【レポート】2016年8月14日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 仙台大会

2016.08.14
【 スマートフォンの方へ】ページ表示が崩れる場合は、こちらをタップして表示を切り替えてご覧ください。

画像 ■会場:仙台サンフェスタ・1階イベントホール (仙台市若林区)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
8月も半ばにさしかかり、今回は仙台大会。会場は仙台市の産業見本市会館「仙台サンフェスタ」。参加者は合計1,507名でした。
戦いの舞台となる公式サーキットは『ウルトラバーニングサーキット 2016』。激しい高低差が不測の事態を呼ぶ『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など難セクションが待ち受けます。
『ジ・アルプス』の下り、『アイガーステップ』で転倒するマシンも多く見受けられます。上りの『アイガースロープEvo.』で適切に減速するためのブレーキ、ジャンプ時の姿勢を保つマスダンパー等のセッティングを工夫してみましょう。
 



会場の様子
画像ジャパンカップ2016公式サーキット『ウルトラバーニングサーキット 2016』、東北へ! 画像仙台サンフェスタのイベントホールにサーキットを2面設置。 画像レース直前の本車検。マシンが公認競技会規則に沿って製作されているかどうかを確認します。
 
画像ジュニアクラスのスタートシーン。 画像「ジ・アルプス」を通過するマシン。転倒多発地帯につき、まっすぐ・低く飛びたいところ。 画像「バーティカルチェンジャー」攻略には一定のトルクとスピードが必要になります。
 
画像レースを見守るファミリークラスの選手たち。 画像公式レースでは素敵なプレゼントが当たる「お楽しみ抽選会」も開催しています。 画像誰でも走行できるオープンコース。マナーを守り譲り合って楽しく使ってください。

ご参加いただいた皆さん
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像


コンクールデレガンス
入賞作品のほか、出品された作品の一部もご紹介しています。
画像【最優秀賞】 画像【優秀賞】 画像【優秀賞】
 
画像【櫻井なる賞】 画像【MC GUY賞】 c_06tami【タミヤ賞】
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
ツイッターのミニ四駆アカウント<@mini4wd>ではたくさんのコンクールデレガンス参加マシンや、イベント関連画像・動画をアップしています。ぜひフォロー&チェックしてみてください。

入賞者・入賞マシン
画像 画像 画像
 
画像【チャンピオンズ】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットMk.II クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:ハイパーダッシュ2
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:カスタムタイヤ
 
画像【ジュニアクラス】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットJr. クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:ハイパーダッシュ3
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:大径カスタム
画像【オープンクラス】
・優勝車スペック
ボディ:ネオトライダガー ZMC クリヤーボディ
シャーシ:MS
モーター:ハイパーダッシュPRO
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:スーパーハードローハイトタイヤ