Item No:35285

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285

1/35 ドイツ駆逐戦車ヘッツァー 中期生産型

1/35 SCALE GERMAN TANK DESTROYER HETZER MID PRODUCTION

2007年7月21日(土)発売

3,672円(本体価格3,400円)

全長=180.5 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 一歩踏み込んだ表現を存分に味わう 】 第二次大戦の中盤以降、連合軍戦車の火力と防御力が大幅に強化されるという厳しい戦況の下で、戦車の車体に大口径の主砲を固定式に搭載する自走砲はドイツ軍にとって重要な対戦車兵器となりました。中でもヘッツァーはチェコ製38(t)戦車の基本コンポーネントを受け継ぎ、前面装甲60mmの固定戦闘室に長砲身48口径7.5cm砲を搭載。1944年7月から部隊配備が開始され、低いシルエットを活かした待ち伏せ攻撃で威力を発揮、東西からドイツ本国に迫る連合軍にとって恐るべき強敵となったのです。ヘッツァーは各部に改良を加えながら約2,800輌という生産数を記録、戦後もチェコやスイス軍で使われました。

【 模型要目 】 駆逐戦車ヘッツァーの1/35スケール、プラスチックモデル組立てキットです。 ●全長180.5mm、傾斜装甲で身を固めたコンパクトで精悍な姿を高い実感でモデル化。 ●ザウコプフと呼ばれる特徴的な防盾や砲架の装甲カバーも複雑なフォルムを表情豊かに再現。 ●リモコン機銃は銃架なども精密感あふれる仕上がり。完成後もポリキャップを使用した旋回に加え俯仰も可能です。 ●照準器や砲隊鏡、ジャッキなど再現度の高い装備品も見所。 ●起動輪や誘導輪、転輪のボルト模様も繊細な彫刻で表現。 ●キャタピラは手軽なベルト式とパーツの一体化を進めた連結組立て式の2種類が選べます。センターガイドの肉抜きも忠実に再現。 ●コマンダーの人形1体と各戦線のマーキング4種類、大判のカラー迷彩塗装図もセット。
  • 大戦末期のドイツ車輌らしい洗練された戦闘的なフォルムをリアルに再現。
  • 銃架まで別パーツとした機銃やスライド金型を使用した照準器、シャープな仕上がりの砲隊鏡も見所。
  • リヤフェンダー上のジャッキは留め具やクランプまでパーツ化。高い再現度を目指しました。
  • 繊細なボルト模様が大径の転輪や起動輪、誘導輪にアクセントを加えます。
  • キャタピラは従来通りの手軽なベルト式と直線部分を一体パーツとした連結組立て式の2種類を用意。両者ともセンターガイドに肉抜きのモールドを施しました。
  • 車体後部のエンジン始動用クランク差込口はカバーを別パーツとして幅広い情景設定に対応。
  • 連結組立て式のキャタピラは実車同様に重量による弛みも再現。(写真はシュルツェンを外した状態です)

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2007年07月18日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。