Item No:30612

1/25 戦車シリーズ No.12

1/25 ドイツ戦車 パンサーA

1/25 GERMAN TANK PANTHER A

2013年6月29日(土)発売 生産休止

6,480円(本体価格6,000円)

全長=351 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 模型少年を熱狂させた傑作キット 】 第二次大戦中のドイツ戦車の中で、攻撃力、防御力、機動力などあらゆる面を総合して最も優れた戦車と言われるのが、このパンサーです。1941年夏、華々しい勝利と共に進撃を続けたドイツ軍はソビエトに侵入、ドイツ戦車は初めてT34、KV-1などソビエトの誇る新鋭戦車に出会うことになりました。ドイツ軍はその優れた戦車用法により勝利を重ねることこそできましたが、しかし当時のドイツの主力戦車III号やIV号戦車では強力な性能を持つT34やKV-1に対抗できないことが明らかとなったのです。このため、これらソビエト戦車を上回る性能を持つ新しい主力戦車として1942年初めから開発を始められたのが、V号戦車パンサーでした。パンサーは、ライバルであったソビエト軍のT34を徹底的に研究し、その長所を大幅に取り入れ、1942年の暮れから大量生産に入り、1943年の半ば頃から戦線に姿を見せるようになったのです。主砲には威力の高い長砲身70口径75mm砲を装備、車体は大幅に傾斜装甲を採用して軽量化と防御力の増加を同時に実現していました。エンジンはIV号戦車の2倍の出力を持つマイバッハHL230・出力700馬力を備え、最高速度は55km/hと軽快な運動性も持っていたのです。パンサーの生産台数はIV号戦車に次いでドイツ戦車では2番目に多い約6,000輌を記録し、大戦後期の主力戦車として活躍しました。なおA型は最初のD型に改良を加え、1943年夏頃から生産が開始されました。
【 模型要目 】 ドイツ戦車パンサーAのプラスチックモデル組み立てキットです。 ●1/25スケール、全長351mm、全幅135mm。 ●傾斜装甲で構成された車体や長砲身75mm砲を備える砲塔など、精悍な姿を存在感十分にモデル化。 ●特殊樹脂製のトーションバー式サスペンションを採用して、実車さながらの構造でスムーズに動きます。 ●リアルな樹脂製の履帯は連結組み立て済み。自然なたるみが重量感を演出します。 ●砲塔や車体の乗員用ハッチは可動式。 ●戦車兵や将校など立ち姿の人形4体をセット。 ●ドイツ軍3種に加え自由フランス軍のデカール付き。
  • 車体側面には車外装備品や予備履帯を装備。
  • 戦車兵、将校、兵士のフィギュア4体やジェリカンのパーツが付属。
  • 樹脂製の履帯は連結組み立て済み。
  • 自由フランス軍のマークが付いたパンサー戦車。(写真は実車です)

情報は2013年06月10日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。