Item No:48205

1/35RCタンクシリーズ No.5

1/35RC ドイツ戦車パンサーG後期型

GERMAN PANTHER TYPE G LATE VERSION (w/4ch CONTROL UNIT)

2008年3月22日(土)発売 生産休止

14,904円(本体価格13,800円)

全長=257 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 実感あふれる車体をRCでコントロール 】 第二次大戦末期のドイツ軍の主力戦車として活躍したパンサーG型をモデル化した1/35スケールの電動ラジオコントロールタンク組み立てキットです。車体上部や砲塔は精密な再現が魅力の1/35ミリタリーミニチュアシリーズのもの。迷彩塗装などに腕をふるうのも楽しみです。車体下部や転輪などはRC用の専用設計。走行用ギヤボックスは組み立て済み、砲塔旋回・砲身上下用ギヤボックスは一体型で搭載も手軽。前後進、左右信地旋回から超信地旋回、そして砲塔旋回、砲身上下をコントロールできます。付属の4ch送信機「アクトコム」は操作しやすいコンパクトなボタンタイプ。FM27MHz帯の6バンドを用意して、クリスタルが違えば6台での同時走行も可能。RCメカも付いたフルセットです。

【 ドイツ戦車 パンサーG後期型について 】 第二次大戦の独ソ戦で、すべてのドイツ戦車を時代遅れとしたソ連のT34中戦車を凌駕するため、ドイツが総力をあげて開発したのがV号戦車パンサーです。1943年に戦場に登場。傾斜装甲による優れた防御力の車体に700馬力のマイバッハHL230P30 4ストロークV型12気筒ガソリンエンジンを搭載して路上での最大速度55km/hを発揮。主砲としてタイガーI の8.8cm砲にも劣らぬ貫徹力を持つ長砲身70口径の7.5cm戦車砲を装備していました。中でも集大成といわれるG型はそれまでのD型、A型を改良して1944年3月から量産を開始。また1944年後半からは戦訓をとり入れた改良も行われ、跳弾を防ぐために下部が角形となった防盾や消炎装置付き排気管、エンジングリル上には室内用ヒーターユニットも取り付けられました。パンサーG型の生産は工場が連合軍に占領された1945年4月まで続けられ、2,953輌が完成。大戦末期のドイツ軍主力戦車として終戦のその日まで戦い続けたのです。

【 基本スペック 】 ●全長257mm ●全幅94mm ●全備重量325g ●モーター4個付き

【 別にお求めいただくもの 】 ●走行用単4形アルカリ電池4本 ●送信機用6P形9Vアルカリ電池1本

情報は2008年03月11日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。