Item No:35318

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.318

1/35 フィンランド軍突撃砲 BT-42

1/35 SCALE FINNISH ARMY ASSAULT GUN BT-42

2011年7月16日(土)発売

4,104円(本体価格3,800円)

全長=157 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 独創のフォルムが語る、フィンランドの奮戦 】 第二次大戦中、フィンランド軍は捕獲したソ連戦車を自軍の重要な戦力として活用しました。その中で唯一、フィンランド国内で独自の改修が施され、突撃砲に生まれ変わったのがBT-42です。BT-7の後期タイプである1937年型をベースとし、主砲をイギリス製の114mm榴弾砲に換装するため、砲塔に箱形の巨大な張り出しが設けられたのが特徴です。1943年から44年にかけて18輌が生産され、ソ連軍防御陣地への攻撃に出撃。また1944年6月のソ連軍大攻勢では、拠点都市ヴィープリの防衛戦でソ連戦車を相手に奮戦しました。
【 模型要目 】 BT-42の1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。 ●全長157mm、全幅67mm。軽快な車体に大型砲塔を組み合わせた独特な姿を、実車取材により高い実感でモデル化。 ●主砲の多孔式マズルブレーキもスライド金型により忠実に再現。主砲装填部のパーツも用意しました。 ●短縮された前部フェンダーや雑具箱、ジャッキなども繊細な仕上がり。 ●履帯やドライブスプロケットは実車同様、BT-7 1937年型と同じタイプでパーツ化。 ●乗員の人形1体、デカール3種類付き。
  • 砲塔リヤゲートは開閉選択式で主砲装填部もパーツ化。履帯は直線部分を一体とした連結組み立て式。
  • 曲面構成のエンジンルーバーカバーなどはエッチングパーツでシャープな仕上がり。曲げ加工用の治具も用意しました。
  • デカールは3種類。フィールドグレイの単色塗装と独特な三色迷彩、戦後フィンランド軍のラウンデルの国籍マークを付けた車輌が選べます。
  • 実車のカラー細部写真を掲載したB5判オールカラーのリーフレットを初回限定でセット。製作意欲も高まります。

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2011年07月15日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。