イタレリ:1/35魚雷艇シリーズ 5619

1/35 イギリス海軍魚雷艇 ボスパー MTB74 サン・ナゼール強襲 (エッチングパーツ付)
Vosper MTB 74 St.Nazaire raid
Item No:37119 2015年10月31日(土)ごろ発売 15,120円(本体価格14,000円)
製品画像
全長=630mm 

【 サン・ナゼールの乾ドック 】 フランスの大西洋岸に位置する港湾都市として古くから発展した町、サン・ナゼール。1935年、フランスの超大型豪華客船「ノルマンディー」を建造するために作られた巨大な乾ドックは、第二次世界大戦でドイツがフランスを占領すると軍事戦略上、極めて重要な施設となりました。ドイツ海軍にとってサン・ナゼールの乾ドックはビスマルク級戦艦を大西洋側で唯一収容できる能力を持っていたためです。ここには大規模なUボート基地も建設され、ドイツ海軍の主要基地として厳重な防御体制が敷かれていました。

【 乾ドック破壊作戦の立案 】 この乾ドックを破壊すれば、大型艦艇は修理のためにドイツ本国まで移送する必要があり、ドイツ海軍の行動を制限する事が期待できるとして、1941年末からイギリス軍で乾ドック破壊作戦の様々な案が検討されました。その結果、厳重な防御を突破し、乾ドックを破壊する方法として、大量の爆薬を船首に搭載した駆逐艦を衝突させて自爆させるという大胆な案が実行に移されました。作戦のコードネームは「チャリオット」。衝突・爆破させる駆逐艦は第一次大戦時に建造され旧式化していた「キャンベルタウン」を使用。港内の浅瀬を通過するために船体の徹底的な軽量化など大規模な改造が施され、船首には起爆装置の付いた4.5トンの爆薬を搭載。これを支援する2隻の駆逐艦や潜水艦1隻、魚雷で港湾施設を破壊する魚雷艇「MTB74」、地上施設の破壊・攻撃を担当する兵士を輸送・収容する小型舟艇十数隻を投入。イギリス海軍と英軍特殊部隊(ブリティッシュ・コマンドス)の622名が作戦を担当し、1942年3月28日に決行されました。

【 チャリオット作戦の実行 】 3月27日の深夜、ドイツの船団に偽装してサン・ナゼール軍港に接近したイギリス軍艦艇がイギリス海軍旗を掲げるとドイツ軍からの猛攻が開始されました。キャンベルタウンは多数の被弾を受けつつも速力をさらに上げて乾ドックの入り口へ衝突。船首を大きく乗り上げるかたちで停止しました。キャンベルタウンに乗船していたコマンドス部隊も下船し、港湾施設の破壊とドイツ軍守備部隊への攻撃を加えましたが、港に進入した英軍の小型舟艇も多くが途中で被弾・沈没するなど大きな損害を受けながらも作戦が続けられました。

【 キャンベルタウンの爆発 】 イギリス軍が撤収し、強襲の開始から約36時間後の28日正午、破壊された港の復旧作業やドイツ軍高官による状況視察・調査が行われている最中にキャンベルタウンに搭載されていた爆薬が起爆装置により点火。その大爆発は第二次大戦が終結するまで乾ドックの機能を完全に破壊する事に成功し、イギリス軍の目的が達成されました。この作戦により、英国へ無事帰還できた兵士は228名。多くの損害を出しつつも作戦を成功に導いた将兵たちには、ヴィクトリア十字勲章5名を含む多数の勲章が授与され、その名誉が讃えられています。

【 模型要目 】 サン・ナゼール強襲に投入されたイギリス海軍の魚雷艇「MTB74」は魚雷による水門の破壊を任務としてこれを成功させたのち、コンマドス隊員の収容・救助に当たりましたが、撤収直後に砲撃を受け沈没しています。この「MTB74」を1/35スケール、全長63cmのビッグサイズでモデル化。船首に装備された魚雷発射管やエンジン音を抑えるために取り付けられた消音装置など、本作戦のために特別に改造されたディテールを余す事なく再現しました。一体成形の船体に甲板部品をビス止めして組み立ても確実。精密感を高めるエッチングパーツや張り線用のワイヤーもセット。デカールは1種類。
パッケージ
















情報は2015年10月16日現在のものです。商品の名称、価格、発売日、仕様などは変更される場合があります。