Item No:14053

1/12 オートバイシリーズ No.53

1/12 スズキ RG250Γ ウォルター・ウルフ仕様

1/12 SCALE Suzuki RG250 Г Walter Wolf

2011年8月 発売 生産休止

2,484円(本体価格2,300円)

全長=167 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 目を奪う、レーサー・ファッション 】 1983年に登場したスズキのロードスポーツバイクRG250Γは、GPレースを戦うスズキのレーサーRGΓそのままのイメージが話題を集めました。メカニズム面でも、市販車初のアルミ合金角パイプフレームの採用や、45馬力の水冷2サイクル2気筒エンジン、多段膨張型マフラーやトリプルディスクブレーキ、3000回転以下は表示しないタコメーターなど、まさにレーサーレプリカの名にふさわしい仕上がりを見せました。デビュー以来、毎年改良が加えられているRG250Γですが、1985年4月には全日本ロードレースGPで活躍するスズキのレーサーRGΓのカラーリングを身につけたRG250Γが登場。濃紺にレッドとゴールドのライン、そして狼をアレンジしたシンボルマークをあしらったマシンはレーサームードをいっそう盛り上げ、高い人気を集めたのです。

【 模型要目 】 ●1/12スケール、全長167mmのプラスチックモデル組み立てキットです。 ●エキゾーストチャンバーをおおい後輪まで伸びたレーサームードたっぷりのフルカウリングは、微妙な曲線までリアルに再現。 ●45馬力を発揮する水冷2サイクル2気筒エンジンは点火プラグや2基のキャブレターまで精密にモデル化。 ●スズキ独自のフルフローター・リヤサスペンションは、組み立てながらその動きの仕組みも理解できます。 ●デカピストンと呼ばれるトリプルディスクブレーキも作りごたえ。 ●ブレーキやアクセルワイヤーなどはビニールパイプで配線。 ●濃紺ベースはもちろん、1986年6月にラインナップされたシルバーベースの2種類のボディカラーに合わせたスライドマークつき。

情報は2011年07月12日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更する場合があります。