【レポート】2017年2月12日(日):ミニ四駆グランプリ2017 NEW YEAR愛媛大会

2017.02.12
【 スマートフォンの方へ】ページ表示が崩れる場合は、こちらをタップして表示を切り替えてご覧ください。

画像 ■会場:テクスポート今治メインホール(愛媛県今治市)
ミニ四駆グランプリ2017 NEW YEARは四国に上陸!愛媛大会の開催です。会場はタオルも買える今治市観光の中枢「テクスポート今治」のメインホール。参加者は合計828名でした。
New Year公式『2017ビギニングサーキット』は新年の干支・酉にちなんだ全長167mの高速サーキット。『ビギニングバンプ』を越えたら鋭角に折り返す『Kokekok Korner』、ヘアピンカーブ『180(ワンエイティ)』から『Low Mountain』はバランス・スピードを維持しながらスムーズにクリアしたいところ。レーンチェンジは傾斜60度の『ライジングチェンジャー60°』、そして最後に2017年新セクション『バウンシングストレート(A/B)』が登場!
今回のレースもかなりのハイペースで進行。オーバースピードでコースアウトするマシンも見受けられましたが、レース後にも一通りのメンテナンスを行っておくのがおすすめです。次回走行時の準備がスムーズです。
新セクション『バウンシングストレート(A/B)』は各大会ごとに向きが変わり、「A→B」と「B→A」では特性も変化。セッティング変更の必要があるかもしれません。セクション自体の難易度は高くありませんが、あなどれません。
 


会場の様子
画像NEW YEAR公式サーキット『2017ビギニングサーキット』 画像「テクスポート今治」のメインホールに2面設置。 画像車検場では公認競技会規則に沿ってマシンをチェック。このあとはすぐ出走です。
 
画像ファミリークラスのスタートシーン。シグナルが青に変わったらスタートです。 画像ジュニアクラスのスタートシーン。 画像オープンクラスのスタートシーン。
画像チャンピオンズのスタートシーン。 画像新セクション『バウンシングストレート』は「A→B」配置。 画像今年のドイツのシュピールヴァーレンメッセで発表された新製品もいちはやく展示。
 
画像地元グルメが楽しめる屋台も、大好評! 画像決勝参加を勝ち抜いた方は、勝ち抜きプレートを渡されます。 画像オープンクラス優勝決定戦、勝利のガッツポーズ!!

ご参加いただいた皆さん
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像

コンクールデレガンス
入賞作品のほか、出品された作品の一部もご紹介しています。
画像【最優秀賞】 画像【優秀賞】 画像【優秀賞】
 
画像【桜井なる賞】 画像【MC GUY賞】 画像【MC ウッツ賞】
 
画像【タミヤ賞】 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
ツイッターのミニ四駆アカウント<@mini4wd>ではたくさんのコンクールデレガンス参加マシンや、イベント関連画像・動画をアップしています。ぜひフォロー&チェックしてみてください。

入賞者・入賞マシン
画像 画像
 
画像
 
画像【チャンピオンズ】
・優勝車スペック
ボディ:ウィニングバード フォーミュラー クリヤーボディ
シャーシ:MS
モーター:マッハダッシュPRO
ギヤ比:3.7:1
タイヤ:小径ハードタイヤ
画像【ジュニアクラス】
・優勝車スペック
ボディ: ウィニングバードフォーミュラー クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:パワーダッシュ
ギヤ比:3.7:1
タイヤ:大径カスタム
画像【オープンクラス】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットJr.  クリヤーボディ
シャーシ:AR
モーター:ハイパーダッシュ3
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:ローハイトカスタム