Item No:37009

タミヤイタレリシリーズ No.9

1/48 ドイツ88mm砲FLAK37 トブルク攻防戦セット

1/48 SCALE GERMAN 88mm GUN FLAK37 “SIEGE OF TOBRUK”

2011年7月16日(土)発売 生産休止

2,808円(本体価格2,600円)

全長=124 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 88mm砲陣地の情景を手軽に楽しめる 】 北アフリカ戦線における88mm砲陣地の小情景を手軽に製作できる1/48スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。 ●88mm砲は複雑な構造を繊細なパーツ構成で立体感豊かに再現。 ●運搬用台車もパーツ化し、射撃中と輸送中の姿勢を選んで組み立てられます。輸送時の全長124mm。 ●空軍高射砲兵などの人形8体に加え、土のう29個と88mm砲弾、砲弾ケースも用意。 ●テントやドラムカン、ジェリカン、木箱、工具類などアクセサリーを豊富にセット。 ●アフリカやロシア、イタリア戦線の3種類のデカール付き。※88mm砲パーツはイタレリ社製。
【 砂漠の88mm砲 】 1942年5月26日、ロンメル将軍率いるドイツ・アフリカ軍団は要衝トブルク西方のガザラからビルハケイムを結ぶ英軍防衛ラインに対する攻撃を開始。進撃を続けるアフリカ軍団でしたが、その前に新鋭M3グラント戦車を装備する英軍戦車部隊が立ちはだかり、軍団は一転危機に陥りました。それを救ったのがドイツ空軍所属の88mm高射砲部隊です。88mm砲の正確な遠距離射撃により英軍戦車部隊は敗走。勢いを得たアフリカ軍団は6月21日にトブルクを占領しました。88mm砲がアフリカ軍団の勝利を支えたのです。

情報は2011年07月11日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。