【レポート】2016年6月19日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 東京大会1

2016.06.19
【 スマートフォンの方へ】ページ表示が崩れる場合は、こちらをタップして表示を切り替えてご覧ください。

画像 ■会場:品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
まずは開幕戦となる「東京大会1」が品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンにて開催となりました。集結したレーサーは約3,300名!

戦いの舞台となる公式サーキットは『ウルトラバーニングサーキット 2016』。
角度と高さが上がった『アイガースロープEvo.』と2段階に角度が変化する『アイガーステップ』を組み合わせた『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など、バラエティに富んだセクションが次々登場する、ビッグイベントにふさわしいボリューム満点のサーキットです。

難関レイアウトとの前評判通り、実際に全車コースアウトの場面も多く見られましたが、見事完走を重ねたレーサー達による激戦の末、各クラス第1戦の勝者が決定しました。
今回は二次予選途中で雨天中断の後、サーキットを移動しての再開となりました。お待ちいただいたレーサーの皆様、遅い時間までご観戦いただいたギャラリーの皆様にご不便のお詫びとご協力のお礼を申し上げます。
ジャパンカップはまだ始まったばかり。これからも沢山のレーサーの挑戦をお待ちしています!
 



会場の様子
画像ジャパンカップ2016公式サーキット『ウルトラバーニングサーキット 2016』登場! 画像品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンにサーキット3面を設置 画像前年チャンピオンの開幕宣言と共に、いよいよジャパンカップ2016が開幕!
 
画像昨年優秀な成績をおさめたレーサー達による始走式。 画像ジャパンカップ2016の舞台・『ウルトラバーニングサーキット 2016』。 画像いよいよレーススタート。まずは『クイックターン』に突入!
 
画像『グライドバンク45°』を通過。 画像『ダブルドラゴン』、龍の背から振り落とされるな! 画像『NEW ERAターン』も油断はできない!
 
画像そびえたつ『ジ・アルプス』が待ち受けます。 画像そして姿を現す『バーティカルチェンジャー』。 画像『富士通トリプルエス』での逆転劇も見られました。
 
画像雨天中断をはさみましたが、無事 第1戦の勝者が決定。 画像見た目を競うコンクールデレガンスも開催。今回も大盛況でした。 画像コンクールデレガンス最優秀賞にも、NEW ERAのオリジナル・チャンピオンキャップが贈られます。

ご参加いただいた皆さん
画像 画像 画像
 
画像 画像 画像

コンクールデレガンス
入賞作品以外の作品も後日追加掲載してご紹介いたします。
画像【最優秀賞】 画像 画像【優秀賞】
 
画像【優秀賞】 画像【MCガッツ賞】 画像【櫻井なる賞】
 
画像【MC GUY賞】 画像【タミヤ賞】
ツイッターのミニ四駆アカウント<@mini4wd>ではたくさんのコンクールデレガンス参加マシンや、イベント関連画像・動画をアップしています。ぜひフォロー&チェックしてみてください。

入賞者・入賞マシン
画像 画像 画像
 
画像【チャンピオンズ】
・優勝車スペック
ボディ:サンダーショットJr. クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:トルクチューン
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:大径カスタム
 
画像【ジュニアクラス】
・優勝車スペック
ボディ:アバンテMk.III アズール クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:ハイパーダッシュ3
ギヤ比:3.7:1
タイヤ:大径ハードカスタム
画像【オープンクラス】
・優勝車スペック
ボディ:マンタレイMk.II クリヤーボディ
シャーシ:VS
モーター:ハイパーダッシュ3
ギヤ比:3.5:1
タイヤ:カスタムタイヤ