手の走りは変わらず、レースはここでゴールとなり富岡選手が安定した走りで優勝を飾った。ライダーチャレンジクラスAメイン決勝は、8台で行われTQは岡選手。TQ岡選手が序盤からレースを引っ張って行く。そこに2番手山下選手が猛追する。レースは後半に入って、トップの岡選手が痛恨のスピン。トップが入れ替わって、このままゴールとなり、山下選手が逆転で優勝を飾った。 ★タミチャレGT:優勝 菊田悟 2位 岡達也 3位 北野博 ★タミチャレM:優勝 北野博 2位 宮本満生 3位 岡達也 ★タミチャレF1:優勝 新田辰美 2位 藤田格 3位 岡達也 ★タミチャレZERO:優勝 吉原奨 2位 佐々木孝幸 3位 中山義男 ★タミチャレZERO・Jr:優勝 長谷青波 2位 吉武佑規 3位 松永尚也 ★タミチャレコミカル:優勝 新田辰美 2位 岡達也 3位 末永晃貴 ★TTチャレンジ:優勝 末永晃貴 2位 山下 3位 広田徹 ★レーシングトラック:優勝 北野博 2位 山下貢 3位 池田拓児 ★タミチャレFZGP:優勝 富岡京平 2位 大福宏一 3位 田原善一 ★ライダーチャレンジ:優勝 山下貢 2位 岡達也 3位 藤田格

2021年11月7日(日) らじこん屋東近江店 滋賀県東近江市
11/7(日)にタミチャレM シリーズ戦 第8戦 In K2サーキットを開催させて頂きました   コロナウイルスの感染拡大が問題となっていて当店も開催を控えていましたが緊急事態宣言が解除になり 普段からのマスク&除菌&換気等の対策以外に時間短縮等をして開催させて頂きました 当店としてはいろいろ対策はしていますが参加頂く皆様もマスク&手洗い等対策をよろしくお願いします。11名参加頂きましたのでA&Bメインにわけて決勝とさせて頂きました 予選はPP 松村選手 2位 岩田選手 3位 和田選手 4位 中田選手 5位 松井選手 ここからBメイン6位 小川選手 7位 筒井選手 8位 三澤選手 9位 南井選手 10位 山崎選手 11位 池田選手となりました  Bメイン 小川選手が安定して逃げ切り1位 2位 筒井選手 3位 三澤選手 4位 南井選手 5位 山崎選手 6位 池田選手となりました 小川選手&筒井選手が勝ち上がり Aメイン スタートから松村選手逃げますが徐々にペースダウン 代わって岩田選手がトップ このまま優勝と思われてのですがゴール前のストレートで和田選手に並ばれ2台でゴール。 優勝 和田選手 2位 岩田選手 3位 松井選手4位 中田選手 5位 松村選手 6位 小川選手 7位 筒井選手となりました 参加頂きました皆様ありがとうございました。 

2021年11月7日・28日(日) クワナベース 三重県桑名市
11月7日 7名の参加者にてツーリングクラスを行いました。今回は特別戦としてタミグラツーリングとSTクラス混走として行いました。予選ではツーリングクラスのハットリ選手がPP。決勝でも速さをみせていましたがミスで後退。トップにはSTクラスのサトウ選手がたちそのまま逃げ切って優勝となりました。 11月28日 16名の参加者にてタミチャレ第7戦を行いました。14名で行ったGTクラス。Cメインではサバイバル戦を生き残ったカワイ選手がトップゴールでBメインへ勝ち上がり。Bメインではミスのない安定した走りでユウキ選手がトップゴールでAメインへ勝ち上がり。Aメインではマツダ・ハシモト両選手によるマッチレースとなりましたが、中盤にハシモト選手がミスで後退するとマツダ選手が独走で優勝をきめました。10名で行ったMクラス。Bメインではキタハラ選手が速さをみせてトップゴールでAメインへ勝ち上がり。Aメインでは桁のちがう速さをみせたマツダ選手が余裕のトップゴールで優勝となりました。次回12月は日程を変更して26日に最終戦を行います。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:マツダ ★タミチャレM(混走):マツダ ★ツーリング:サトウ

2021年11月14日(日) R/C GARAGE G−WORKS 岡山県倉敷市
11月14日(日)にタミチャレRound,7を開催 当日は感染対策を施し実施し参加者は34名となりました。コンデレは、ひとりで3クラス受賞する強者も出てきて主催者もびっくり!お店から無料走行券とオリジナルコンデレステッカーを進呈しました。レースはトラックレーシングを小坂選手が優勝 Bメインを熱田選手が優勝 タミチャレMクラスは永井選手が優勝 Bメインを高瀬選手が優勝 タミチャレEクラスは、これまた永井選手が優勝 またRCレースが初めての方が走られるZEROクラスにも武南光星選手、中山 歩選手、武南弘幸選手が出場 こちらは表彰を行いません。続いて最速TRFグランプリも永井選手が優勝 初心者を抜け出した人で争われるツーリンググランプリは小学6年生の板谷選手が優勝、Bメイン下村選手が嬉しい優勝 タミチャレGTクラスは小坂選手が優勝 Bメインは松本選手優勝しました。最後は協賛品をかけて女将とじゃんけん!! 次回は12月12日(日)となります。レースの模様はYoutubeのG−WORKSで検索 詳しいレースレポートはHPにてご覧下さい。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:小坂 ★タミチャレM:永井 ★タミチャレE:永井 ★ツーリンググランプリ:板谷 ★TRFグランプリ:永井 ★トラックレーシング:小坂

2021年11月14日(日) シンタニラジコンサーキット 北海道江別市
本日無事にGTクラスをタミチャレ初参加6人で楽しく終了することが出来ました。皆さん初めてのタミチャレを真剣に和気藹々と楽しんでいらっしゃいました。優勝者は高畠選手でした。

2021年11月14日(日) ホビーショップ タム・タム 名古屋店 愛知県北名古屋市
11月14日(日)グリップサーキットにてチャレンジカップを開催しました!! リザルトです フォーミュラーE 優勝 横山選手 準優勝 青山選手 三位 杉島選手 ZEROクラス 優勝 西脇(大)選手 準優勝 杉島選手 三位 末光選手 Mクラス 優勝 横山(柚)選手 準優勝 横山(浩)選手 三位 勝田選手 ※横山(柚)選手は悲願の初優勝を達成!! 強豪を抑えきっての素晴らしい優勝でした!! GTクラス 優勝 横山(柚)選手 準優勝 横山(浩)選手 三位 川北選手 ※横山(柚)選手はMクラスと合わせて2冠達成!! 更に両クラスにて親子ワンツーと素晴らしい結果に!! ラリークラス 優勝 横山選手 準優勝 岩井選手 三位 川北選手 コミカルバギークラス 優勝 岩井選手 準優勝 横山選手 三位 杉島選手 以上でした おめでとうございます!!

2021年11月14日(日) ホビーセンターちの模型 長野県千曲市
今年最後のレースは、場所を移して屋内2階特設コースで4クラスの熱いレースを繰り広げ、充実した一日を過ごし最後にお楽しみ抽選会で盛り上がりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:森山誠士 ★タミチャレM:根岸裕幸 ★タミチャレE:森山誠士 ★タミチャレZERO:利根川拓海

2021年11月14日(日) RC POWER ON 岡山県岡山市
今年最後のレースとなり全員力いっぱい走りこんでいました。谷藤選手が3クラス優勝となり今年のKINGとなりました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:谷藤 ★タミチャレM:谷藤 ★タミチャレE:谷藤

2021年11月21日(日) RCガレージ 鳥取県東伯郡
コロナも少し落ち着き県内外からたくさんのご参加有難うございました。 GT 中国地方全域の有力ドライバー達による西日本選手権に勝る決勝に今年絶好調の永井選手が優勝  M 今年は敵なしワーチャン王者鈴木選手を抑えてこちらでも絶好調永井選手の優勝  コミカル 絶好調永井選手は表彰台に上がるも王者荻原選手も抑えて篠原選手の優勝! ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:永井和幸 ★タミチャレM:永井和幸 ★コミカル:篠原稔人

2021年11月21日(日) ELEX(エレックス) 徳島県吉野川市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT−A:小川佳之 ★タミチャレGT−B:木野内敦 ★タミチャレM:小川佳之

2021年11月21日(日) 有限会社オーバーシーPlamo 愛媛県松山市
気持ちよく晴れ、気温もそこそこ上がり絶好のラジコン日和でした。今回はGT15名、M8名、合計で17名と当店の大会の最高人数を更新しました。大きなトラブルもなく、皆さんベテラン揃いなのでスムーズに進行しました。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:山田眞士 ★タミチャレM:小川

2021年11月21日(日) ホビーショップ タム・タム 岐阜店 岐阜県羽島郡
11月21日(日)、タムタム岐阜店サーキットにて2021年のタミヤチャレンジカップ最終戦を開催しました。エントリーは23名でした。各クラスで熱いレースが展開されましたよ!! タミチャレZEROクラス優勝:吉野選手、準優勝:中島選手、三位:小川選手 タミチャレF−1クラス優勝:桑島選手、準優勝:近藤選手、三位:鈴木選手 タミチャレM−FWDクラス優勝:若山(真)選手、準優勝:若山(廉)選手、三位:村山選手 タミチャレM−RWDクラス優勝:浅井選手、準優勝:鈴木選手、三位:宮脇選手 タミチャレEクラス優勝:山下(大)選手、準優勝:若山(廉)選手、三位:宮脇選手 タミチャレGTクラス優勝:ハシモト選手、準優勝:桑島選手、三位:浅井選手 以上でした!! 入賞された方々、おめでとうございます!! 2022年の開幕戦は1月16日(日)に開催予定です。

2021年11月21日(日) ホビープライム 岩手県盛岡市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:浅沼徹 ★タミチャレM:鴨沢一成

2021年11月28日(日) 宇宙堂本店 長野県松本市
特設会場 芳川公園スポーツ公園にて 11/28日に実施されました。 タミチャレGT 1位 市川雄隆 2位 小野和美 3位 山辺守孝 予選はTA07の市川選手、TA08を使った花岡選手、TC−01使いの小野選手と続く市川選手、車の安定感がないのか、スタート後の1週目では2か所のパイロンジャンプをし、ついに2週目で計測ライン直前のコーナーで刺さる。しかし、2番手走行の花岡選手が市川選手の車に対して横からクラッシュし、走行ラインに戻してあげるという優しい行為により?事なきを得て後続を徐々に突き放す。2番手争いが花岡選手、小野選手、山辺選手で展開されるも、ラインの違いから花岡選手と小野選手がクラッシュし、その間に山辺選手が先行。計測ライン直前のコーナーで山辺選手のインから花岡選手が仕掛けるも失敗し後退。2番手争いは山辺選手、小野選手に絞られるもすぐ後ろにはバトルに強い花村選手が迫る。 山辺選手の後ろを虎視眈々と狙う小野選手。残り3分で山辺選手が計測ライン手前のコーナーでクラッシュし、小野選手が2番手に浮上。3番手争いとなった山辺選手と花村選手がバトルを展開し、花村選手が山辺選手を徐々に追い詰めるも第一コーナーのパイロンに乗り転倒し後退。結果、ポールトゥウィンで市川選手が勝利した。  タミチャレM 1位 山辺守孝 2位 忠地義則 3位 柳沢昌明 予選はM07を使う 山辺選手、柳沢選手、忠地選手と続く。スタート周では、忠地選手と柳沢選手がコーナーでクラッシュし後退、市川選手が2番手に浮上。しかしコーナーの立ち上がりが強いM07であっという間に忠地選手が抜き返し2番手に。3番手以下は4台がバトルを展開。3番手争いをしてる花岡選手と柳沢選手が軽く接触し、柳沢選手が後退、その直後花岡選手パイロンに乗り転倒し後退。棚ぼたで3番手争いに市川選手と花村選手が繰り上がる。市川選手と花村選手がバトルしている間に、徐々に柳沢選手が詰め寄る。花村選手の猛追により市川選手インフィールドでラインミス。そのスキに簡単にパスし3番手に花村選手が浮上。残り1分、計測ライン手前コーナーで花村選手に魚雷をしてしまった市川選手。停止し待つ間に柳沢選手が3番手に。3番手以下を周回遅れにした山辺選手がポールトゥウィン。  タミチャレE 1位 市川雄隆 2位 花岡孝之 3位 太田俊治 予選は市川選手、花岡選手、太田選手 スタートから淡々とすすみ、市川選手が後続を引き離す展開 市川選手、3番手の太田さんをラップし、残り1分で2番手の花岡選手を射程距離に収める。残り10秒で花岡選手に対してラップ差0.5秒まで迫るも時間が切れる。ポールトゥウィンで市川選手が勝利した。  レーシングトラック 1位 花村良雄 2位 柳沢昌明 3位 横山智昭 予選は花村選手、柳沢選手、横山選手と続く 一週目で横山選手がミスをし、忠地選手が3番手に浮上するも、花村選手が2番手以降を引き離す展開。柳沢選手インフィールドにてパイロンに乗って向きが変わったところに忠地選手が接触。これにより、忠地選手が2番手に上がり、少しずつ1位走行の花村選手に追いつきつつある状況が続く。レース時間残り1分、花村選手に対して猛追していた忠地選手がパイロンに乗って転倒し後退。柳沢選手が2番手に、また横山選手も3番手に繰り上がる花村選手が安定した走行で、ポールトゥウィン。

2021年11月28日(日) NAKAI RC FIELD 岡山県高染市
今年最後となったタミヤチャレンジカップも、5クラス行い、全クラス予選4分2回、決勝4分1回としました。2WDバギーは予選TQがTRF201宮崎選手、決勝は2位に1LAP差を付け宮崎選手が優勝、2位TRF201森田選手、3位TRF211XM岸野選手でした。4WDバギーは予選TQがDB01宮崎選手、決勝はAメイン宮崎選手が優勝、2位は同一周回でDB01森田選手、3位DB01山本選手、Bメイン優勝は、DB01古川選手でした。クラシックバギーは予選TQがトップフォースEVO.2021森田選手、決勝は森田選手が優勝、2位トップフォースEVO.2021中村選手、3位ファイヤードラゴン2020宮崎選手でした。コミカルバギーは全車GF−01CBで、予選TQが森田選手、決勝は宮崎選手が優勝、2位中村選手、3位森田選手でした。2WDスポチュンGTクラスは予選TQが宮崎選手、決勝はAメイン宮崎選手が優勝、2位中村選手、3位森田選手、Bメイン山本選手が優勝でした。2022年は暖かい時期に開催予定です。奮ってご参加下さい。 ■各クラスの優勝者 ★2WDバギー:宮崎将行 ★4WDバギー:宮崎将行 ★クラシックバギー:森田覚 ★コミカルバギー:宮崎将行 ★2WDスポチュンGT:宮崎将行

2021年11月28日(日) らじこん屋東近江店 滋賀県東近江市
11/28にタミヤチャレンジ In K2サーキット第7戦を開催させて頂きました コロナウイルスの感染拡大防止の為、下記事項をお願いして開催させて頂きました 体調の優れない方の参加はお断りします 体温測定の管理(37度を超えた場合のイベント参加はお断りさせて頂きます) 飛散防止の為、マスク着用お願いします 3密を避ける為に屋内と屋外ピット分かれて使用お願いします 消毒、手洗い等確実にして下さい 感染予防対策にご協力お願いします。朝晩が寒くなって来ましたが タミチャレGT 11名 タミチャレZERO 8名 合計15名参加頂きました タミチャレGTは11名参加頂きましたのでA&Bメインにわかれて開催しました。予選 PP 奥道選手 2位 北谷選手 3位 三澤選手 4位 高村選手 5位 谷本選手 ここからBメイン 6位 小川選手 7位 玉木選手 8位 影山選手 9位 杉田選手 10位 横田選手 11位 浦谷選手。 決勝 Bメイン 予選1&2位の小川&玉木選手がレースをリードします 3位はコースに慣れてきたのかな??横田選手が追います 1位 小川選手 2位 玉木選手 3位 横田選手 4位 杉田選手 5位 浦谷選手 6位 影山選手となり小川&玉木選手が勝ち上がりとました Aメイン スタートから奥道選手が飛び出し北谷選手が追います 中盤までマッチレースが続きますが逃げ切り優勝。 優勝 奥道選手 2位 北谷選手 3位 高村選手 4位 三澤選手 5位 小川選手 6位 玉木選手 7位 谷本選手となりました タミチャレZEROクラスは8名の参加して頂きました。 予選 PP 谷本選手 2位 小川選手 3位 三澤選手 4位 中田選手 5位 玉木選手 6位 和田選手 7位 影山選手 8位 浦谷選手となりました 決勝 序盤 谷本選手が逃げますがミスもあり小川選手が首位 2位争いは中田選手と和田選手。 優勝 小川選手 2位 中田選手 3位 和田選手 4位 谷本選手 5位 玉木選手 6位 三澤選手 7位 影山選手 8位 浦谷選手となりました 参加頂きました皆様ありがとうございました 本年の上記クラスのイベントは終了となりました 新年も参加お待ちしています。

2021年11月28日(日) RCパーク ら・じれ 広島県福山市
■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:島広樹 ★タミチャレM:皿田智也

2021年11月28日(日) RUNS’サーキット 福島県本宮市
タミチャレ第8戦を開催しました。参加者は感染対策を行い参加。★タミチャレMクラス 優勝山下選手 2位 浜尾選手 3位 ふわり選手 ★タミチャレF1クラス 優勝 山下拓選手 2位 浜尾選手 3位 八巻嵐選手 ★タミチャレZEROクラス 優勝 ふわり選手 2位 山下選手 3位 五十嵐選手 ★タミチャレGTクラス 優勝 ふわり選手 2位 五十嵐選手 3位 浜尾選手 ★ライダーチャレンジクラス 優勝 五十嵐選手 2位 塙選手 3位 ふわり選手

2021年11月28日(日) りとるてっくitaサーキット(RCアーベント) 宮城県名取市
11/28(日)にタミチャレ第11戦を開催。路面が乾くのを待ってレーススタート。タミチャレMクラスは、PP佐藤直樹さんが鈴木さんとトップ争い。一時ミスから2番手に後退するも最後に鈴木さんのミスに乗じて逆転優勝となった。タミチャレGTクラスはPP相澤さんと佐藤直樹さんのトップ争い。終盤まで接戦となったが、直樹さんの追走を凌ぎ切って相澤さんが優勝を果たした。コミカルクラスは今回も序盤から相澤さんが快走、独走優勝となった。タミチャレEクラスは、PP梅森さんを阿部さんが追走するも、中盤以降差を広げた梅森さんが逃げ切り優勝を果たした。F1クラスは、PP直樹さんが序盤からリードを広げたが、中盤にミスから一気に差が詰まる。しかし再度差を広げた佐藤 直樹さんが逃げ切り優勝となった。 ■各クラスの優勝者 ★タミチャレGT:佐藤直樹 ★タミチャレM:相澤和昭 ★タミチャレE:梅森伸也 ★タミチャレF1:佐藤直樹 ★コミカルバギー:相澤和昭