【レポート】2018年1月21日(日):ミニ四駆グランプリ2018 NEW YEAR 掛川大会

2018.02.07

■会場:東遠カルチャーパーク さんりーな(静岡県掛川市) 
2018年の幕開け、ミニ四駆グランプリ2018 NEW YEAR第2戦は静岡・掛川大会!参加者は1334名でした。

●ニューイヤー公式サーキット『2018ビギニングハンターサーキット』(約185m)
スタートしてまず待ち構えるのは『バウンシングホップ』。スロープと90度カーブとの組み合わせからなる『ホップ』セクションに バウンシングストレートが新たに加わりました。
スロープを降りた先に、レザーブランド 「オジャガデザイン」の名を冠した『Ojaga Headz』ドラゴンバックセクションが登場。その後のレーンチェンジはライジングチェンジャー60
コース中盤はバンクセクションが連続する『ドッグゲート30-G20』。30度バンクとグライドバンク20をいかにスムースに抜けるかが勝負のカギを握るでしょう。
最後はストレートとコーナーをバランスよく配置し、180度ターンする『U-turn』で1周終了となる、1周約185mのコースとなります。


  • ミニ四駆グランプリ2018NEW YEAR公式コース 『2018ビギニングハンターサーキット』レイアウト。

  • 東遠カルチャーパーク さんりーなに2面設置。

  • 『掛川市限定バージョンブラストアロー』や『茶のみやきんじろう ストラップ キーホルダー』など、掛川大会を記念した商品が販売されました。

  • さんりーな入り口付近の広場はたくさんの屋台が出店、地元グルメも楽しめます。

  • ファミリークラスのスタートシーン。
    シグナルが青に変わったらスタートです。

  • オープンクラス優勝者のガッツポーズ!

  • コンクールデレガンス 櫻井なる賞


  • コンクールデレガンス MC GUY賞

  • コンクールデレガンス MC ウッツ賞

  • コンクールデレガンス 掛川賞

  • コンクールデレガンス カラーリング賞

  • コンクールデレガンス モデリング賞

  • コンクールデレガンス 精巧賞



  • 【チャンピオンズ】
    ・優勝車スペック
    ボディ:ウイニングバードフォーミュラー クリヤーボディ
    シャーシ:MS
    モーター:マッハダッシュPRO
    ギヤ比:3.7:1
    タイヤ:中径ローハイトカスタム

  • 【ジュニアクラス】
    ・優勝車スペック
    ボディ:ウイニングバードフォーミュラー クリヤーボディ
    シャーシ:MS
    モーター:ハイパーダッシュPRO
    ギヤ比:3.5:1
    タイヤ:小径カスタム

  • 【オープンクラス】
    ・優勝車スペック
    ボディ:エアロアバンテ クリヤーボディ
    シャーシ:MS
    モーター:ハイパーダッシュPRO
    ギヤ比:3.5:1
    タイヤ:ローハイトカスタム

  • 【特別表彰選手】
    ・優勝車スペック
    ボディ:ウイニングバードフォーミュラー クリヤーボディ
    シャーシ:MS
    モーター:ハイパーダッシュPRO
    ギヤ比:4.0:1
    タイヤ:カスタムタイヤ