Item No:21122

1/48 マスターワークコレクション No.22

1/48 三菱 零式艦上戦闘機二二型 T2-165号機(完成品)

1/48 SCALE MITSUBISHI A6M3 ZERO FIGHTER T2-165 (FINISHED MODEL)

2012年7月発売

13,824円(本体価格12,800円)

【 山本長官が搭乗する一式陸攻の護衛を務めた零戦 】 昭和18年4月18日早朝、日本海軍のラバウル基地から2機の一式陸攻が零戦6機を従えて飛び立ちました。1号機(機番323)には連合艦隊司令長官山本五十六大将、2号機(機番326)には参謀長の宇垣中将が搭乗。目的は最前線にあるブイン基地への視察と将兵の激励でした。しかし日本側の暗号を事前に解読していたアメリカ軍は、長官機一行の動きをすべて察知し、16機のP-38ライトニングで奇襲。零戦は果敢に戦ったものの多勢に無勢、しかもP-38ライトニングは一式陸攻へ攻撃を集中させたため、零戦6機では2機の一式陸攻を守り抜くことはできなかったのです。

【 模型要目 】 ★山本五十六大将が搭乗した一式陸攻の護衛を務めた6機の零戦の中でも、第204海軍航空隊第一小隊の3番機、杉田庄一飛行兵長のT2-165号機を再現したプラスチックモデル完成品です。★スケール1/48、全長190mm、全幅250mm。★全幅12メートルの伸びやかな主翼や洗練されたカウリングなど、二二型のバランスの取れた流麗なスタイルを手軽に楽しめます。★マーキングは塗装とパッドプリントを中心に再現。★軽いウェザリング塗装に加え、排気管後方や機銃取付部に汚し塗装を施しました。★金属製のピトー管を使用しシャープな仕上がり。★着座姿勢のパイロット人形が機体を表情豊かに演出します。

情報は2012年05月24日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。