対戦型ロボット競技会

中学生を対象に、ロボットを組み立て、一定時間内に得点を競います。

★ロボット製作授業のクライマックスや、販売店でのイベントにもおすすめ!

競技用コート
競技用コート

【 競技規定 】
有線式リモコンロボットを操縦し、ピンポン玉を時間内にいかに多く相手コートに入れるかを競う競技です。

 1. ロボットに関する規定

(1) ロボットは有線式のリモコン操作とし、電源は3Vまで。使用モーターは4個以内とする。
(2) ロボットのサイズは、自分のコートに収まれば、大きさ、重量の制限はない。


 2. コートに関する規定

(1) コートの大きさは自由だが、基本は1200×1200mmとし、高さ50mmの壁で半分に仕切る。コートの周りは、ピンポン玉が飛び出さないよう高めの壁で囲う。
(2) コートの対角にスタートコーナーを2ヶ所設ける。スタートコーナーの反対側には、スタート時にピンポン玉を設置するエリアを設ける。また、中央の壁との角に240×165×70mm程度の箱を設置し2点エリアとする。この箱は100円ショップなどで売られているものを利用する。※コートのくわしい平面図はこちら。

コート平面図

 3. 競技に関する規定

(1) ピンポン玉は、スタート時設置エリアに10個、2点エリアに5個置く。
(2) 相手エリアの点数が自分の得点となる。点数は、2点エリアが2点、それ以外が1点とする。従ってスタート時は20点づつとなる。相手エリアにピンポン玉を入れることによって、自分の点数を増やし相手の点数を減らす。
(3) ロボットはスタート時、スタートコーナーに接触するように置く。どちら向きに置いてもかまわない。
(4) ロボットが倒れたり動かなくなった場合は移動しても良いが、再スタートはスタートコーナーから行う。
(5) 競技中、コート外へ飛び出したピンポン玉はコート内に戻さない。競技終了時、ロボットが持っているピンポン玉やコート外のピンポン玉は得点には数えない。
(6) 競技時間は180秒とし、点数の多い方を勝ちとする。また、時間内にどちらかの競技者の得点が0点となった時点で終了となる。同点の場合、2点エリアの得点が多い方を勝ちとする。それでも決着が付かない場合は再試合を行うが、早く得点を入れた方が勝ちとなるサドンデス方式とする。

※2点エリアから相手の2点エリアにピンポン玉を運ぶことが最も効率の良い勝ち方です。従って、2点エリアからいかにピンポン玉を取り出すかがロボット作りのポイントとなります。


【 競技用コート製作例 】
中学校のロボット製作授業で実際に使われているコートをご覧ください。
コート1 コート2

★競技に使うロボットの製作例はこちらで見られます。

工作・ロボクラフト情報

情報は2003年4月17日現在のものです。商品の仕様等は変更される場合があります。