【レポート】2018年1月28日(日):ミニ四駆グランプリ2018 NEW YEAR 東京大会

2018.02.08

■会場:品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
2018年の幕開けとなる、ミニ四駆グランプリ2018 NEW YEAR第3戦は東京大会!会場は品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン。合計2,430名の選手が参加しました。 

●ニューイヤー公式サーキット『2018ビギニングハンターサーキット』(約185m)
スタートしてまず待ち構えるのは『バウンシングホップ』。スロープと90度カーブとの組み合わせからなる『ホップ』セクションに バウンシングストレートが新たに加わりました。
スロープを降りた先に、レザーブランド 「オジャガデザイン」の名を冠した『Ojaga Headz』ドラゴンバックセクションが登場。その後のレーンチェンジはライジングチェンジャー60
コース中盤はバンクセクションが連続する『ドッグゲート30-G20』。30度バンクとグライドバンク20をいかにスムースに抜けるかが勝負のカギを握るでしょう。
最後はストレートとコーナーをバランスよく配置し、180度ターンする『U-turn』で1周終了となる、1周約185mのコースとなります。


  • ミニ四駆グランプリ2018NEW YEAR公式コース 『2018ビギニングハンターサーキット』レイアウト。

  • 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンB1Fにコースを3面設置。

  • ミニ四駆グランプリ2018ニューイヤー、スプリングまでの期間、ミニ四駆公認競技会規則特別ルールが適用され よりエキサイティングなレースを楽しめます。


  • 『ドッグゲート30-G20』では、30度バンクとグライドバンク20をいかにスムースに抜けるかが重要です。

  • オープンクラス優勝者のガッツポーズ!

  • NEW YEARも残り2戦、今まで以上のレースに期待してKeep on Running!

  • コンクールデレガンス 櫻井なる賞

  • コンクールデレガンス MC GUY賞

  • コンクールデレガンス MC ウッツ賞

  • コンクールデレガンス アイデア賞

  • コンクールデレガンス カワイイで賞

  • コンクールデレガンス NEW YEAR賞

  • コンクールデレガンス モデリング賞






  • 【チャンピオンズ】
    ・優勝車スペック
    ボディ:マンモスダンプ プラボディ
    シャーシ:MS
    モーター:ハイパーダッシュPRO
    ギヤ比:3.5:1
    タイヤ:カスタムタイヤ

  • 【ジュニアクラス】
    ・優勝車スペック
    ボディ:ウイニングバードフォーミュラー クリヤーボディ
    シャーシ:MS
    モーター:ハイパーダッシュPRO
    ギヤ比:3.7:1
    タイヤ:カスタムタイヤ

  • 【オープンクラス】
    ・優勝車スペック
    ボディ:サンダーショット Jr. クリヤーボディ
    シャーシ:MA
    モーター:マッハダッシュPRO
    ギヤ比:3.7:1
    タイヤ:ローハイトカスタム

  • 【特別表彰選手】
    ・優勝車スペック
    ボディ:ウイニングバードフォーミュラー クリヤーボディ
    シャーシ:MS
    モーター:ハイパーダッシュPRO
    ギヤ比:4.0:1
    タイヤ:カスタムタイヤ