デフの効果を教えてください
デフとは「デファレンシャル」(差動装置)といい、コーナーリング時に左右のタイヤの回転差を調整し、スムーズに曲がれるようにする機構です。
車がコーナーを曲がる時には、内輪差があるため内側のタイヤより外側のタイヤの方が余分に回転しなければスムーズなコーナリングができません。その回転差を調整するのがデファレンシャルで、タミヤのRCカーには次の2種類が採用されています。

■ ギヤデフ
実車にも使われている、デフキャリアの中にベベルギヤが内蔵されたデフで、タミヤ製RCカーの多くに採用されています。
直進など左右タイヤがしっかり設置している時にはデフ自体が回転して両輪にパワーを与え、コーナリング中はベベルギヤが回転して回転差を調整します。ただ、片輪が路面から浮き上がると、浮き上がったタイヤにのみパワーが伝わり、結果的に駆動力が失われるという問題があります。

■ ボールデフ
2枚のデフプレートでスチールなどのボールをはさみ込んだ形状のデフで、RCカーならではのデフと言えるでしょう。コーナリング中にボールが回転することで左右のタイヤの回転差を調整しますが、万一片輪が路面から浮き上がってもボールの摩擦力でもう一方の車輪にもある程度のパワーが伝えられ、ギヤデフのように駆動力が全く失われることはありません。
ただ、ギヤデフに較べて調整が必要になるなど、組み立てには注意が必要です。
(作製日 2000/12/11)

FAQトップに戻る