Item No:24079

1/24 スポーツカーシリーズ No.79

1/24 ミノルタ トヨタ 88C-V

1/24 SCALE MINOLTA TOYOTA 88C-V

2011年7月2日(土)発売 生産休止

2,808円(本体価格2,600円)

全長=201 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 トヨタが手がけた初の本格的なCカー 】 1985年以来、ルマン24時間レースに挑戦しているトヨタが、1989年のレース制覇を目指して総力をあげて開発したワークスマシンが88C-Vです。風洞実験で練り上げられた先進的なフォルムを持ち、カーボンファイバーのモノコックを採用。さらに、エンジンはそれまでの市販型改造タイプからレース専用に新設計された、800馬力を発揮する排気量3.2リッターV型8気筒ツインターボのR32Vを搭載、活躍が期待されました。1988年7月、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)第4戦・富士500マイルでデビューした88C-Vはホワイト&ライトブルーの鮮やかなミノルタカラーに仕上げられ、予選7位をゲット。決勝では一時トップを走るもののリタイヤを喫します。その後も速さを見せながら結果につながらない苦しい状況が続きましたが、翌1989年、蓄積された技術は進化型の89C-Vに受け継がれたのです。
【 模型要目 】 ●1/24スケール、全長201mm。 ●なめらかなフォルムはもちろん、冷却用のエアインテークが各部に開けられたボディカウルを実車そのままに再現。 ●リヤカウルは脱着式。ターボユニットやインタークーラー、オイルクーラーにいたるまで精密に再現されたV型8気筒エンジンを完成後も観察できます。 ●大型のタコメーターを中心に各メーター類が並んだインパネ、小径ステアリングホイール、バケットシートなど機能的なコクピットも立体感十分。 ●水平横置きのダンパーをプッシュロッドとロッカーアームで作動させるリヤサスペンションなど、高速走行を支える足まわりも興味深く組み立てられます。 ●ミノルタやトヨタなどのスポンサーロゴ、ゼッケン番号などは高品質なカルトグラフ社製スライドマークで再現。塗り分け用マスキングシールも付いています。 ●スリックタイヤにはサイドウォール用のマークもセット。

情報は2011年06月03日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。