Item No:32575

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.75

1/48 ドイツ重戦車 タイガーI 後期生産型

1/48 SCALE GERMAN TIGER I LATE PRODUCTION

2013年4月27日(土)発売

2,160円(本体価格2,000円)

全長=177 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 鍛え抜かれた虎の威容を凝縮 】 1輌でシャーマン戦車5輌にも匹敵するといわれ、第二次大戦中、連合軍の大きな脅威となったのがドイツ軍のタイガーI重戦車です。重量57トンに達する車体は最大100mmもの重装甲で守られ、88mm高射砲をベースとした56口径88mm砲は、実に距離2,000mから厚さ110mmの装甲板を撃ち抜く威力を誇り、ミハエル・ヴィットマン大尉をはじめ戦車戦のエースを数多く生み出しました。1942年6月から総計1,300輌以上が生産されましたが、その中でも後期生産型はキューポラへのペリスコープの増設、ゴムを内蔵した鋼製転輪の採用など様々な改良が加えられていました。
【 模型要目 】 タイガーI後期生産型のプラスチックモデル組み立てキットです。 ●1/48スケール、全長177mm。垂直面で構成された車体や88mm砲を備えた砲塔など、重厚な姿を実感豊かにモデル化。 ●車体側面などの装甲板は、車体下部とは別パーツとして車体上部に取り付ける構成。 ●直線部分を一体パーツとしたリアルな連結式の履帯も手軽に組み立てられます。 ●車体内部のウェイトが重量感を演出。 ●実感を高めるコマンダーの半身像1体付き。 ●デカールは砲塔側面にある馬上の騎士の部隊マークで知られる第505重戦車大隊と、有名なヴィットマン大尉が所属していた第101重戦車大隊が選べます。
  • 別売りの コーティングシートセット を使えば、ツィメリットコーティングを手軽に再現できます。
  • 姿勢の低いキューポラや凄味を増した鋼製転輪などがタイガーI にさらなる迫力を加えます。(コーティングシートを貼った状態)
  • 車体内部のウェイトが重量感を演出。履帯はリアルな連結式。直線部分を組み立てやすい一体パーツとしました。

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2013年04月25日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。