【レポート】2017年2月26日(日):ミニ四駆グランプリ2017 SPRING熊本大会

2017.02.26
【 スマートフォンの方へ】ページ表示が崩れる場合は、こちらをタップして表示を切り替えてご覧ください。

画像 ■会場: グリーンランド・レインボードーム(熊本県荒尾市)
ミニ四駆グランプリ2017もSPRINGシリーズのスタート!公式サーキットも一新です。まずは日本有数の広さとアトラクション数を誇る遊園地『グリーンランド』にて九州大会の開催。合計976名のレーサーが集まりました。
SPRING公式サーキット『ステップサーキット2017』、スタートしてまずは『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』が登場。会場毎に向きが変わり、こちらもダブルでのお楽しみとなります。180°ターン後は昨年も登場の『スプリングポップ』。続くセクションは『Ω(オメガ)ターン』。小刻みにコーナーが迫りながらスロープで下り、最後はデジタルカーブも加わる複合セクションとなっています。レーンチェンジは新アングルの『セレブレートチェンジャー35』。2017年はミニ四駆35周年、これまでにない角度となりますので、こちらもお楽しみに!
目だったコースアウトポイントはありませんが、油断するとどこからでも飛び出すおそれがあるレイアウトです。各パーツをしっかりと組みつけ、車体の安定性を確保しましょう。
 



会場の様子
画像SPRINGシリーズ開幕!公式サーキット『ステップサーキット2017』も新登場です。 画像熊本グリーンランドのレインボードーム内にサーキットを2面設置しました。 画像MCガッツと櫻井なるさん。メインの司会進行・実況などを行います。
 
画像
ジュニアクラス・ファミリークラスを実況いたします、MC GUYとMCウッツ です!
画像車検場では公認競技会規則に沿ってマシンをチェック。このあとはすぐ出走です。 画像『ステップサーキット2017』最初の特殊セクション『ダブルバウンシングストレート』。今回は「A→B、A→B」の構成。
 
画像続く『スプリングポップ』は、昨年も多くのマシンを悩ませたセクションです。 画像複合セクション『Ω(オメガ)ターン』は、スピードを落とさず通過したい! 画像最終セクション、新アングルのレーンチェンジ『セレブレートチェンジャー35』。
 
画像コンクールデレガンスの審査にはジュニア審査員も参加。 画像ジュニアクラス優勝決定戦の様子。 画像オープンクラス優勝者のガッツポーズ!

ご参加いただいた皆さん
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像
ツイッターのミニ四駆アカウント<@mini4wd>ではたくさんのコンクールデレガンス参加マシンや、イベント関連画像・動画をアップしています。ぜひフォロー&チェックしてみてください。

コンクールデレガンス
入賞作品のほか、出品された作品の一部もご紹介しています。
画像【最優秀賞】 画像【優秀賞】 画像【優秀賞】
 
画像【MCガッツ賞】 画像【櫻井なる賞】 画像【MC GUY賞】
 
画像【MC ウッツ賞】 画像【タミヤ賞】 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像

入賞者・入賞マシン
画像 画像 画像
 
画像【チャンピオンズ】
・優勝車スペック
ボディ:アバンテMKll クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:パワーダッシュ
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:大径カスタム
 
画像【ジュニアクラス】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットMkll  クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:スプリントダッシュ
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:カスタムタイヤ
画像【オープンクラス】
・優勝車スペック
ボディ:ウィニングバード クリヤーボディ
シャーシ:AR
モーター:パワーダッシュ
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:ハードカスタム