Item No:36311

1/16 ワールドフィギュアシリーズ No.11

1/16 WWII ドイツ機関銃チーム装填手(三脚架搬送)

1/16 SCALE WWU GERMAN MACHINE GUN AMMO-BELT LOADER (CARRYING TRIPOD)

2006年9月9日(土)発売

1,620円(本体価格1,500円)

全高 約111mm
【 重機関銃チームの要となった三脚架 】 MG42機関銃用の三脚架を背負って行軍する第二次大戦中のドイツ国防軍兵士を、実感豊かな表現が魅力の1/16スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。人形の頭部はヘルメット着用と無帽の2種類から選んで組み立て可能。折りたたんだ三脚架は10数点のパーツで立体感たっぷり。前期型のワルサーホルスターなど装備品もシャープな仕上がりです。徽章類のスライドマーク、地面を模した展示ベースもセット。発売中のドイツ国防軍歩兵(行軍スタイル)と組み合わせ、行軍中の機関銃チームを再現できます。

【 機関銃チームについて 】 第二次大戦でドイツ歩兵部隊の火力の中心となったのが重機関銃チームです。指揮官を始め機関銃手や装填手、弾薬手など5名構成で、三脚架による正確な射撃を行いました。

【 三脚架について 】 ドイツ軍の主力機関銃として1942年から生産されたMG42で精密射撃を行うために装着するのが三脚架です。光学照準器をセットすれば最大射程3000m以上を誇り、銃身を自動的に俯仰させて広範囲に弾幕を張ることも可能。重量約21kgと軽量なため、兵士1名が折りたたんで搬送できました。

【 服装について 】 大戦初期のドイツ軍兵士が着用していた36年型野戦服は、緑色の襟や階級章の台座など凝った細部の仕上げが特徴でした。その後、生産性向上や迷彩効果を高めるため、これらが服本体と同色に変更されたタイプは40年型野戦服と呼ばれています。

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2006年09月04日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。