ヒューマンインタフェースサイバーコロキウムのご案内

⇒ヒューマンインタフェース学会について

特定非営利活動法人ヒューマンインタフェース学会による学術的会合「ヒューマンインタフェースシンポジウム」。本年は当初、静岡市で開催を予定されておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、完全オンラインにて新たに「ヒューマンインタフェース サイバーコロキウム」として10/17-18に開催されることになりました。
本来は学会会員と関係者のみが参加できる催しでしたが、オンライン開催となったことで、タミヤが協力し静岡大学が制作した映像コンテンツにつきましては限定配信でご覧いただけます。

「インタフェースとしてのホビー」   
静岡県を代表する企業のひとつである株式会社タミヤ,および同社やホビー文化について研究を進められてきた静岡大学教育学部芳賀研究室の全面的なご協力をいただき,一般公開イベントとしての「特別講演」が実現しました.事前にお申し込みいただいた方は,本特別講演を無料で視聴することができます.ぜひこの機会に視聴していただき,人と人をつなぐ,あるいは人と教育,人と新技術をつなぐ「インタフェース」の多様な側面に思いを巡らせていただければ幸いです.


《日時・手段
2020年10月18日(日)12:50〜13:50 
※ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム参加登録済の方,及び本特別講演に事前申込いただいた方への限定配信

《詳細・お申込み
⇒ヒューマンインタフェース学会の専用ページをご覧ください。