Item No:35297

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.297

1/35 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232“アフリカ軍団”

1/35 SCALE GERMAN 8-WHEELED HEAVY ARMORED CAR Sd.Kfz.232 "AFRICA-CORPS"

2008年12月20日(土)発売

3,672円(本体価格3,400円)

全長=193 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 広大な砂漠で任務を果たした戦車部隊の目 】 第二次大戦前半、ドイツ軍の偵察部隊の中心となった大型装甲車がSd.Kfz.231シリーズです。中でもSd.Kfz.232は遠距離用の無線機を搭載し、車体上部に特徴的な大型フレームアンテナを装備。平面構成の車体に2cm機関砲とMG34機関銃を同軸装備した砲塔を搭載。路上での最大速度は90km/hで、8輪駆動による高い走破性に加え、迅速に後退するための後部操縦席や旋回半径をおさえる8輪ステアリングの凝った足まわりを備えていました。Sd.Kfz.232は優れた機動性を活かして、ヨーロッパから北アフリカ、ロシアまでのあらゆる戦線で戦車部隊の目として偵察任務を遂行。特に広大な砂漠が戦場となった北アフリカ戦線では、その実力を遺憾なく発揮したのです。
【 模型要目 】 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232の1/35スケール、プラスチックモデル組立てキットです。アフリカ軍団仕様を中心として再現。 ●全長193mm、平面構成の車体に大型フレームアンテナを備えた個性的な姿を高い実感でモデル化。 ●8輪駆動、8輪ステアリングの複雑な足まわりも立体感あふれる仕上がり。 ●金属製砲身や繊細なエッチング製の小型フック、ライトガードなどを用意。大柄な車体を引き締めます。 ●工具類や装備品もシャープな仕上がり。 ●初期タイプのジェリカンや雑のうなどアクセサリーパーツを豊富にセット。 ●熱帯服を着用した立ちポーズの将校と砲塔ハッチに収まるコマンダーの半身像付き。 ●デカールは北アフリカ戦線2種に加えバルカン戦、クルスク戦の4種類をセット。
  • 大戦初期のドイツ車輌らしい複雑な面構成の精悍な姿をリアルに再現。
  • 金属砲身とエッチングパーツを用意。モデルの細部を引き締め、存在感を高めます。

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2008年12月18日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。