Item No:35078

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.78

1/35 イタリア突撃砲M40セモベンテ

1/35 SCALE SEMOVENTE M40-75/18

1976年3月発売 生産休止

1,404円(本体価格1,300円)

全長=142 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 第二次大戦の成功作、セモベンテ突撃砲 】 第二次世界大戦で苦戦を続けたイタリア軍にあって、もっとも成功した車輌といわれているのがセモベンテM40-75/18です。ドイツのIII号突撃砲を参考にしたと言われるイタリア軍の突撃砲、セモベンテは47mm砲を搭載するM13/40カーロアルマート戦車のシャーシを基本に回転砲塔と47mm砲のかわりに、75mm榴弾砲を搭載する固定式戦闘室を設けて作り出されました。最大射程7500mの性能を持った75mm榴弾砲はイタリア軍の装備した戦闘車両の中では優れた威力を持ち、低いシルエットも手伝って善戦したのです。後にM41、M42型と改良、ドイツ軍でもM42型のセモベンテを多数使用したと言われています。

【 模型要目 】 1/35スケール、全長142mm。第二次世界大戦のイタリア軍突撃砲、M40-75/18セモベンテのプラスチックモデル組立てキットです。 ●運転席、戦闘室内部も少ない部品でリアルに再現。 ●75mm榴弾砲は砲身基部も再現。完成後も上下左右に可動します。 ●戦闘室ハッチは開閉どちらか選んで組み立てられます。 ●独特な構成のサスペンションもメカニカルな仕上がり。 ●戦闘室の回りに取り付けるジェリカンや補助キャタピラ、さらに、土のうやジャッキ、スコップなどアクセサリーも豊富。 ●ドライバーと戦車兵の人形つき。

キットは1976年に発売されました。独特なスタイルを1/35スケールでリアルに再現。全長142mmと小型ながら、仕上がりは存在感あふれるモデルです。

情報は2005年08月03日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。