Item No:25154

スケール限定商品

1/35 ドイツ国防軍将校・アフリカ軍団戦車兵セット

1/35 SCALE WWII WEHRMACHT OFFICER & AFRICA CORPS TANK CREWMAN

2012年7月21日(土)発売

1,080円(本体価格1,000円)

全高=約54mm

【 繊細なディテール表現が魅力的 】 ●精悍なスタイルのドイツ国防軍将校とリラックスポーズのアフリカ軍団戦車兵を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。 ●ドイツ国防軍将校は、制帽と乗馬ズボンを着用。右手はグローブを持った状態と持たない状態の2種類をセット。ヨーロッパ戦線を彷彿とさせる石畳をイメージしたベースも用意しました。 ●アフリカ軍団戦車兵は、野戦帽に編み上げのブーツなど、アフリカ戦線でよく見られるドイツ軍兵士の服装で、右手に水筒を持ったポーズでモデル化。北アフリカ戦線を思わせるサボテンが生えた砂漠のベースがリアリティを演出します。 ●単品で塗装に凝って仕上げたり、情景の名脇役として活躍させるのも楽しみです。 ●別売の階級章デカールセット(Item 12625 、 12641 )を使えばいっそうリアルに仕上げられます。

【 ドイツ国防軍将校の服装 】第二次大戦中のドイツ将校は、制服のオーダーメイドが許されていたため、その着こなしはスマートで、材質も高級なものが使用されています。大戦初期にはアンダーシャツが襟なしのため、野戦服の襟に脱着式のカラーを装着。また乗馬ズボンと乗馬ブーツも一般兵士とは異なる点で、自衛用の拳銃を携行していました。

【 アフリカ軍団戦車兵の服装 】北アフリカ戦線のドイツ軍兵士が着用した熱帯服のデザインは基本的にヨーロッパ向けと同じですが、襟が開襟となりオリーブグリーンのコットン製で、各種帽子やズボンも同様でした。実際には退色で様々な色調が見られます。また革はひび割れてしまうため、ベルトやブーツなどを除きキャンバス生地が使われました。

SHOPPING 商品のご購入

  • TAMIYA SHOP ONLINE
  • 全国販売店ガイド

情報は2012年07月20日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。