Item No:35248

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.248

1/35 対戦車自走砲 マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型)

1/35 SCALE GERMAN TANK DESTROYER MARDER V

2001年3月発売

3,240円(本体価格3,000円)

全長=174 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII について 】 ●1941年6月、ソビエトに侵攻したドイツ軍は重装甲のKV I やKV II、そしてT34など予想外のソビエト軍新鋭戦車に遭遇しました。特にT34は1,000m以上の距離からあらゆるドイツ軍戦車の正面装甲を打ち抜く強力な76.2mm砲と分厚い傾斜装甲を備える革新的な戦車でした。当時ドイツ軍歩兵部隊が備えていた最良の50mm対戦車砲38型による近距離射撃でも、T34の正面装甲表面に傷を付けるだけだったのです。この最前線の窮状を救うため、ドイツ軍は緊急対策として旧式化していたチェコ製38(t)戦車の車体にソ連軍から捕獲、改良した長砲身7.62cm砲を搭載した対戦車自走砲マーダーIII Sd.Kfz.139 を投入、より強力な新型戦車や自走砲が登場するまで前線の危機を支えたのです。

●このマーダーIII Sd.Kfz.139 は北アフリカ戦線にも送られ、その高い攻撃力によって「ドイツ軍が88mm砲搭載の自走砲を投入」という誤報がイギリス軍内部に伝えられたと言われています。その奮戦の様子はタミヤニュース2001年4月号(Vol.383)の「ルエイサットリッジのマーダーIII」をご覧ください。

【 模型について 】 ●対戦車自走砲マーダーIII の1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。 ●全長174mm、実車の構造を意識した部品構成で独特なスタイルを忠実に再現。 ●主砲装填部や砲架、大型砲弾ラックなど戦闘室も立体感あふれる仕上がり。 ●砲身の上下動に合わせて小防盾と照準器が連動、乗員用座席や主砲固定用クランプは戦闘時と移動時の状態を選択可能。 ●乗員の人形2体、各戦線のマーキング5種類付き。

【 ひと味違うパーツ構成 】 チェコ製 38(t)戦車の車体に長砲身の7.62cm対戦車砲を組み合わせた、腰高なシルエットが特徴のマーダーIII。モデルでも車体下部をスライド金型を使用せずに部品分割するなど、これまでとはひと味違ったパーツ構成でその独特のフォルムを表現しました。







SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2007年01月29日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。