【レポート】2016年8月7日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 愛媛大会

2016.08.07
【 スマートフォンの方へ】ページ表示が崩れる場合は、こちらをタップして表示を切り替えてご覧ください。

画像 ■会場:テクスポート今治メインホール(愛媛県今治市)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
8月はテクスポート今治にて第6戦・愛媛大会からのスタート。参加者は合計1,159名でした。今年も地元グルメの屋台が登場したほか、今治市のお祭り「おんまく」とも時期が重なり、夏休み気分を満喫していただきました。
戦いの舞台となる公式サーキットはジャパンカップ2016共通の『ウルトラバーニングサーキット 2016』。激しい高低差が不測の事態を呼ぶ『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など難セクションが待ち受けます。ブレーキセッティングなどを工夫して挑みましょう!
 



会場の様子
画像ジャパンカップ2016公式サーキット『ウルトラバーニングサーキット 2016』、四国へ参上です。 画像今治市の産業と観光の拠点「テクスポート今治」内の大ホールにサーキットを2面設置。 画像「マシンチェックコーナー」ではサイズ・車高を確認できます。改造についてのご相談も承ります。
 
画像こちらはレース出走前の本車検。公認競技会規則にもとづき皆さんのマシンを確認します。 画像ジュニアクラスのスタートシーン。シグナルの赤いランプが青に変わる瞬間に意識を集中しています。 画像「ダブルドラゴン」を通過、「ニューエラターン」に突入!
 
画像ファミリークラスのレースの様子です。選手もご父兄もそろってマシンの行方を見守ります。 画像「ジ・アルプス」下りのアイガーステップを一斉に駆け下ります! 画像ホールの外では地元グルメで舌鼓!

ご参加いただいた皆さん
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像

コンクールデレガンス
入賞作品のほか、出品された作品の一部もご紹介しています。
画像【最優秀賞】 画像【優秀賞】 画像【優秀賞】
 
画像【MCガッツ賞】 画像【櫻井なる賞】 画像【MC GUY賞】
 
画像【MCウッツ賞】 画像【タミヤ賞】 画像
 
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像
ツイッターのミニ四駆アカウント<@mini4wd>ではたくさんのコンクールデレガンス参加マシンや、イベント関連画像・動画をアップしています。ぜひフォロー&チェックしてみてください。

入賞者・入賞マシン
画像 画像 画像
 
画像【チャンピオンズ】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットMk.II クリヤーボディ
シャーシ:FM化スーパーXX
モーター:ハイパーダッシュ3
ギヤ比:4:1
タイヤ:ローハイトカスタム
 
画像【ジュニアクラス】
・優勝車スペック
ボディ:エアロアバンテ クリヤーボディ
シャーシ:MA
モーター:マッハダッシュPRO
ギヤ比:3.7:1
タイヤ:ローハイトカスタム
画像【オープンクラス】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットMk.II  クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:ハイパーダッシュ2
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:大径カスタム